TidBITS#1113 日本語版

TidBITS Japanese hosoka @ ca2.so-net.ne.jp
2012年 2月 16日 (木) 20:26:09 PST


TidBITS#1113/13-Feb-2012
========================
     英語版: <http://tidbits.com/issue/1113>
     日本語版: <http://jp.tidbits.com/TidBITS-jp-1113.html>


   ようやく、次々と出てくる最新ニュースの連続から一息つくことができた!
   今週はちょっと一歩退いて、何人かの寄稿者たちが書いてくれたいつも新鮮で
   役に立つコンテンツをお届けしたい。まずは Glenn Fleishman の、彼自身が
   新しい AirPort Utility 6.0 をくまなく説明した 15 分間のスクリーンキャ
   ストを紹介する短い記事だ。それから Marshall Clow が、あり得ないような
   名前の付いた iSesamo(これはへら (spudger) だが、何のことか分からなけ
   ればぜひ記事をお読み頂きたい)をレビューする。Michael Cohen は、インス
   トールに一時間も悪戦苦闘してやっと Fujitsu ScanSnap スキャナを動かすこ
   とに成功したが、このハードウェア会社はソフトウェアにも同じくらい努力を
   注ぎ込むべきだと指摘する。Steve McCabe は、iPhone 用の FileMaker Go を
   概観した記事を寄稿する。これを使えば外出中にも FileMaker Pro データベー
   スが使えるようになる。最後に Tonya が今週号の締めくくりとして、彼女が
   Microsoft Word から Apple の Pages へ切り替えるために編み出した現実的
   な戦術のいくつかを詳しく語る。今週注目すべきソフトウェアリリースは、
   Bookle 1.0.3、Piezo 1.1.2、iMac, MacBook Pro, MacBook Air ファームウェ
   アアップデート、Carbon Copy Cloner 3.4.4、それに ChronoSync 4.3 と
   ChronoAgent 1.3 だ。

記事:
     AirPort Utility 6.0 をスクリーンキャストで解説
     iSesamo:より良いスパッジャーが出た
     ScanSnap をインストールするのはスナップとはいかない
     FileMaker Go で FileMaker データベースを iOS に
     Word から Pages へ切り替える戦略
     TidBITS 監視リスト: 注目のアップデート、2012 年 2 月 13 日
     ExtraBITS、2012 年 2 月 13 日


----------------- 本号の TidBITS のスポンサーは: ------------------

* 読者のみなさん! 今すぐ会員になって TidBITS を応援してみませんか?
    特典はこちら: <http://tidbits.com/member_benefits.html>
    今週は Peter Dasent 氏、Hans de Wolf 氏、
    Peter Tuft 氏と Gary Shackelford 氏の暖かい支援に感謝!

* BBEdit 10 from Bare Bones Software - All the editing power you
   need, with more than one hundred new features! The leading
   professional HTML and text editor for the Mac keeps getting better!
   Download the demo and see for yourself! <http://barebones.com/>

* SYNC YOUR PHONE with The Missing Sync: Sync your calendar,
   address book, music, photos and much more between your phone
   and Mac. Supports ANDROID, BLACKBERRY, PALM PRE and many
   other phones. <http://www.markspace.com/bits>

* Dragon speech recognition software for Macintosh, iPhone, and iPad!
   Get the all-new Dragon Dictate for Mac from Nuance Communications
   and experience Simply Smarter Speech Recognition.
   Learn more about Dragon Dictate: <http://nuance.com/dragon/mac>

* CrashPlan is easy, secure backup that works everywhere. Back up
   to your own drives, computers, and online with unlimited storage.
   With unlimited online backup, this is one resolution you can keep.
   Back Up Your Life Today! <http://crashplan.com/ref/tidbits.html>

* Get more productive with software from Smile: PDFpen for
   editing PDFs; TextExpander for saving time and keystrokes while you
   type; DiscLabel for designing CD/DVD labels and inserts. Free demos,
   fast and friendly customer support. <http://www.smilesoftware.com/>

* Intego: VirusBarrier X6 provides comprehensive protection from
   malware and network threats, to keep Mac users safe from the
   dangers of the Internet. Fully compatible with Mac OS X Lion.
   Download a free trial. <http://www.intego.com/vbtx>

* Noteboom Video Tutorials for Apple Software: Learn how to use
   iMovie, iPhoto, Lion, Bento, and more with our highly rated
   video tutorials available on the Mac App Store and the App Store
   on your iPad. <http://www.noteboomproductions.com/tb>

---- 皆さんのスポンサーへのサポートが TidBITS への力となります ----


AirPort Utility 6.0 をスクリーンキャストで解説
----------------------------------------------
     文: Glenn Fleishman <glenn @ tidbits.com>
     原文記事: <http://tidbits.com/e/12783>
     訳: Mark Nagata <nagata @ kurims.kyoto-u.ac.jp>

   Mac OS X 10.7 Lion 用の新しい AirPort Utility 6.0 に関して多数の質問を
   受けたので、それに応えるために私は 15 分間のスクリーンキャストを録画し
   て、YouTube で観られるようにした。このスクリーンキャストには、今回の新
   バージョンの表と裏のすべてが示されている。バージョン 6.0 を気に入った
   人たちもそうでない人たちもいるけれど、私はこのバージョンにお薦めすべき
   点がたくさんあると思うし、ことに新たにネットワークをセットアップしたい
   と思っている人にお薦めしたい。(既存のネットワークを使っている人ならば
   バージョン 5.x を使い続けてもよいかもしれない。)

<https://support.apple.com/kb/DL1483>
   (日本語)<https://support.apple.com/kb/DL1483?viewlocale=ja_JP>
   "AirMac ユーティリティ 6.0 (OS X Lion)"
<http://www.youtube.com/watch?v=8gKG0oa8Cp0>

   この記事のウェブ版にビデオを埋め込んでおいたが、このビデオは高解像度で
   録画されているので、リンクをクリックして YouTube で視聴される方がよい
   と思う。YouTube のページで、解像度ピッカーを使って 1080p HD を選べば、
   スクリーン上の文字も読めるようになるだろう。

   AirPort Utility 6.0 を文章で説明したものとしては、2012 年 2 月 1 日の
   記事“AirPort Utility 6.0 が iCloud 対応を追加し、多くの機能を削除”を
   お読み頂きたい。

<http://tidbits.com/article/12760>
   (日本語)<http://jp.tidbits.com/TidBITS-jp-1112.html#lnk7>
   "AirPort Utility 6.0 が iCloud 対応を追加し、多くの機能を削除"


   ----
   コメントリンク: <http://tidbits.com/e/12783#comments>
   Twitter リンク: <http://tidbits.com/t/12783>


iSesamo:より良いスパッジャーが出た
-----------------------------------
     文: Marshall Clow <marshall @ idio.com>
     原文記事: <http://tidbits.com/e/12717>
     訳: 亀岡孝仁 <takkameoka @ kif.biglobe.ne.jp

   時折、電子機器(小物)を分解しなければならないことがある。時には易しいも
   のもある - 例えば Mac Pro は素晴らしいデザインで、ラッチを反転させそして
   側面パネルを外せばバラバラになる。Mac mini - とりわけ前のモデル - はもっ
   と難しい。[Tonya の 2010 Mac mini に SSD をインストールするのにほぼ一時間
   かかってしまった最近の経験から、私も証言出来る -Adam] 更にもっと難しいの
   は殆どの MacBook と全ての iPod である;概して、これらは工場でパチッと嵌め
   てしまえば後は Apple の訓練を受けた専門家以外の人によって分解されない様に
   設計されている。

   しかしながら、一般の我々も時には中に入り込まなければならない場合もあるが、
   この仕事も今では iFixit や Other World Computing の Install Videos の様な
   資源のお蔭でずっとやり易いものとなっている。これらのシールされた機器に入
   り込んで作業をするには、適切なツール類が必要である、例を挙げれば、ドライ
   バーだが、マイナス、プラス、それに Torx といったものが色々なサイズで必要
   である。(もしまだ何もお持ちでないのであれば、Newer Technology に $17.95
   の 11 ピースの携帯ツールキットがあり、これで最低限はカバー出来る。) しか
   しながら、例えば iPod ケースをこじ開けるのにマイナスドライバーを使えるの
   ではとお考えなら、これはうまくいかない。通常の大きさのドライバーの刃は厚
   すぎて合わせ目に差し込むめないし、薄手の時計用ドライバーは先がとんがり過
   ぎている - ケースをこじ開けるに必要なテコにはなり切れずプラスチックに穴を
   あけてしまう結果となる。

<http://www.ifixit.com/>
<http://eshop.macsales.com/installvideos/>
<http://www.newertech.com/products/11pctoolset.php>

   解決策は "スパッジャー" と呼ばれる極めて簡単なツールである。これは薄い金
   属又はプラスチックの刃であり、この刃が二枚のプラスチックケースの間にぴっ
   たりはまり、何も壊すことなくこじ開けさせてくれる。

   私は安売りサイト Meritline から入手した一組のプラスチック製のスパッジャー
   を持っていた。これは信じがたいほど安く- $1 で中国からの送料無料が含まれて
   いた - そしてうまく働いた... 一回だけ。最初の作業で使った後、二つとも壊れ
   てしまったのだが、柔らかすぎるプラスチック製であり無理もない (そして
   Newer Technology でさえこのプラスチックスパッジャーの寿命は限られていると
   前もって言っている)。と言うことで、Newer Technology の人が彼らの新しい
   iSesamo スパッジャーを試してみないかと言ってくれた時、私は是非にとお願い
   した。

<http://www.meritline.com/>
<http://www.newertech.com/products/isesamo.php>

   この iSesamo は、極めて薄い、柔軟なスチール品で、寸法はおおよそ 5 インチ
   長 そして .75 インチ幅 (12.7 x 1.9 cm)、そして中央に握り易くするための柔
   らかいゴムのカバーが付いている。一端は角が丸められており、他端は緩やかに
   (しかし鋭くはない) 尖っている。両端のむき出しの部分がプラスチックケースの
   間に滑り込み、そしてこの金属は私が試した色々なものをこじ開けるのに必要な
   だけたわんでくれた:試したのは MacBook, 初期の白色 iPod、そして私の地元の
   極小醸造所の生ビールつぎ栓である。

<http://tidbits.com/resources/2012-01/iSesamo.jpeg>
<http://www.hessbrewing.com/index2.html>

   iSesamo は $8.79 で Other World Computing から売られていて、これは私が前
   に持っていたプラスチックの $1 プラッジャーよりも間違いなく 9 倍は良い。こ
   れは一つの事しか出来ないものであるが、この技なしでは、あなたの iPod や
   iPhone の中に入り込むことは出来ない。"スパッジャー" はかなり総括的な言葉
   であり、Other World Computing では他のものも売っている - $3.95 の Apple
   Nylon Probe Tool - これはケースを開けるには iSesamo 程には役立たないが、
   内部のちっぽけな電線をソケットから外す時、周りの部品を傷つけたり或いは引
   っかいたりしない様にするためにはより使い易い。

<http://eshop.macsales.com/item/NewerTech/TOOLISESAMO/>
<http://eshop.macsales.com/item/Apple/9225065/>


     ----
   コメントリンク: <http://tidbits.com/e/12717#comments>
   Twitter リンク: <http://tidbits.com/t/12717>


ScanSnap をインストールするのはスナップとはいかない
---------------------------------------------------
     文: Michael E. Cohen <mcohen @ tidbits.com>
     原文記事: <http://tidbits.com/e/12766>
     訳: 亀岡孝仁 <takkameoka @ kif.biglobe.ne.jp>

   最近終了したばかりの Macworld | iWorld 2012 カンファレンスで
   ("Macworld | iWorld 2012: 一言で言えば、自信たっぷり" 30 January 2012
   参照)、私は色々な製品の業者と話をすることにも時間を費やしたが、中には
   招待によるものも少なからずあった (この様なイベントにメディアの人間とし
   て参加したことのない人には、話をしたいというメールによる招待がどれ程沢
   山来るか見当もつかないかもしれない)。そんな中の一つが Fujitsu の人との
   会談で、彼らは各種のスキャン製品を手短にデモしてくれたのだが、これは私
   が Joe Kissell の本 "Take Control of Your Paperless Office," の作成の
   手伝いをする中で興味を引いたものであった。この本の中ではスキャナーは目
   に付くように特集されていた。この会談の終わりに、私は Fujitsu ScanSnap
   S1100 を一台レビュー用に与えられたことにびっくりした。これはデジタル道
   行く戦士のための小さなスキャナーである。

<http://tidbits.com/article/12756>
   (日本語)<http://jp.tidbits.com/TidBITS-jp-1111.html#lnk1>
   "Macworld | iWorld 2012: 一言で言えば、自信たっぷり"
<http://www.takecontrolbooks.com/paperless-office?PT=TB1113>
<http://www.fujitsu.com/global/services/computing/peripheral/scanners/product/s1100/>
   (日本語)<http://scansnap.fujitsu.com/jp/product/s1100/>
   "ScanSnap S1100 製品情報 : 富士通"

   まずは、良い話から。この小さな機器はわずかに 3/4 ポンドを切る (0.35
   kg) ほど軽く、極めてスリムでバックパックや鞄に容易に収納出来る。これは
   USB 給電だけで動くので電源ユニットは必要でなく、おまけに添付の USB
   ケーブルには Velcro 紐が付いていて、言ってみれば丸めてしまうのはスナッ
   プ(わけもない)である。ScanSnap S1100 は一度に一枚の紙、そして片面だ
   けしかスキャン出来ないが、紙を通すのにきっちり位置合わせをする必要はな
   く、スキャンも早い。スキャンの品質も、超高性能という訳ではないが (600
   x 600 ピクセル/インチ)、私のニーズに対しては十分以上と言える。これを
   家に持ち帰り設定が終わった所で、完璧なペーパーレスのオフィスとまではい
   かなくとも、散らばった紙が極めて少ないオフィスに向かっての第一歩を踏み
   出すには十分役立つと私は感じた。

   一方で、設定するのは困難であった。お分かりの様に、Apple の Mac OS X
   10.7 Lion は昨年の 7 月にリリースされており、更にそれに先立って開発者
   用の試験期間も数か月あった。にも拘らず、この ScanSnap S1100 に付属の設
   定用の DVD-ROM には Mac OS X 10.4 から 10.6 迄としかコンパチでないソフ
   トウェアしか含まれていないのである。そしてこれは Fujitsu が意図しての
   ものである:Getting Started には、バンドルされたアプリケーションの一つ
   である Cardiris 3.6 は Rosetta を必要とすると書いてある。そして、我々
   全てが認識している様に、これは Mac OS X 10.7 下では故郷を想う死んだオ
   ウムになってしまっている。(異なる ScanSnap スキャナーモデルでは異なる
   ソフトウェアがバンドルされている可能性は十分あるので、私の記述は私が受
   け取った S1100 ユニットにのみ当てはまることに注意されたい。)

   しかしながら、包装の中にしまい込まれた一枚のペラペラ紙には "この
   ScanSnap を Mac OS X v10.7 (Lion) 上で使うためには、まずバンドルされた
   ソフトウェアをアップデートする必要がある" と書いてあり、そこには (結構
   長い) URL が書かれていて、更に詳しく知るためにはそれを Web ブラウザに
   手入力する必要がある。もっとも、その参照されたページには一連のリンクが
   与えられているだけであった;まず S1100 リンクをクリックしなければなら
   ず、それで開くページにはまた幾つかのリンクがあって、目的のアップデート
   に到達するには更にその先からリンクを辿らなければならず、しかもそのペー
   ジをずっと下までスクロールダウンしなければアップデートが見つからない。
   そして、その通り 幾つか" である - 実際には二つの個別のアップデートをダ
   ウンロードしなければならない、一つは ScanSnap Manager ソフトウェア用
   であり、もう一つはバンドルされた Cardiris ソフトウェア用である。ここか
   ら話は更に面白くなる (私は "更に面白くなる" と言ったが、その意味する所
   は逆である):この Cardiris ソフトウェアは単純にダウンロード出来ない、
   代わりに、そのソフトウェアの要求書を登録し、そして確認のメールメッセー
   ジが届くのを待つと、そこにようやくアップデートが得られるリンクが示され
   る。

<http://www.fujitsu.com/global/support/computing/peripheral/scanners/ssfaq/lion.html>

   一行の Lion 使用説明が書かれた (11 の言語で) このペラペラ紙がはっきり
   させていないのは、ScanSnap ソフトウェアを Lion 下でも幸せである様にす
   るためになすべきことの順序である。DVD などバイパスして最初からアップ
   デートをダウンロードすべきなのか、或いはまず DVD 上のそのソフトウェア
   をインストールしてそれからアップデートをダウンロードしインストールすべ
   きなのか? 私は経験に基づいた推測をし、まず DVD 上にあったインストー
   ラーを走らせた、と言うのもこのスキャナーにはソフトウェアがインストール
   される迄接続しない様にと書いた大きな警告のテープが貼ってあったからであ
   る。

   このインストーラーは、どの項目をインストールするかを選択出来る様になっ
   ている:私は私の Lion 化された iMac では Cardiris は走らないであろうこ
   とを知っていたので、これを外した - 間違いであることがすぐに分かった、
   何故ならば Cardiris アップデータは古いバージョンが存在することを必要と
   したからである。この古いバージョンは Lion 下では全く働かないにも拘わら
   ずである。更にこの ScanSnap インストーラーは終了後再起動を必要とするタ
   イプのものであることも気付かされた。ため息、それも二つ! 何故ならば、
   私はアップデートするために必要な Rosetta を必要とする Cardiris アプリ
   ケーションをインストールするためにこのインストーラーを再度走らせねばな
   らなかったからであり、おまけに私はこれを入手するためにメールの山をかき
   分けねばならなかった。

   この常識とかけ離れた全経験に、私は優に一時間を超える時間を費やした。結
   果的には、私は機能するスキャナーと使うために必要とされるソフトウェアを
   手にすることが出来た。このソフトウェアは完璧であるなどと言うつもりはな
   い:、使用には耐えるが、ある部分は Mac OS X の初期の時代から逃れて来た
   様だし、他の部分では昔流のグレイ対話ユティリティの必要最小限をとったも
   のの様でもある。更に言えば、これらは色々なコンポーネントの中に散りばめ
   られていて、あなたの目の前にある物もあれば、また隠れているものもあり、
   ある与えられた場面でどれが仕切っているのかを知るのは不可能である:誰が
   最初で、二番目の名前は何というのかを知るにはオンラインのヘルプを本気で
   読まなければならない。いずれにしても、私はこのスキャナーを使って PDF
   (しかも検索可能な、バンドルされた ABBYY FineReader OCR のお蔭で) を
   作ったり、そしてドキュメントを直接 Word や Excel 或いは Google Docs へ
   送ったりすら出来る (もっとも Pages の様な Apple 自身のオフィスアップス
   のどれに対してもダメではあるが)。私のニーズに対しては、この ScanSnap
   は、ハードルが取り除かれた今では、十分に使えるものとなっている。

<http://tidbits.com/resources/2012-02/scansnap-manager.jpg>

   しかし周辺機器ハードウェアに関して言えば、ソフトウェアが無ければ、ハー
   ドウェアがどれ程優れているかは (そしてこの ScanSnap ハードウェアは良さ
   そうに見える) 問題ではない。周辺機器を動かすソフトウェアは完全に邪魔に
   ならない様になっているか (表舞台からは見えず、無言でそして効率的にその
   仕事をこなす)、或いは可能な限り単純で切れ目のないユーザー経験を提供す
   べきである。私が受け取ったこの ScanSnap ソフトウェアは、その意味で落第
   である。それに、2012 年にもなって Fujitsu の様な大手企業がその Mac
   ユーザーに対してこの様な粗末な扱いをしなければならない如何なる理由も見
   当たらない。一方で Doxie の様なより小さな、そしてより動きの良い企業
   が、ほぼ同等のモバイルスキャナーを製造しており、しかもケーブルも必要と
   せず (これはメモリにスキャン出来そして Mac, PC, iOS 機器、或いはクラウ
   ドに無線で送信出来る)、そしてそのドライバーソフトウェアも使い易く、し
   かも 2012 年の Mac、2002 年ではない、用にデザインされている様に見え
   る。

<http://www.getdoxie.com/product/doxie-go-wifi/>

   私はレビューユニットを提供してくれた Fujitsu に対して感謝しているし、
   しっかり使っていこうとも思っている。ハードウェアは本当に洗練されてお
   り、ScanSnap S1100 はソフトウェアが完全に作り直されればもっと良くな
   る。

     ----
   コメントリンク: <http://tidbits.com/e/12766#comments>
   Twitter リンク: <http://tidbits.com/t/12766>


FileMaker Go で FileMaker データベースを iOS に
-----------------------------------------------
     文: Steve McCabe <steve @ stevemccabe.net>
     原文記事: <http://tidbits.com/e/12725>
     訳: Mark Nagata <nagata @ kurims.kyoto-u.ac.jp>

   FileMaker, Inc. が Apple の全額出資する子会社であることは、ともすれば
   忘れがちだ。Claris の直接の後継社たる FileMaker は、Apple 宇宙における
   いわば赤毛の継子のようなものと成り下がり、その主たる製品の数多くの熱心
   なユーザーたちを悲しませてきた。いろいろな意味で、同社のデータベースプ
   ログラム FileMaker はこの宇宙の中の変則的な存在であり、Apple のソフト
   ウェアが Claris ブランドを身に帯びていた時代への先祖帰りとも言える。

   1998 年以後、Claris は FileMaker, Inc. となった。この会社はその唯一の
   親会社とあまりにも完全に分離した状態となって、これら二つの会社が互いに
   なんの繋がりもないと思っても何ら差し障りがないとさえ言えるほどになって
   しまった。Apple のウェブサイトで検索をすれば確かに FileMaker, Inc. に
   言及している個所が見つかるものの、それを見つけ出すのは容易ではない。実
   際、Mac App Store で入手できるのは Filemaker の個人用データベースたる
   Bento のみであって、同社の年長の方の製品は Mac App Store に見当たらな
   い。そして、この二つの企業の間の距離がより明確になるのは、iPhone の上
   をおいて他にない。

   Apple が 2008 年に iOS App Store をデビューさせた際、FileMaker の愛好
   家たちはこれこそ Apple 自身の提供する立派なデータベースソフトウェアな
   のだから間違いなく App Store にいの一番に登場する製品群のうちの一つと
   なるだろうと確信していた。結局のところ、FileMaker はモバイル市場に全く
   登場しなかった訳ではなかった。FileMaker Mobile は早くも 2006 年に Palm
   や Pocket PC のユーザーにソリューションを提供した。けれども、同社が
   FileMaker Go をリリースしたのは 2010 年 7 月、App Store の開店から二年
   も経ってからのことであった。私はその後かなりの期間にわたってこれを使っ
   てきたので、ここに私の印象を紹介させて頂きたいと思う。

<http://www.filemaker.com/products/filemaker-go/>
   (日本語)<http://www.filemaker.co.jp/products/filemaker-go/>
   "データベースアプリ FileMaker Go for iPhone & iPad | 概要"

   iPhone 用の FileMaker Go は。衝動買いで買えるものではない。$19.99 とい
   う価格では App Store で最も安価なものとは言えないし、FileMaker クライ
   アントの中で最も安価ですらない。FMTouch ならその半額だ。それに、$19.99
   で手に入るのは iPhone 版のみで、iPad 用の FileMaker Go は $39.99 もす
   る。(注意: この記事では iPhone 版のアプリのみを扱うが、スクリーンサ
   イズによる懸念が減るとはいえ、考え方としては iPad 版も同じだ。)

<http://itunes.apple.com/us/app/filemaker-go/id379686220?mt=8>
<http://itunes.apple.com/us/app/fmtouch/id286468161?mt=8>
<http://itunes.apple.com/us/app/filemaker-go-for-ipad/id379690325?mt=8>

   FileMaker Go は、基本的には FileMaker のシンクライアントだ。FileMaker
   データベースの内部のデータを、iPhone 上で、オンスクリーンのキーボード
   を使って、かなり手軽に操作できる。フィールドをタップすればそこに入力で
   き、Tab キーはないので Next ボタンをタップしてフィールド間を移動する。
   ボタンでスクリプトを呼び出すのはデスクトップのコンピュータでするのと同
   じだ。計算ツールは、もちろん、計算をする。全体的に見て、このソフトウェ
   アの機能は、いったんデータベースが開きさえすれば、かなり満足できる。

   FileMaker の開発者たちが直面する新たな困難とは、iOS デバイス用にデータ
   ベースを構成するところだ。特に、iPhone 上ではこれが大きな問題となる。
   デスクトップにおける FileMaker ソリューションは比較的広いスクリーン領
   域の利点を存分に活用できるけれども、縦長に持った iPhone で利用できるディ
   スプレイ領域は狭い。FileMaker のデザインガイドラインによれば、レイアウ
   トの横幅が 312 ピクセルを超えないことが推奨されている。それより広くす
   ると、レイアウトの全体を見るためにユーザーがズームアウトせざるを得なく
   なるからだ。

   狭い iPhone のスクリーンは見えるデータの量が少ないことを意味しているし、
   ポータルの中で関係するデータを表示するスクロールリストは一覧するのも困
   難になる。デスクトップやラップトップのコンピュータのスクリーンならば快
   適に使えるスクロールのナビゲーションキューも、iPhone のスクリーンでは
   うまくスケール表示ができない。だから、レイアウトは極めて注意深くデザイ
   ンする必要があり、データを操作するには一連のフォームを次々に抜け目なく
   スクリプトで組んで提示するのが最も実際的な手段となる。そのための補助と
   して、そのデータベースのインスタンスが FileMaker Go 上で走っていること
   を識別するために FileMaker のスクリプト関数 Get(SystemPlatform) および
   Get(ApplicationVersion) を呼び出すことができ、そう識別した場合にはデー
   タベースがモバイル対応のレイアウトのものへと切り替わるようスクリプトを
   組むことができるようになっている。下の二つのスクリーンショットで、前者
   (デスクトップの FileMaker Pro) と後者 (iPhone 上の FileMaker Go) とを
   比較して頂きたい。

<http://tidbits.com/resources/2012-02/Database-on-FMPro.png>
<http://tidbits.com/resources/2012-02/Database-on-FMGo.png>

   データ構造そのものも、じっくりと見直す必要がある。なぜなら、データベー
   スをいったん iPhone にロードすれば、そのデータベース構造をそこで変更す
   ることができないからだ。どんな FileMaker テーブルでもレコードの編集は
   (そのユーザーが適切なアクセス権を持っていれば)可能だが、FileMaker Go
   がデータとやり取りできるのはそこまでだ。テーブルを追加したり削除したり
   はできず、フィールドの追加や削除もできない。テーブルどうしのリレーショ
   ンを編集することもできない。スクリプトを走らせることはできるが、スクリ
   プトを書いたり編集したりはできない。同様に、どんなレイアウトも iPhone
   上でアクセスできる(ただしすべてのレイアウトが iPhone に適している訳で
   はない)けれども、iPhone 上でレイアウトの編集はできない。

   だから、データベースはデスクトップコンピュータ上の FileMaker Pro を使っ
   てあらかじめ用意しておく必要があり、それを二つの方法のうちどちらかによっ
   て iPhone に転送しなければならない。もしもそのデータベースが共有されて
   いるならば、それは FileMaker Pro の下の FileMaker 共有でもよいし、また
   FileMaker Server 経由のものでもよいが、その場合は FileMaker Go が普通
   のデスクトップ版の FileMaker Pro がするのとほぼ同じやり方でアクセスで
   きる。すなわち、iPhone 上のファイルブラウザのインターフェイスを使えば、
   選択されたサーバ上にあって利用できるすべてのファイルのリストが提供され
   る。この方法の大きな利点は、即座にアップデートがなされることだ。サーバ
   上にあるデータベースに FileMaker Go が直接やり取りしているので、iPhone
   アプリで施したデータのアップデートは自動的にそのサーバ上にライブでアッ
   プデートされ、たまたまそのデータベースを開いている他のどんなクライアン
   トにもそのアップデートが反映される。

   FileMaker Go は Wi-Fi 経由で、またはセルラーデータ接続経由で、共有デー
   タベースにアクセスできる。つまり、例えばセールスマンが商談の電話をかけ
   ている最中に、その iPhone から在庫を調べたり注文の処理状況をチェックし
   たりできるということだ。ただしもちろん、その iPhone のインターネット接
   続が良好であって、かつ彼の会社のデータベースがインターネット上で共有さ
   れている必要はあるが。

   また、データベースを iTunes の Apps タブを使って iPhone に同期させるこ
   ともできる。この方法でインストールされたデータベースは完全にそのデバイ
   ス上にあって、サーバ上にはないので、ローカルに施した変更はそのデバイス
   と同期しているコンピュータ上にコピーし戻されるまでの間ローカルのままに
   留まる。

<http://tidbits.com/resources/2012-02/FMGo-and-iTunes.png>

   レイアウトの制約を別にすれば、FileMaker Go はデータを取り込むための新
   しい方法を二つ提供している。FileMaker Go データベースの中におけるコン
   テナフィールドは、デスクトップ版におけるものと同じ種類のデータを含むこ
   とができるが、データ入力の面でちょっと面白いことがある。

   Browse モードでコンテナをタップすると、当然ながら Choose From Library
   オプションが出るが、それ以外に新たに二つのデータソースも利用できるよう
   になった。Take Photo を使うと、iPhone 内蔵のカメラで(iPhone 4 や 4S
   では前面と後面双方のカメラが使える)ユーザーが写真を撮影でき(ビデオ撮
   影はできない)フル、大、小の三つのボタンでファイルサイズと解像度も選べ
   る。もう一つの選択肢、Get Signature を選ぶと真っ白なスクリーンに(横置
   きならば)水平の線と "Sign Here" という文字が記された画面になる。そこ
   で指先(あるいはスタイラスペン)を使って署名をしてから、Clear をタップ
   して署名をやり直すか(判読可能な署名を指先で書くのは簡単ではない)ある
   いは Accept をタップしてあなたの署名をコンテナフィールドに収めることが
   できる。いったんコンテナフィールドに収まれば、そのコンテンツをタップす
   ると新たに二つのオプション、Email と Open が出る。

<http://tidbits.com/resources/2012-02/Container-Field-Signature.png>

   iPhone 上でフルにスクリプト化可能なデータベースを使えるということは、
   単なるデータベース処理に止まらず、いくつか興味深い可能性を提供している。
   FileMaker Go を、ある程度は iOS 上のソフトウェア開発プラットフォームと
   考えることができるからだ。現在の状態のままでも、開発者たちが複雑で豊か
   なソリューションを築いて、それをただ単に同期を走らせるだけで iPhone 上
   に持ち出すことができ、そのために Objective-C を使って一からプログラミ
   ングする必要などない。

   データベース風のアプリケーションはもうかなり以前からデスクトップ上では
   いろいろと利用できている。FileMaker Pro Advanced (旧名 Developer) には、
   データベースの機能をカプセル化した独立動作のアプリケーションを生成でき
   る機能がある。iOS デバイスでの大きな違いは、独立動作のソリューションが
   不可能であるという事実だ。データベースにアクセスするには、iPhone また
   は iPad の上で FileMaker Go を走らせなければならない。けれどもそれは、
   iOS 用のカスタム「アプリ」を手早く、かなり簡単に開発できるという事実に
   比べればそれほど大きな代償とは言えないだろう。FileMaker はそういうもの
   もアプリと呼んでいるが、もちろんそれらは本当はアプリでなく、書類に過ぎ
   ない。確かに複雑で豊かな書類だが、やはり書類であることに変わりはない。

   Bento の iOS 版は Mac 上の Bento との間でしかデータの共有ができないが、
   この FileMaker Go はそれとは違い、Steve Jobs が iPhone 上でサードパー
   ティのアプリが走ることを発表したその日以来多くの FileMaker ユーザーた
   ちが待ち焦がれてきたソリューションだ。(Bento については、これまでさま
   ざまな TidBITS 記事がこのソフトウェアについて紹介しているのでそちらを
   参照されたい。)iPhone の小ささのために、レイアウトやデザインの制約が
   FileMaker 開発者たちの肩に課せられることは避けられないけれど、それでも
   iPhone 用の FileMaker Go はしっかりとしたソフトウェアであって、既存の
   FileMaker 宇宙と見事に統合を果たしている。Apple がなぜ距離を置いた関係
   を続けているのかは、依然として謎だ。

<http://tidbits.com/search/Bento>

   [ニュージーランドに住む Steve McCabe は、Mac コンサルタントで技術ライ
   ター、物理教師でもある。彼はニュージーランドでの冒険について語り、テク
   ノロジーを題材にしたブログを綴り、つい最近彼の個人ブログの再構築を終え
   たばかりだ。]

<http://www.mccabe.net.nz/>
<http://www.threelionstech.com/blog>
<http://www.stevemccabe.net/>


   ----
   コメントリンク: <http://tidbits.com/e/12725#comments>
   Twitter リンク: <http://tidbits.com/t/12725>


Word から Pages へ切り替える戦略
--------------------------------
     文: Tonya Engst <tonya @ tidbits.com>
     原文記事: <http://tidbits.com/e/12718>
     訳: Mark Nagata <nagata @ kurims.kyoto-u.ac.jp>

   去年、Take Control 電子ブックシリーズの制作を Microsoft Word 2008 から
   Pages '09 へ移行させた際に、私はまだ慣れぬソフトウェアに自分自身を習熟
   させるという困難な目標に加えて、大勢の著者たちのためにも切り替えの手助
   けをし、しかも、それらすべてを Apple の息もつかせぬ製品リリースのスケ
   ジュールに遅れずついて行くという時間制約の下で実現しなければならなかっ
   た。(なぜ私たちが切り替えを決断したかを巡る事情については、また私たち
   の制作過程を EPUB 対応のものにした背景については、2011 年 9 月 30 日の
   記事“Take Control は EPUB を Pages で作成”を参照。)

<http://tidbits.com/article/12472>
   (日本語)<http://jp.tidbits.com/TidBITS-jp-1101.html#lnk4>
   "Take Control は EPUB を Pages で作成"

   今はようやく移行による騒動も落ち着いたので、私たちが Word から Pages
   への切り替えで採用した戦略をここに紹介させて頂くとともに、私のお気に入
   りの Pages のヒントもいくつか挙げてみたい。


**一番下を見よう** -- 長年 Word を使い慣れたユーザーが他のプログラムに切
   り替えた際に陥りやすい誤りは、とにかく辛抱強くメニューやダイアログを探
   し回りさえすればあらゆる入手可能なコマンドにいつかは出会うことができる
   と思い込んでしまうことだ。(Word の Customize Keyboard ダイアログに馴
   染んだ人には特にこれが当てはまる。見つけにくいコマンドがこのダイアログ
   に多数リストされているからだ。)Word では、メニューやダイアログを補助
   輪として利用すれば、そのうちに自然と自分がよく使うコマンドにキーボード
   ショートカットを使えるようになるものだ。

   ところが Pages ではこのやり方が全く通用しない。Pages では、重要な機能
   がユーザーインターフェイスのあちらこちらにしまい込まれていて、それらを
   すべてリストした参照ツールはどこにもないようだ。

   重要なオプションのいくつかが Pages 書類の左下の隅に登場する。その部分
   は、Pages ウィンドウの高さを一杯に伸ばして Dock が水平に置かれていると、
   危険なほど Dock に接近した場所にある。以下に私が使っているオプションを
   三つ説明するが、もう一つ、この部分に単語数カウントを表示させるチェック
   ボックスも Pages の「一般」環境設定にある。私はそのチェックボックスを
   オフにしている。

<http://tidbits.com/resources/2012-01/Pages-bottom-left.png>

   一番左にあるポップアップメニューで、ズームのレベルを変更するとともに、
   一度に何ページずつを表示するかが選べる。Pages では「表示」メニューにも
   「拡大/縮小」コマンドがあるけれども、そちらでは特定の拡大率を選ぶこと
   ができない上に、ポップアップメニューにあるような一度に表示するページ数
   を選ぶコマンドもない。私の好みは 100% で一度に2ページを表示させる設定
   だが、他の Take Control 関係者はもっと拡大率を高くして一度に1ページだ
   けを表示させるようにしている人が多いので、私たちがファイルを開くと最初
   にこのズームと表示のレイアウトを自分の好みに調整しなければならず、その
   ための唯一の方法がこの小さなポップアップメニューということになる。

   ウィンドウ下縁のページ数表示部分は、実はクリック可能だ。ここをクリック
   すると、「次のページに移動:」ボックスが現われて、そこにあなたが移動し
   たいページ番号をタイプできる。ナビゲーションのためのこのコントロールも
   やはり、通常のメニュー、ダイアログ、キーボードコマンドといったものから
   はアクセスできない。

   その次にあるスクロールのための三角形と、それに付随した歯車メニューは、
   信じられないほど役に立つ。三角形が何をするかは歯車メニューを使って設定
   する。例えば、書類の中で次のコメントへジャンプするようにも、あるいは次
   のハイパーリンクへジャンプするようにも設定できる。一つの書類の中ですべ
   てのコメントをざっと通して見たい場合、ここを使えばよい。


**隠れた変更追跡ツールバーを表示** -- 何人もの人たちが一つの書類で作業を
   する場合、非常に役に立つもう一つのインターフェイス部分が「変更のトラッ
   キング」ツールバーだ。これは 編集 > 変更をトラッキング メニューを選ぶ
   か、またはメインのツールバー上で「変更をトラッキング」ボタンをクリック
   すれば現われる。「変更をトラッキング」ボタンはメインのツールバーのデフォ
   ルトでは表示されていないが、表示 > ツールバーをカスタマイズ を使うか、
   またはツールバー上で Control-クリックして「ツールバーをカスタマイズ」
   を選ぶかすれば、他の Apple アプリケーションと同様にカスタマイズできる。

<http://tidbits.com/resources/2012-01/Pages-track-changes-toolbar.png>

   この「変更のトラッキング」ツールバーの右寄りの部分には、たいていの Take
   Control 関係者が最初の数回の執筆・編集のやり取りの間に気付くことのでき
   なかった二つのポップアップメニューがある。「マークアップを表示」メニュー
   は、あなたの目の前に表示される変更追跡の対象範囲をコントロールする。こ
   れは、追跡された削除部分を隠すために極めて重要だ。(「一般」環境設定パ
   ネルの「削除されたテキスト」で隠せると思っている人もいるかもしれないが、
   それは間違っている。)その右にある歯車メニューには、すべての変更を受け
   入れるかそれとも拒否するかを指定するコマンドがあるし、追跡されるあなた
   の変更部分を示すカラーもここで選べる。(私はカラーをいろいろといじって、
   とても楽しい思いをした。下の二つ目の図は、Adam の編集部分を紫色に、私
   の編集部分を緑色に示している。コメントは常に黄色で示される。)

<http://tidbits.com/resources/2012-01/Pages-track-changes-gear-menu.png>
<http://tidbits.com/resources/2012-01/Pages-colorful-edits.png>

   「変更のトラッキング」ツールバーのみにあるコマンドを組み込んで快適なワー
   クフローを確立するため、私は Pages の範囲外にまで足を踏み出さねばなら
   なかった。なぜなら、その種の機能のいくつかにキーボードショートカットが
   ぜひとも必要だったからだ。特に、変更を受け入れることと、トラッキングの
   オン・オフの切り替えは、どちらも私が一日のうちに何百回も呼び出す操作な
   ので、キーボードショートカットがなければ困る。結局私はこれらのアクショ
   ンにキーボードショートカットを割り当てるため Keyboard Maestro のマクロ
   を作って使うようになった。

<http://www.keyboardmaestro.com/>

   一つだけ警告しておきたいことがある。ワークグループで作業をする状況にお
   いては、一つのファイルの複数の違ったコピーが存在してしまうのはよくある
   ことだ。それぞれに、変更点がマークアップされている。残念ながら、Pages
   ではファイルとファイルの間でテキストをコピーする際にマークアップされた
   変更点も保持した状態でコピーする方法がないし、二つの書類を比較してそれ
   らの間の変更点を特定できる機能もない。


**インスペクタを精査 (inspect) しよう** -- インスペクタは、表示 > インス
   ペクタを表示 (Command-Option-I) を選ぶか、またはツールバーの「インスペ
   クタ」ボタンをクリックすれば現われるパネルだ。このインスペクタにしかな
   い Pages オプションが多数あり、インスペクタの一番上の部分には小さなボ
   タンが並んでいて、それをクリックすれば異なるオプションのパネルに切り替
   わる。私は今はもうインスペクタを容易に使いこなせるようになったけれど、
   最初の一ヵ月間は何てのろのろしていて面倒なんだろうかと思えた。

<http://tidbits.com/resources/2012-01/Pages-inspector.png>

   インスペクタの個々のパネルがそれぞれ違う大きさなのにもイライラさせられ
   る。私は素早くアクセスできるようにインスペクタを常に開いたままにしてい
   るのが好きだが、スクリーン上でぴったりした場所に収まったと思ったとたん、
   パネルを切り替えればまたその場所に収まらないサイズになってしまいがちだ。
   著者たちの中には 表示 > 新規インスペクタ を使って複数のインスペクタを
   開いてこの問題を回避している人もいる。個人的に、私はインスペクタが一つ
   の決まったサイズで開いて、Pages ウィンドウの縁にきちんと固定されていて
   欲しいと思う。例えば InDesign のパレットはそうなっている。現状では、使
   いたい時に何か他のものが邪魔になることがあまりにも多過ぎる。(Word の
   Formatting Palette にも同様の問題があるが、その機能の大多数は他のやり
   方でも利用できるので、通常は閉じっぱなしにしておいても差し支えない。)


**スタイルドロワの中で探し回ろう** -- Pages で心が躍るもう一つのインター
   フェイス部分が、スタイルドロワだ。これは「表示」メニューからも、キーボー
   ドショートカットでも、フォーマットバーの上にあるボタンからも、あるいは
   (デフォルトではないが)ツールバー上のボタンからでも開く。スタイルドロ
   ワの内部については、個々のスタイル名の右側の部分のぴったり正しい場所に
   ポインタをかざせば小さな三角形がポップアップメニューを示すという事実に
   気付くのに私はしばらくかかったし、それと知った後もこのごく小さなメニュー
   ボタンに最初のクリックで命中させられるようになるまで時間がかかった。今
   ではすべてが易しく感じられるけれど、初めのうちは粘り強さを要した。

<http://tidbits.com/resources/2012-01/Pages-style-drawer.png>

   そうこうするうちに、私はこのポップアップメニューを何度も何度も使い、そ
   の機能を自分のものにしたので、「ホットキー」コマンドを試してみる気になっ
   た。これで、ファンクションキー (例えば F3) を一つのスタイルに割り当て
   ることができる。しかしながら、Take Control メンバーのほとんどの人たち
   は既にファンクションキーを他の機能に割り当てていた。そこで再び、サード
   パーティのソフトウェアに頼ることとなった。今回は、よく使うスタイルごと
   に AppleScript を使った。個々の著者はこれらのスクリプトを自分の Mac に
   インストールして、それからマクロユーティリティ (例えば Keyboard Maestro
   や QuicKeys) を使ってそれぞれのスクリプトにキーボードショートカットを
   割り当てることができる。試してみたい方のために、スクリプトの例を挙げて
   おこう:

       tell application "Pages"
         set mySel to (get selection of front document)
         set paragraph style of mySel to "Chapter Name"
       end tell

   (Chapter Name というのは "見出し 1" スタイルで、Pages から EPUB を書
   き出す際にはトップレベルの見出しにこのスタイルを割り当てておく。)

   私たちはマニュアルを読んだし、Pages の隅から隅までくまなく探したつもり
   だが、段落スタイルやリストスタイルを手で _設定する_ 方法をまだ見つけら
   れずにいる。つまり、私たちが含めたいさまざまな属性を選択できるようにし
   たいのだが。これは、文字スタイル「なし」のポップアップメニューから「選
   択部分から新しい文字スタイルを作成」を選んで新しい文字スタイルを作成し
   (既存のスタイルを編集することはできない)それから「すべての文字属性を
   含む」コントロールを展開すれば一応可能とは言える。けれども Word におけ
   るテクニック、つまり Format > Style を選んでから New または Modify を
   クリックし、チェックボックスやメニューを使ってあらゆるスタイルの詳細を
   設定できる機能とは比較にもならない。その代わりに、ここではまず段落やリ
   ストを満足のいく見栄えに仕上げてから、その後で既存のスタイルを再定義し
   なければならない。どう見ても変だ。


**これが私のアウトライン王国だ!** -- Word の素晴らしい機能であり、移行
   で使えなくなって残念だと思うのは、Navigation バーだ。これは Word のバー
   ジョンによっていろいろ異なった名前が付いているが、機能はずっと変わって
   いない。Word ウィンドウの左側にあるバーからこれを開くと、その書類全体
   のアウトラインが表示される。ただし、これはあなたが Word 内蔵の見出しス
   タイルを使った場合に限られるが。(経験豊富な Word ユーザーなら誰でもこ
   れらの内蔵スタイルを使うものだ。目次機能と、機能豊富で便利なアウトライ
   ン表示とに統合されたこれらの内蔵スタイルこそ、Word の珠玉の部分と言え
   る。その一方で Pages にはなかなか優れた目次機能があるけれども、Word の
   アウトライン表示には全然かなわない。)

   Word の Navigation バーでは、あなたが読んでいる「木」を取り囲む「森」
   が、常時見えている。さらに、Navigation バーの中にいながらにして見出し
   を編集することさえできる。だから、例えばある章の中にいて「見出し 3」レ
   ベルの話題のただ中に分け入っている時に、突然その原稿が「見出し 2」レベ
   ルと「見出し 4」レベルの話題を行き来し出したら、すぐにトラブルが起こっ
   たと気付いてその場で修正ができる。また、Navigation バーの中でどの行で
   もクリックするだけでそれに対応する見出しへジャンプすることができる。

   何たることか、Pages にはそのような組織的なナビゲーションのインターフェ
   イスがない。また、Pages ではリンクをクリックした後に使える「戻る」コマ
   ンドもないし、書類の中の二つのセクションの間で行きつ戻りつできるまとも
   な方法もない。書類が長くなってくると、その中で動き回るのが困難になって
   くるのだ。

   Pages で Navigation バーの代わりとなるべきものを求めて、私たちの中の数
   人は左側に 表示 > ページのサムネール を表示し、(右側の境界をドラッグ
   して)それをできるだけ大きくして使っている。十分大きくすれば、サムネー
   ルの中のテキストも読めるようになる。私の場合はそれを目次ページで開いて、
   言わば「アウトライン」として見えるようにしておき、時には原稿の別コピー
   を別途の書類として開いて、アウトラインとしてフルに読めるようにしたり、
   あるいは原稿の別の部分を見えるようにしたりして使っている。

   残念ながら、そういう間に合わせの対策も Word の Navigation バーに比べれ
   ば明らかに見劣りがするし、それに正直言って、この問題の結果として Take
   Control シリーズに使われるリンクベースのユーザーナビゲーションの組み込
   み件数もここのところ少し減ってしまった。著者にとっても編集者にとっても、
   リンクをどの場所へ繋ぐべきかを判断するのがあまりにも困難になってしまっ
   たからだ。


**説明書を見つけよう** -- プログラムを深く学ぶための古典的な戦術といえば、
   やはりマニュアルや、何らかの形の説明書を読むことだ。私は Pages マニュ
   アルを全部読み通したけれども、ただイライラさせられただけだった。なぜな
   ら、このマニュアルは Pages がどのように動作することになっているかを記
   しているけれど、ワードプロセッサにあるべきと期待されるけれどもここには
   存在していない機能については一切触れていないからだ。(公正を期して言え
   ば、自らの至らないところを説明書に記しているプログラムは非常に少ない。)
   また、動作が少し不安定な機能にもいくつか気付いた。最も気になるのはセク
   ションの切れ目とスタイルの修正だが、これは私が悪いのかそれとも Pages
   のバグなのか、私には判断できないでいる。マニュアルには実例が提供されず、
   一般的な使用事例の説明もない。

   Pages > ヘルプ メニューからマニュアルが読めるが、頻繁に参照するつもり
   ならば PDF ファイルをダウンロードしてどこか手近な場所に置いておくこと
   をお勧めする。

<http://manuals.info.apple.com/en_US/Pages09_UserGuide.pdf>
   (日本語)<http://manuals.info.apple.com/ja_JP/Pages09_UserGuide_J.pdf>

   電子ブックの出版者たちにとって便利な参照文献として、Apple が出している
   短い書類 "ePub Best Practices for Pages" がある。これは Apple のサポー
   トページ“Pages で ePub ファイルを作成する方法”の中にあるリンクからダ
   ウンロードできる。この書類には、EPUB へ書き出すことを念頭に作る Pages
   書類で使う必要のある少数のスタイルについて説明があり、そのような書類で
   はグラフィックスをフローティングでなくインラインにしておかなければなら
   ないという極めて重要な事実も記してある。

<http://support.apple.com/kb/HT4168>
   (日本語)<http://support.apple.com/kb/HT4168?viewlocale=ja_JP>
   "Pages で ePub ファイルを作成する方法"

   挿絵サイズのグラフィックをインラインで挿入する最良の方法が、あらかじめ
   フォーマットを「行」が「少なくとも」指定の高さ以上になるように指定した
   段落を作っておくことだ、ということを学習するまでに私はかなりの時間がか
   かった。この「少なくとも」の設定により、行の高さがグラフィックの高さま
   で増えることが可能となる。(インスペクタを開き、T (テキスト) ボタンを
   クリック、それから「テキスト」ボタンをクリックする。)行の高さのフォー
   マットがいったん正しく設定されれば、あとは Command キーを押しながら
   Finder から画像ファイルをドラッグすればよい。

   もう一つの有益な情報源は Pages Apple Support Community だ。私もこのコ
   ミュニティーを何度か訪れて質問をしたり、またいくつか質問に答えて人の助
   けになろうとしたこともある。もしも Pages に関して何か質問があれば、こ
   こに質問を出してみるのがよいだろう。

<https://discussions.apple.com/community/iwork/pages?categoryID=225>


**素晴らしい人たちと一緒に働こう** -- この記事を書き上げるのは結構簡単だっ
   たけれども、この記事で触れたことのすべてを私が身に付けるのは決して容易
   ではなかった。もしも私が賢くて心優しい人々から成るこの小さな作業グルー
   プに参加していなかったとしたら、もしもその人たちが私の悩みに同情して、
   私が見逃していたオプションを時々指摘してくれたりしていなかったとしたら、
   それはもっともっと困難なことになっていたことだろう。

   Pages の微妙な点について、変更のトラッキングを使った作業について、ある
   いはコメントの挿入の際にタイムスタンプがあらかじめハイライトされた状態
   になっているのを避けるために(そうしないと最初に右矢印キーを押さない限
   りタイプを始めたとたんにタイムスタンプが消えてしまう)マクロを作成せざ
   るを得なかったことについて、また Pages と Word でのテンプレートの違い
   について、その他数々のことについてまだまだ書き続けることはできるけれど、
   とりあえずここまでで主だった良いところ(と悪いところ)はカバーできたと
   思っている。もしも何か皆に知ってもらいたい Pages のヒントをご存じなら、
   どうぞこの記事へのコメントとして書き込んで頂きたい。


   ----
   コメントリンク: <http://tidbits.com/e/12718#comments>
   Twitter リンク: <http://tidbits.com/t/12718>


TidBITS 監視リスト: 注目のアップデート、2012 年 2 月 13 日
-----------------------------------------------------------
     文: TidBITS Staff <editors @ tidbits.com>
     原文記事: <http://tidbits.com/e/12785>
     訳: Mark Nagata <nagata @ kurims.kyoto-u.ac.jp>

**Bookle 1.0.3** -- Stairways Software が Bookle 1.0.3 をリリースした。
   これは最近デビューした Mac 用 EPUB リーダーで、TidBITS の Adam Engst
   と Stairways Software の Peter Lewis との共同作業によって生まれたもの
   だ。(2012 年 2 月 6 日の記事“Mac OS X 用の EPUB リーダー Bookle を紹
   介する”参照。)今回のアップデートは、EPUB ファイルに対して表示される
   名前の末尾に "-Temporary" が付加されてしまう問題点を修正するとともに、
   Mac OS X 10.6 Snow Leopard を使っている場合にウィンドウをリサイズする
   と目次が消えてしまうことのあったバグを解消している。さらに、このリリー
   スでは古い EPUB ファイルに対して表示すべき名前を見出す機能が改善された。
   (Mac App Store からの新規購入 $9.99、無料アップデート、2.6 MB)

<http://bookle.stairways.com/>
<http://tidbits.com/article/12774>
   (日本語)<http://jp.tidbits.com/TidBITS-jp-1112.html#lnk1>
   "Mac OS X 用の EPUB リーダー Bookle を紹介する"
<http://itunes.apple.com/us/app/bookle/id496158508>

   Bookle 1.0.3 へのコメントリンク:
<http://tidbits.com/article/12781#comments>


**Piezo 1.1.2** -- Rogue Amoeba が同社のミニマリスト風オーディオ録音アプ
   リ Piezo のマイナーアップデートをリリースした。リリースされたばかりの
   Mac OS X 10.7.3 の上で Skype からのオーディオが録音できなくなっていた
   問題を修正している。Piezo 1.1.2 ではまた Toktumi および MagicJack VoIP
   アプリからのオーディオ録音と互換になった。このアップデートにはさまざま
   なバグ修正や改善も盛り込まれている。(新規購入 $10、無料アップデート、
   2.8 MB、リリースノート)

<http://rogueamoeba.com/piezo/>
<http://rogueamoeba.com/piezo/releasenotes.php>

   Piezo 1.1.2 へのコメントリンク:
<http://tidbits.com/article/12780#comments>


**iMac, MacBook Pro, MacBook Air ファームウェアアップデート** -- Apple
   がまた一連のファームウェアアップデートをリリースした。これは数週前に出
   た三つのアップデートと似たような内容のものだ。(2012 年 1 月 25 日の記
   事“Mac mini, MacBook, そして 13-inch MacBook Pro に対するファームウェ
   アアップデート”参照。)新しい iMac EFI Firmware Update 1.8 (mid 2010
   機種)、MacBook Pro EFI Firmware Update 2.6 (early 2010 機種)、MacBook
   Air EFI Firmware Update 2.3 (late 2010 機種) のそれぞれのアップデート
   では、前回のものたちと同様、インターネット接続を使用した Lion 復旧機能
   が有効になる。(これらはすべて Mac OS X 10.7.3 かそれ以降を要する。)
   また、MacBook Air アップデートでは Deep Sleep が解除された直後にパワー
   ボタンが押された場合にシステムが再起動する可能性がある問題を修正してい
   る。どのファームウェアアップデートでも言えることだが、インストールする
   前にあらかじめインストールの説明を注意深く読んでおくべきだ。必要な場合
   にのみアップデートを入手できるよう、ソフトウェア・アップデートに入手を
   任せることをお勧めする。もしもソフトウェア・アップデートに今回のアップ
   デートが現われなければ、それはこれがあなたの Mac のためのものではない
   ということを意味している。(無料、3 MB)

<http://tidbits.com/article/12751>
   (日本語)<http://jp.tidbits.com/TidBITS-jp-1111.html#lnk5>
   "Mac mini, MacBook, そして 13-inch MacBook Pro に対するファームウェ 
アアップデート"
<http://support.apple.com/kb/DL1493>
   (日本語)<http://support.apple.com/kb/DL1493?viewlocale=ja_JP>
   "iMac EFI ファームウェア・アップデート 1.8"
<http://support.apple.com/kb/DL1492>
   (日本語)<http://support.apple.com/kb/DL1492?viewlocale=ja_JP>
   "MacBook Pro EFI ファームウェア・アップデート 2.6"
<http://support.apple.com/kb/DL1494>
   (日本語)<http://support.apple.com/kb/DL1494?viewlocale=ja_JP>
   "MacBook Air EFI ファームウェア・アップデート 2.3"

   iMac, MacBook Pro, MacBook Air のファームウェアアップデートへのコメン
   トリンク: <http://tidbits.com/article/12779#comments>


**Carbon Copy Cloner 3.4.4** -- Carbon Copy Cloner の 10 周年の記念日を
   祝うため、Bombich Software は数え切れないほど多数の新機能や微調整、修
   正などを盛り込んで Carbon Copy Cloner 3.4.4 をリリースした。人気のドネー
   ションウェアのこのディスク・クローニングおよびバックアップ用ユーティリ
   ティが、今回から Lion 復旧用 HD パーティションをアーカイブしたりクロー
   ニングしたりする機能に対応し、Lion Installation ディスクイメージを物理
   的なボリューム上へクローンすることもできるようになった。また、タスクを
   スケジュール化してシステムをスリープから目覚めさせたりブ−トさせたりも
   できる。このアップデートにはバグ修正もいくつかあり、最後に使ったプリセッ
   トの記憶に関する処理、タスクのスケジュールを月の最初の日に設定する場合、
   一般的でないアクセス権の状況下でディスクイメージをマウントする場合など、
   多数の問題点を解決している。(無料アップデート、6.0 MB、リリースノート)

<http://www.bombich.com/ccc_features.html>
<http://www.bombich.com/software/updates/ccc-3.4.4.html>

   Carbon Copy Cloner 3.4.4 へのコメントリンク:
<http://tidbits.com/article/12778#comments>


**ChronoSync 4.3 と ChronoAgent 1.3** -- Econ Technologies が ChronoSync
   4.3 と ChronoAgent 1.3 をリリースした。いずれもメジャーアップデートで、
   この同期・バックアップ用アプリケーションとその遠隔ヘルパーアプリとの間
   の連携に大幅な改良が施された。ChronoSync の新機能としては、ChronoAgent
   1.3 との接続に SSL 暗号化を使用するようになったこと、前回の同期状況に
   関する情報を失うことなくターゲットのフォルダ/ボリュームを変更できるよ
   うになったこと、同期のターゲットにカスタム名を付けられるようになったこ
   と、前回同期したファイルを復旧させる機能などがある。ChronoAgent につい
   ては、SSL 暗号化への対応の他に、複数の同時接続をより良く処理できるよう
   アップデートされた。さらに双方ともスペイン語、ポルトガル語、ブラジルポ
   ルトガル語のローカライズを備えてアップデートされている。フルのリリース
   ノートが ChronoSync と ChronoAgent それぞれに用意されている。(新規購入
   は ChronoSync $40、ChronoAgent $10、無料アップデート、29 MB、8.1 MB)

<http://www.econtechnologies.com/pages/cs/chrono_overview.html>
<http://www.econtechnologies.com/pages/ca/agent_overview.html>
<http://www.econtechnologies.com/pages/cs/chrono_notes4.html>
<http://www.econtechnologies.com/pages/ca/agent_releasenotes.html>

   ChronoSync 4.3 と ChronoAgent 1.3 へのコメントリンク:
<http://tidbits.com/article/12777#comments>


ExtraBITS、2012 年 2 月 13 日
-----------------------------
     文: TidBITS Staff <editors @ tidbits.com>
     原文記事: <http://tidbits.com/e/12793>
     訳: Mark Nagata <nagata @ kurims.kyoto-u.ac.jp>

   今週はいろいろと素敵な話がある! Adam と、彼とともに Bookle を作った
   Peter Lewis が MacVoices で Chuck Joiner で対談し、彼らの新しい Mac 用
   EPUB リーダーの裏話を披露する。Apple は、Fair Labor Association (公正
   労働協会) が Apple サプライヤーに対する特別自主監査を実施すると発表し
   た。Macworld にいる私たちの友人 Dan Frakes が新型の Mac にブート可能な
   Lion インストーラを作成する方法をついに見つけ出し、Instapaper の開発者
   Marco Arment があなたの iOS の連絡先やカレンダーのデータベースにいろい
   ろなアプリが自由にアクセスできてしまう現状に警鐘を鳴らし、iTunes Match
   が著作権者たちに対して実際にいくらかの著作権料を支払っていることが判明
   する。


**Bookle の裏話を MacVoices で聴こう** -- Stairways Software の Peter
   Lewis はオーストラリア在住かもしれないが、だからと言って Chuck Joiner
   が彼を Adam Engst とともに対談に出演させ、二人が共同で開発した Mac 用
   EPUB リーダー Bookle について語ってもらう支障にはならなかった。Bookle
   がいかにして実現したか、Mac App Store により課せられた制約はどのような
   ものであったか、いろいろな大企業が今はどのように DRM を使用しているか、
   といったことを巡る裏話に興味ある方は、ぜひこの MacVoices をお聴きあれ。

<http://www.macvoices.com/wordpress/macvoices-1270-adam-engst-and-peter-n-lewis-introduce-bookle-a-new-way-to-read-ebooks-on-your-mac/>

   コメントリンク: <http://tidbits.com/article/12792#comments>


**公正労働協会が Apple サプライヤーを査察** -- 労働環境に関する熱い議論
   が何週間も続き、抗議の声も挙がっていたのを受けて、Apple は同社が Fair
   Labor Association (FLA, 公正労働協会) に要請して同社の最終組立サプライ
   ヤーの特別自主監査を行なうと発表した。査察の対象となる会社には Foxconn、
   Quanta、それに Pegatron が含まれる。

<https://www.apple.com/pr/library/2012/02/13Fair-Labor-Association-Begins-Inspections-of-Foxconn.html>
   (日本語 
)<http://www.apple.com/jp/pr/library/2012/02/13Fair-Labor-Association-Begins-Inspections-of-Foxconn.html>
   "Apple (日本) - Apple Press Info - FLA、Foxconnの査察を開始"

   コメントリンク: <http://tidbits.com/article/12791#comments>


**ブート可能な Lion インストールドライブを作成する、アクションたっぷりの
   解説** -- Macworld の Dan Frakes が、Mac OS X 10.7 Lion 用のブート可能
   なインストーラディスクまたはドライブを作成する手順を詳しく紹介する。特
   にこれは、Lion のリリース以後にデビューした機種の Mac においては(ダウ
   ンロード可能なバージョンのインストーラが付属していないので)重要だ。解
   説はなかなか徹底していて実際的だが、Mac OS X の再インストールとか Mac
   の PRAM 消去といったような事態を避けるため、身の毛もよだつような軽業を
   やってのけている点でも注目に値する。

<http://www.macworld.com/article/165337/2012/02/create_a_bootable_lion_install_drive_for_newer_macs.html>

   コメントリンク: <http://tidbits.com/article/12790#comments>


**iOS はアプリにあなたのデータへのアクセスを許し過ぎているのでは?** --
   Instapaper の開発者 Marco Arment の意見では、iOS が彼に「ユーザーへの
   警告を強制することもせず (ユーザーの) Address Book (の中にあるデータ)
   へのアクセスをあまりにも多く許し過ぎている」という。TidBITS スタッフの
   Matt Neuburg も、彼の Programming iOS 本の中で同様の趣旨を次のように述
   べている: アプリがユーザーの写真にアクセスするにはあんなにもたくさん
   の Core Location アクセス権ゲートウェイを通り抜けなければならないとい
   うのに、ユーザーの Contacts および Calendar データベースの中にある情報
   については警告もせず自由に読み込んだりコピーしたり削除したりさえできて
   しまうのはいったいどういうことなのか、と。

<http://www.marco.org/2012/02/09/ios-address-book-should-prompt-users>

   コメントリンク: <http://tidbits.com/article/12788#comments>


**iTunes Match は (多少なりとも) 著作権者にとって儲け口** -- Apple の
   iTunes Match サービスを購読している人たちは著作権者に "magic money" を
   実際支払っている、と Jeff Price がオンライン音楽配布サービス TuneCore
   のブログに書いている。金額としては大金とは言えない (最初の二ヵ月分で
   $10,000、これは TuneCore のアーティスト 55,000 人分だ) が、Price はこ
   れがアーティストたちにとって従来は一銭も受け取ることのできなかったとこ
   ろに発生する新たな収入源となったと指摘している。

<http://blog.tunecore.com/2012/02/apple-imatch-the-first-royalties-are-in.html>

   コメントリンク: <http://tidbits.com/article/12782#comments>



$$

TidBITS 日本語版では翻訳スタッフを募集しています。マッキントッシュや
インターネットに関する珠玉の情報をあなたの翻訳力でより輝かせましょう。
ご賛同の方は翻訳チーム <hosoka @ ca2.so-net.ne.jp> までご連絡ください。

TidBITS は、タイムリーなニュース、洞察溢れる解説、奥の深いレビューを
Macintosh とインターネット共同体にお届けする無料の週刊ニュースレターで
す。ご友人には自由にご転送ください。できれば購読をお薦めください。

非営利、非商用の出版物、Web サイトは、フルクレジットを明記すれば記事を
転載または記事へのリンクができます。それ以外の場合はお問い合わせ下さ
い。記事が正確であることの保証はありません。告示:書名、製品名および会
社名は、それぞれ該当する権利者の登録商標または権利です。TidBITS ISSN
1090-7017

Copyright 2012 TidBITS: 再使用は Creative Commons ライセンスによります。

お問い合わせ: <editors @ tidbits.com>
TidBITS Web サイト: <http://www.tidbits.com/>
ライセンス条項: <http://www.tidbits.com/terms/>a
購読:  <http://sparky.tidbits.com/mailman/listinfo/tidbits-jp>



TidBITS-jp メーリングリストの案内