TidBITS#1235 日本語版

TidBITS Japanese hosoka @ ca2.so-net.ne.jp
2014年 8月 15日 (金) 01:09:19 PDT


TidBITS#1235/11-Aug-2014
========================
     英語版: <http://tidbits.com/issue/1235>
     日本語版: <http://jp.tidbits.com/TidBITS-jp-1235.html>


   私たちはもう一度スパイ活動に目を向ける。今回は CIA 対上院のスパイドラ
   マ、Edward Snowden が今後三年間どこで過ごすか、Tor を使うのが有害無益
   である理由、といったことを話題にする。それほどにはドラマチックでないグ
   ラフィックスの世界に目をやれば、Caroline Green が寄稿記事で Macphun か
   ら新しく出た Tonality を紹介する。写真家がより良い白黒写真を作るのを助
   けることを狙ったツールだ。それから、これは予期したことではなかったけれ
   ど、今週は物理的な本と電子ブックとが交わることに関係した記事が二つある。
   まず、愛書家の Michael Cohen が、印刷本の電子ブック版をわずかな料金で
   作ってくれるサービス BitLit について思索する。それから Glenn Fleishman
   がますます奇妙な様相を見せつつある Amazon 対出版社 Hachette の争いに取
   り組み、実際には何が起こっているのかを説明しようと試みる。私たちの出す
   本に関係したニュースとしては、Charles Edge が "Take Control of OS X
   Server" の今週の更新でウェブサーバ運営のために知っておくべきことを解説
   する。最後にもう一つ、今週の FunBITS 記事では Josh Centers が NPR One
   を概観する。National Public Radio で Pandora 体験ができる iPhone 用ア
   プリだ。今週注目すべきソフトウェアリリースは、GraphicConverter 9.3、
   Mactracker 7.3.3、Airfoil 4.8.8、iTunes 11.3.1、Carbon Copy Cloner
   3.5.6、Hider 2.1、それに DEVONthink/DEVONnote 2.7.7 だ。

記事:
     スパイ活動の情報に遅れずついて行こう 6: 椅子取りゲーム
     "Take Control of OS X Server" の Chapter 10、入手可に
     Macphun Tonality、白黒写真をプロ級に
     BitLit で、印刷本を電子本にアップグレードする
     Amazon 対 Hachette 論争のもつれを解く
     FunBITS: NPR One は Twitter 世代のための公共ラジオ
     TidBITS 監視リスト: 注目のアップデート、2014 年 8 月 11 日
     ExtraBITS、2014 年 8 月 11 日


----------------- 本号の TidBITS のスポンサーは: ------------------

* 読者のみなさん! 今すぐ会員になって TidBITS を応援してみませんか?
    特典はこちら: <http://tidbits.com/member_benefits.html>
    今週は William Raike 氏、Julian Kateley 氏、
    David Mackler 氏と Eric Wirth 氏の暖かい支援に感謝!

* CrashPlan is easy, secure backup that works everywhere. Back up
   to your own drives, friends, and online with unlimited storage.
   With 30 days free, backing up is one resolution you can keep.
   Your life is digital; back it up! <http://tid.bl.it/code42-tb>

* Updated! PDFpen for iPad 1.7: Designed for iOS 7, faster, and
   better-looking. Edit your PDFs anywhere. Sign contracts, make
   changes, fill forms, and more. All while you're on the move.
   Syncs via iCloud and Dropbox. <http://smle.us/tbpdfpen-ipad>

* Discover Fujitsu ScanSnap Scanners - Featuring state-of-the-art
   scanning solutions for companies of any size. Make your life more
   productive, mobile, paperless, and efficient with a ScanSnap
   scanner. To learn more, visit: <http://www.ez.com/sstb>

---- 皆さんのスポンサーへのサポートが TidBITS への力となります ----


スパイ活動の情報に遅れずついて行こう 6: 椅子取りゲーム
-------------------------------------------------------
     文: Josh Centers: <josh @ tidbits.com>, @jcenters
     原文記事: <http://tidbits.com/e/14975>
     訳: Mark Nagata <nagata @ kurims.kyoto-u.ac.jp>

   以前の記事“スパイ活動の情報に遅れずついて行こう 4: 状況が変になると
   き”(2014 年 3 月 13 日) で、合衆国議会の上院が CIA (中央情報局) が上
   院のスタッフをスパイしたと非難したことを述べた。これに対して CIA 長官
   John Brennan は当時「まったく道理の範囲外」として否定した。

<http://tidbits.com/article/14585>
   (日本語)<http://jp.tidbits.com/TidBITS-jp-1214.html#lnk0>
   "スパイ活動の情報に遅れずついて行こう 4: 状況が変になるとき"
<http://www.mcclatchydc.com/2014/07/31/234997/cia-staffers-accessed-senate.html>

   どうやらその道理の範囲は予想したより広かったとみえて、Brennan は最近に
   なって CIA が不正に上院のコンピュータを捜索したことを認め謝罪した。

<http://www.washingtonpost.com/world/national-security/cia-director-john-brennan-apologizes-for-search-of-senate-computers/
   2014/07/31/28004b18-18c6-11e4-9349-84d4a85be981_story.html>

   では、今は何が起こっているのか? おそらく、深刻な結果を生むようなこと
   は何も起こっていないだろう。司法省は告発するつもりはないと述べているし、
   また上院が CIA 長官の辞任を求めたにもかかわらず、Obama 大統領は Brennan
   に「全幅の信頼」を置いていると述べ、Brennan は状況を調査するための説明
   責任委員会を作った。そうそう、付け加えて言えば、Obama は「我々は何人か
   の人たちを拷問した」とも言い添えた。

<http://www.npr.org/blogs/thetwo-way/2014/07/10/330465260/no-criminal-charges-in-senate-cia-spat-justice-department-says>
<http://www.huffingtonpost.com/2014/08/01/obama-john-brennan-cia_n_5642534.html>
<http://www.cbsnews.com/news/obama-we-tortured-some-folks-after-911/>

   そう、拷問こそが、正確に言うならば 9/11 攻撃の後に CIA が拷問を使用し
   始めたことが、この争いの根源にある。上院の Intelligence Committee (諜
   報特別委員会) は何年もかけ、何百万ドルもの税金を注ぎ込んで、CIA が拷問
   を使用したことに関する調査報告書を作成したが、これは今も機密扱いのまま
   だ。この報告書の機密扱いを解除する権限を持つ Obama 政権は、わざとぐず
   ぐず引き伸ばしている(足を引きずっている)と非難された。おそらく面目を
   保つ(顔を守る)ためなのだろう。

   その報告書がようやく公開されようとしていたまさにその時、上院の諜報特別
   委員会委員長 Dianne Feinstein はその中にあまりにも多くの改変が施されて
   おり「報告書の認定や結論を支持する重要な事実が除外ないし不明瞭化されて
   いる」としてそれを送り返した。

<http://www.theguardian.com/world/2014/aug/05/top-senator-rejects-cia-torture-report-redactions-ahead-of-release>

   そういうわけでこの報告書は今も機密扱いであり、今後もずっと機密扱いのま
   まかもしれないが、Los Angeles Times は次のように書いている。「報告書を
   読んだ人たちの話によれば、報告書は CIA が残虐な、時には権限の与えられ
   ていない尋問方法を用いて政策立案者と国民を誤った方向に導き、議会の監視
   を損なわせようとしたと結論づけている。報告書はまた、水責めその他「強化
   された尋問方法」(つまり拷問の婉曲表現)がテロリストの攻撃を予防するた
   めに必須の情報を生み出した、とする考え方を否定しているとのことだ。」

<http://www.latimes.com/opinion/editorials/la-ed-torture-report-20140806-story.html>

   上院も CIA もまだ互いに言い争いを続けている一方で、鉄のカーテンの裏に
   閉じ込められた内部告発者 Edward Snowden の運命にはほんのわずかながら明
   るい道が見えてきた。ロシアへの一時的亡命は期限が切れそうになっていたが、
   彼には三年間の居住許可が与えられ、一度に三ヵ月間までならば外国への旅行
   も認められることになった。Snowden はおそらく旅行する自由を少しだけ感じ
   るようになったのだろうか、最近ある劇場に登壇した。これはロシアにおける
   彼の初めての公共の場への登場であった。

<http://www.usatoday.com/story/news/world/2014/08/01/russia-snowden-asylum/13454055/>
<http://rt.com/news/178680-snowden-stay-russia-residence/>
<http://rt.com/news/178200-snowden-moscow-visit-theatre/>

   Snowden の最終的な運命はまだ宙に浮いているけれども、一つだけ確かなこと
   がある。アメリカ合衆国の保安機構は、もはや隠密裏に活動することはできな
   い。政府は、今や新たな情報漏洩者が内部情報を報道機関に流していることを
   見出した。

<http://www.cnn.com/2014/08/05/politics/u-s-new-leaker/>

   政府の発表を引き起こした Snowden 後の今回の漏洩は The Intercept が米国
   政府のテロリスト監視リストを扱った記事となり、リストに載った 68 万人の
   人々の 40 パーセントは「テロリストグループに所属したと認められない」と
   この記事は主張した。(CNN が伝えるところによれば、状況に詳しい米国政府
   当局者が、記事の主張は誤っており、誤りは書類の読み誤りに基づくものだと
   語ったという。)

<https://firstlook.org/theintercept/article/2014/08/05/watch-commander/>

   用心深い読者の皆さんの中には、Tor を使えばウェブブラウジングが覗き見か
   ら安全に守られるとお思いの方もおられるかもしれない。けれどもその考えは
   甘い。ある調査によれば、単に Tor ウェブサイトを訪れただけで NSA (国家
   安全保障局) の監視対象リストに載ってしまうこともあるという。考えてみれ
   ば、それは別に驚くほどのことでないかもしれない。何しろ、Tor の開発には
   合衆国軍も参加していたのだから。

<http://www.theverge.com/2014/7/3/5868159/new-report-says-the-nsa-is-checking-who-visits-tors-website>
<http://pando.com/2014/07/16/tor-spooks/>

   だから、注意していよう。常に誰かがあなたを監視しているということを。で
   も、プライバシーを愛する人たちよ、恐れることはない。"Weird Al" Yankovic
   がシンプルな、安価な解決法を知っている。アルミホイルだ。(それに加えて、
   アルミホイルで包めばサンドイッチも新鮮でおいしい!)オーケー、アルミ箔
   で帽子を作ってもまともな解決法にはならないかもしれないけれど、ここまで
   記事を読んでくださった方にはぜひとも笑っていただきたい。このビデオを、
   必ず最後までご覧あれ。

<http://www.youtube.com/watch?v=w-0TEJMJOhk>


   ----
   コメントリンク: <http://tidbits.com/e/14975#comments>
   Twitter リンク: <http://tidbits.com/t/14975>


"Take Control of OS X Server" の Chapter 10、入手可に
-----------------------------------------------------
     文: Adam C. Engst: <ace @ tidbits.com>, @adamengst
     原文記事: <http://tidbits.com/e/14986>
     訳: 亀岡孝仁 <takkameoka @ kif.biglobe.ne.jp>

   OS X Server は、一般的に水面下で精を出して働いている Unix アプリを管理す
   る複雑さを表に出さない点では良い仕事をしている。これが少々途切れているの
   が Websites サービスの所で、ここでは業務仕様の Apache Web サーバーに取っ
   つきやすい顔をのせようとしているだけである。Websites サービスを設定する
   のは技術的に難しくはないが、知っていなければならないことが多いので、
   Charles Edge は、現在執筆中の "Take Control of OS X Server" の Chapter
   10, "Web Services" で、そこに彼の助言の焦点を当てている。

<http://tidbits.com/article/14987>

   とりわけ、OS X Server の、どのホスト名にも答えるデフォルトサイトと、特定
   のホスト名だけに答えそして 80 と 443 以外のポート上で走るカスタムサイト
   の違いを理解するのは少々注意が必要である。Charles はまた、リダイレクトと
   エイリアス、グループ経由のアクセス制御、そして、サーバーサイドインクルー
   ドや CGI を有効化する様な高度オプションについても説明する。

   Chapter 1, "Introducing OS X Server" と Chapter 2, "Choosing Server
   Hardware" は、この本の行く先を見て貰うために誰にでも見て欲しいと思うが、
   それ以降の章は現時点では TidBITS 会員限定である。もし既に TidBITS 会員で
   あるならば、参加した時のメールアドレスを使って TidBITS ログインして欲し
   い。"Take Control of OS X Server" 電子本の完成版は、完了時点に PDF,
   EPUB, そして Mobipocket (Kindle) フォーマットで一般向けに売り出される。
   出版済みの章は以下の通り:

<http://tidbits.com/member_benefits.html>
<http://tidbits.com/account>

* Chapter 1: "Introducing OS X Server"
* Chapter 2: "Choosing Server Hardware"
* Chapter 3: "Preparation and Installation"
* Chapter 4: "Directory Services"
* Chapter 5: "DNS Service"
* Chapter 6: "File Sharing"
* Chapter 7: "Collaboration Services"
* Chapter 8: "Mail Services"
* Chapter 9: "Mobile Device Management"

<http://tidbits.com/article/14748>
<http://tidbits.com/article/14749>
<http://tidbits.com/article/14799>
<http://tidbits.com/article/14821>
<http://tidbits.com/article/14840>
<http://tidbits.com/article/14861>
<http://tidbits.com/article/14883>
<http://tidbits.com/article/14950>
<http://tidbits.com/article/14967>

   執筆進行に合わせて、この本の全容を TidBITS 会員に対して出版していくのは、
   我々が TidBITS 会員に対し彼らの支援に感謝の意を表す一つの方法に過ぎない。
   我々はまた TidBITS を長年無料で読んでこられた方々に対しても、これがきっ
   かけで、毎週読み慣れた専門的に書かれそして編集された記事を引き続きお届け
   出来る手助けをする気になって頂けたらと願っている。会員プログラムが我々に
   とっては何を意味するかの更なる詳細については、"2014 年の TidBITS を
   TidBITS 会員プログラムを通して支援して" (9 December 2013)) を読んで欲
   しい。

<http://tidbits.com/article/14357>
   (日本語)<http://jp.tidbits.com/TidBITS-jp-1202.html#lnk5>
   "2014 年の TidBITS を TidBITS 会員プログラムを通して支援して"


   ----
   コメントリンク: <http://tidbits.com/e/14986#comments>
   Twitter リンク: <http://tidbits.com/t/14986>


Macphun Tonality、白黒写真をプロ級に
------------------------------------
     文: Caroline Green: <caroline @ ivanexpert.com>
     原文記事: <http://tidbits.com/e/14960>
     訳: 亀岡孝仁 <takkameoka @ kif.biglobe.ne.jp>

   私は素人の写真家で、Berenice Abbott, Rudy Burckhardt, Bruce Davidson, そ
   して Helen Levitt といった芸術家による私の街 (New York) の古典的な写真が
   好きである。私が撮るのは、彼らのと同様、建物、街路風景、そして私の隣人の
   肖像といったものであるが、時として私の通りに出た時に感じる時空の超越感を
   表現するため、白黒の画像にしたいと思うことがある。

<http://www.commercegraphics.com/ba.html>
<http://www.tibordenagy.com/artists/rudy-burckhardt/>
<http://www.magnumphotos.com/BruceDavidson>
<http://www.laurencemillergallery.com/artist_levitt.html>

   残念ながら、写真加工の標準ツール - Adobe Photoshop, Adobe Lightroom, そ
   して Apple のもうすぐ廃版となる Aperture - は、実際の所白黒写真を編集す
   るためには作られていない;これらの焦点はカラー写真に当てられている。これ
   らのものは、普通の白黒画像を何か目を見張らせるものへと変えるに必要な調整
   手段を提供していない。

   この空白を埋めるものが、Macphun からの新しい Tonality である。値段は、標
   準版で $19.99、そして Pro 版は $69.99 である;OS X 10.9 Mavericks と最低
   でも 4 GB の RAM が必要である。

<http://macphun.com/tonality>

   開発者である Macphun は長年に亘って Mac と iOS の両方に対する数多くの写
   真編集アプリを作り出してきた。皆さんも iPhone, iPad, そして Mac に対する
   彼らの FX Photo Studio アプリのことはご存じかもしれない;Mac 専用として
   Intensify, Snapheal, そして Focus 2 を出している。彼らのソフトウェアは、
   プロの写真家のみならず趣味の写真家にも訴えるべく設計されている。

<http://macphun.com/>
<http://macphun.com/fxphotostudio>
<http://macphun.com/intensify>
<http://macphun.com/snapheal>
<http://macphun.com/focus>

   Tonality もまた素人写真家及び職業人の両方向けに意図されており、外観と配
   置は Photoshop や Lightroom に慣れた人なら比較的直感的に扱えるよう設計さ
   れている。私は Lightroom を使っており、グレーのパレット及びウィンドウの
   右側に並んだスライダーは見慣れたものに思える。

<http://tidbits.com/resources/2014-08/Tonality-controls.png>

   初心者に対して、Tonality は色々なプリセットを数多く用意しており、クリッ
   ク一発で目を見張る効果を得られることがある。例えば、Vintage カテゴリで
   は、 Civil War, Old and Faded, Tintype, そして Wild West に対するプリセ
   ットが用意されている。Portrait プリセットには、Dark Beauty, Dreamy, そし
   て Old Hollywood Glamour が含まれる。

<http://tidbits.com/resources/2014-08/Tonality-presets.png>

   選んだプリセットを使うと自分の写真がどの様に見えるのかのプレビューは下端
   に表示される。プリセットは全部で 10 カテゴリ用意されており、私のような初
   心者でも望みの表現に近づくことが出来る。

<http://tidbits.com/resources/2014-08/Tonality-preset-preview.png>

   最初から、或いはプリセットから始めるかに拘わらず、Tonality の各種のスラ
   イダーを使って画像を更に調整する事が出来る。スライダーのカテゴリには、
   Tone, Clarity, Structure, Color Filter, Tone Curve, Split Toning, Glow,
   Lens Blur, Texture Overlay (これは、自分独自のテクスチャをアップロードさ
   せてもくれるし、内蔵のものを使う事も出来る), Vignette, Grain, Photo
   Frames, そして Opacity がある。私は、このスライダーやオプションの多さに
   たじろぎを感じたが、プロの写真家が目指す効果を達成するためには、この様な
   数限りない組み合わせと微細な調整が必要なのであろうということは理解出来た。

<http://tidbits.com/resources/2014-08/Tonality-slider-category.png>

   Photoshop の様に、Tonality も次のようなツールを提供している:画像の一部
   だけを変えられるブラシ;段階的な設定を適用させてくれる階調度ツール (但し
   直線的にだけ);そして画像の色調段階を教えてくれるヒストグラムがある。ま
   た Photoshop と同様、複数の層を合わせて画像を作ったり、層毎に異なった設
   定を適用したり、そして層をオン・オフする事も出来る。もし皆さんが独創的で
   あったり、そして/或いは、計画立案型であれば、これは物事が本当に面白くな
   ってくる所でもある。

   一連の設定を確立した後、それを複数の写真に適用したい、或いは将来の使用に
   備えて保存しておきたいというのであれば、自分自身のプリセットを作ることが
   出来る。

   Tonality の共有機能は、通常使えるものには (Mail, Flickr, Facebook,
   Twitter) 皆使えるし、そして SmugMug も含まれる。画像の調整が済んだ後は、
   好みの写真アプリで直接それを開くことが出来る。これには iPhoto,
   Aperture, Photoshop, Lightroom, 或いは如何なる Macphun アプリも含まれる。
   勿論、色々な異なるフォーマットでエクスポートすることも出来る。これには
   JPEG, PNG, TIFF, PDF, そして PSD が含まれる。

   以上説明したのは、標準版の Tonality だが、プロ用として、或いは単独のアプ
   リとしてではなく、Photoshop, Lightroom, Elements, 或いは Aperture 内のプ
   ラグインとして Tonality を使いたい人には、Tonality Pro があり、$50 余分
   にかかる。プラグインとして使えることに加えて、Tonality Pro には以下の機
   能が追加されている:

* 更に多くの層化オプション
* 画像当たりの層の増加 (8 と 5 の違い)
* 更に多くのヒストグラムオプション
* 色温度と色合いを編集する能力

   私がテストしていたのは Tonality Pro だが、標準版で十分だろうと思うし、そ
   れに、最初は標準版で始めて、後から Tonality Pro にアップグレードすること
   だって悪くない。Lightroom プラグイン機能が、私にとっては Tonality Pro の
   最も有用な部分であった。何故ならば、全ての編集を二つのではなく一つのアプ
   リでやれるからである。

   Tonality を使い始めるのは、プリセットのお陰もあって、簡単だと思った。一
   番最初にやって見た画像が下記である:私が撮った元々のカラー写真 (Ocean
   Grove, New Jersey で)、Tonality への白黒でのインポート、そしてスライダー
   やオプションを使っていじってみた写真である。これら全部にかかった時間は一
   時間ぐらいであったと思う。

<http://tidbits.com/resources/2014-08/Ocean-Grove-color.jpg>
<http://tidbits.com/resources/2014-08/Ocean-Grove-BW.png>
<http://tidbits.com/resources/2014-08/Ocean-Grove-aged.png>

   私は、こうやりたいと思っている結果を出すのはやはり難しいと思い知らされて
   いる;色々な効果を生み出すには、スライダーと層とマスクをどう使い合わせて
   いくのかを理解するための試行錯誤を要するようである。

   私が次の Rudy Burckhardt になれるとは思っていないが、それでも、Tonality
   を使って実験していくうちに、どう見ても平凡なものから始まったが、素晴らし
   く見える (いずれにしろ、自分の目にはだが、大事なのはそれである) 画像を作
   り出せるまでになっている。私は、これを使い続けるつもりで、オプションを探
   索し、そして私の白黒写真全部にこれを、カラー写真には Lightroom と
   Photoshop を使いたいと思っている。

   [Caroline Green は IvanExpert におけるパートナーで、同社は New York
   City における家庭ユーザーや小企業向けの Mac コンサルティングとサポートを
   提供している。]

<http://www.ivanexpert.com/>


   ----
   コメントリンク: <http://tidbits.com/e/14960#comments>
   Twitter リンク: <http://tidbits.com/t/14960>


BitLit で、印刷本を電子本にアップグレードする
---------------------------------------------
     文: Michael E. Cohen: <mcohen @ tidbits.com>, @lymond
     原文記事: <http://tidbits.com/e/14938>
     訳: 亀岡孝仁 <takkameoka @ kif.biglobe.ne.jp>

   BitLit は、出版社 HarperCollins と共に試験的なプログラムを発表した。これ
   は、HarperCollins の本の中で選ばれたタイトルの紙版の所有者は、そのタイト
   ルの低価格電子本バージョンを購入出来るというものである。電子本の値段は、
   $1.99 から $2.99 の範囲である。最初 6 冊の HarperCollins タイトルしか提
   供されないが、このプログラムには順次、最初は週に一冊の割合で、新しい本が
   追加されるという。

<http://www.bitlit.com/>
<http://www.bitlit.com/blog/bitlit-signs-harpercollins-to-ebook-bundling-pilot/>

   明らかに、これは極めて小さい試験プログラムではあるが、興味をかき立てられ
   る。HarperCollins は、"Big Five" 出版社 (Penguin Random House,
   Macmillan, Hachette, そして Simon & Schuster を含むグループ) の中では、
   BitLit が "電子本バンドリング" と呼ぶプログラムへの参加を表明した最初の
   会社となった - これは実際の所、電子本アップグレードプログラムである。

   Big Five は、一般的に、電子本販売店や定期購読サービスと関わり合うことに
   は用心深くしてきた:例えば、HarperCollins と Simon & Schuster は、
   Oyster 及び Scribd 定期購読サービスと提携してはいるが、対象は彼らの既刊
   書リストにあるものに限定される。更に、現時点では、この 5 社からは
   Amazon の新しい定期購読ベースの Kindle Unlimited プログラムに誰も参加し
   ていない (この話題に関する更なる詳細については "FunBITS: Kindle
   Unlimited にはかなり限界あり" 1 August 2014 参照)。

<http://www.infodocket.com/2014/05/21/ebook-subscription-services-oyster-and-scribd-add-10000-titles-from-simon-schuster/>
<http://www.npr.org/blogs/thetwo-way/2014/07/21/333549534/book-news-big-5-publishers-absent-from-amazon-s-new-e-book-service>
<http://tidbits.com/article/14957>
   (日本語)<http://jp.tidbits.com/TidBITS-jp-1234.html#lnk5>
   "FunBITS: Kindle Unlimited にはかなり限界あり"

   いずれにしても、BitLit は、定期購読サービスとは一線を画す珍しい考え方を
   提供している:月極め料金を払う代わりに読み放題の本のビュフェを提供するの
   ではなく、BitLit は、紙の形で既に持っている本の電子コピーを欲しいという
   人達を狙いとしている。そして、Amazon が BitLit のものと似たプログラム、
   Kindle MatchBook と呼ばれる、を作り出したのは本当だが、MatchBook は、顧
   客が Amazon 経由で購入した紙本にしか適用されない。Kindle Matchbook は、
   ひょっとすると、実際の本をギフトとして買う時に一番魅力を発揮するのかもし
   れない;電子本は自分用に取っておける!

<http://gigaom.com/2013/10/29/amazon-rolls-out-kindle-matchbook-about-75k-print-books-bundled-with-discounted-ebooks/>

   Kindle MatchBook とは違い、読者は所有している紙の本のデジタル版を、その
   本を元々何処で、何時買ったかに関係なく、手にすることが出来る。BitLit プ
   ログラムの仕組みはこうである:手持ちの紙本の版権の頁に手書きで自分の名前
   を書き、それからその頁の写真をスマートフォン上の BitLit アプリを使って撮
   る (iOS 及び Android に対応)。BitLit があなたの紙本を確認すれば、あなた
   はその電子本に対するダウンロードリンク付きのメールを受領する。

<https://itunes.apple.com/us/app/bitlit/id810423016?mt=8>
<https://play.google.com/store/apps/details?id=com.bitlit.android>

   BitLit は (そして程度は軽くなるにしても Kindle MatchBook も)、重要な疑問
   を提起する:何故もう既に持っている本を買いたいと思うか? この市場には努
   力するに値するだけの大きさがあるか?

   この狙いの市場のらしそうな構成員として、私は興味をそそられている。私は紙
   本が好きだが、電子本の方もまた好きである。そして、私がもう既に紙として持
   っている多くのタイトルの電子バージョンを欲しがっている自分を想像出来る
   - 何を隠そう、もう既に両方持っている本は結構な数にのぼる! 時として、一
   つの本のシリーズを半分は紙で、半分はデジタルでいう組み合わせで持つことも
   ある。しかし、シリーズ全部を紙で持っているものに対して、これ迄にこれをや
   ったことはない。もしあまり金をかけずに私のデジタルコレクションにもう既に
   紙で持っている他のシリーズも加えられるなら、この愛書家の小さいが本当のか
   ゆみを掻いてくれることになるであろう。また、あまり数は多くないが、いつも
   使うので表紙が破れそうになっている紙本の電子本コピーが持てたら、とても嬉
   しいであろう。

   電子本アップグレードという考えは出版者にとってもある程度意味をなす:同じ
   本を同じ顧客に二回売る機会というのは、元々の定価の何分の一ではあっても、
   説得力がある。しかし、全ては私のような人間が十分いて市場がただのちっぽけ
   なニッチ以上のものになれるのか、ただの思いつきの市場に終わってしまうのか
   にかかっている。自分の考えを言えば、電子本アップグレードが成功するために
   は、出版社の既刊書リストの奥深くまで入り込み、そして広範囲なタイトルをカ
   バーしなければと思うが、私にはそれが商売として成り立つのかどうかの見当は
   付かない。

   まだ始まったばかりである。BitLit の電子本アップグレードという概念は興味
   をそそるものであり、そして私の様な人間にとっては、Kindle Unlimited の様
   な "誰も名前を聞いたことがない人の本読み放題" の本定期購読サービスよりも
   ずっと魅力的である。この様な概念が成功するであろうか? HarperCollins と
   の BitLit 実験が現在提供しているほんの少々のタイトルから、目を見張るよう
   な発展を遂げられるかどうかで判断出来るのかもしれない。


   ----
   コメントリンク: <http://tidbits.com/e/14938#comments>
   Twitter リンク: <http://tidbits.com/t/14938>


Amazon 対 Hachette 論争のもつれを解く
-------------------------------------
     文: Glenn Fleishman: <glenn @ tidbits.com>, @glennf
     原文記事: <http://tidbits.com/e/14983>
     訳: Mark Nagata <nagata @ kurims.kyoto-u.ac.jp>

   George Orwell を誤解した者には、文学地獄の中に特別の席が用意されている
   という。Amazon も、まさにそのような者となった。(理由はすぐ後で説明し
   よう。)土曜日の米国東部時間 1:30 AM に、Amazon は同社の Kindle Direct
   Publishing (KDP) プログラムに登録されている著者たちに "Important Kindle
   request" という件名で電子メールを送付した。その内容はアカウントの問題
   に関係したものなどでなく、それは Amazon の Hachette との間の論争につい
   て詳しく述べ、KDP 参加者たちに対して奇怪な行動を呼びかける書状であった。
   Amazon はまた、専用の readersunited.com サイト上に同じ書状を出版した。

<https://kdp.amazon.com/>
<http://readersunited.com/>

   これは Hachette との論争のほんの最新の攻撃の一手に過ぎないが、今回の書
   状は Amazon と、アメリカ出版業界の「ビッグ5」との間のより大きな戦いの
   一部だ。Hachette Book Group は「ビッグ5」の中で最も小さいかもしれない
   が、はるかに大きな国際的複合企業 Lagardere の一部門でもある。2012 年に、
   Hachette とその他の大手の出版社各社は、これら出版社が 2010 年に Apple
   と共謀して電子ブックの価格を吊り上げたとして訴訟を起こした司法省との間
   で和解した。(詳しくは 2013 年 7 月 10 日の記事“Apple の電子ブック価
   格操作訴訟を解説”参照。)Apple はこの訴訟で敗訴したが、控訴をしようと
   しており、控訴の結果が出るまでの間は条件付きの 4 億 5 千万ドルの和解金
   を支払うことで同意した。

<http://tidbits.com/article/13912>
   (日本語)<http://jp.tidbits.com/TidBITS-jp-1182.html#lnk3>
   "Apple の電子ブック価格操作訴訟を解説"
<http://www.reuters.com/article/2014/07/16/us-apple-ebooks-settlement-idUSKBN0FL22P20140716>

   Hachette の Amazon との契約が、どうやら初めて更新の期日を迎えようとし
   ていたらしい。その次に来るのが Simon & Schuster と HarperCollins だ。
   (だから、それら二つの会社が現在 Hachette が立つ窮地にやって来るにつれ
   て、きっと似たようなニュースがまた届くに違いない。)2014 年 5 月に、交
   渉における Hachette への圧力を増そうとでもいうのだろうか、Amazon は予
   約注文ボタンを Hachette の本から取り除き、Hachette の本では値引き販売
   をなくし、Hachette の本の購入者への出荷を遅らせた。Amazon はほぼ同時期
   に数週間にわたって Warner Brothers DVD に対しても同様のことをしたし、
   数日前には Disney 映画の物理的バージョンで事前予約を取り除いた。また
   Amazon はドイツでも Bonnier Media に対して同種の措置を実行した。ドイツ
   においては反トラスト法がより強力で、より厳しく執行されているというのに。

<http://www.amazon.com/forum/kindle?_encoding=UTF8&cdForum=Fx1D7SY3BVSESG&cdThread=Tx1UO5T446WM5YY>
<http://www.nytimes.com/2014/06/25/business/international/amazon-accused-in-Germany-of-antitrust-violation.html>

   なぜ Amazon と Hachette が対立しているかの詳しい理由は依然として明らか
   になっていないが、見たところ主たる不一致点は(少なくとも消息通からの情
   報や双方の会社が出した公式声明から判断する限り)Amazon がすべての電子
   ブックの価格が $9.99 を超えないようにしつつ利益を得たいと望んでいるの
   に対して Hachette が抵抗しているということらしい。Hachette が合意した
   反トラスト同意の段階に従えば、Amazon は二年間だけ自由な小売価格を設定
   できた。けれどもその期間は既に終わったので、Hachette は現在電子ブック
   の小売価格を設定したがっていて、その小売価格から一定の割合を Amazon に
   提供しようとしている。要するに、Hachette は代理店モデルを使おうとして
   いる。代理店モデルにおいては、出版社に価格の制御権が与えられる。他方、
   Amazon は卸売りモデルを維持したがっている。卸売りモデルにおいては小売
   業者が一定の卸売り価格を出版社に支払い、自分の好きなように小売価格を設
   定できる。多くの場合、代理店モデルの方が、書籍販売者により多くの利益を
   もたらす。

   もう一つ、背景となるのが最近 New York Times の日曜版に載った公開書簡だ。
   900 人以上の著者たちが署名し、その多くは Hachette のために執筆したこと
   すらない人々で、報道によれば著者たちの中の最も裕福な人たちが掲載料金を
   支払ったというが、この書簡は Amazon が売り上げに干渉することで著者たち
   の利益を侵害していると批判した。書簡のテキストは、また別の専用のウェブ
   サイト authorsunited.com で読める。

<http://www.nytimes.com/2014/08/08/business/media/plot-thickens-as-900-writers-battle-amazon.html>
<http://authorsunited.net/>

   Amazon の書状はまず誤って出版の歴史を述べるところから始まる。いわく、
   安価なペーパーバック本が初めて登場した時に出版社各社はそれを拒絶し対抗
   して争ったと述べて、そのペーパーバック本と電子ブック版とを結び付けよう
   としている。けれども実際は、当初ペーパーバック本は無視されたままだった
   が、馬鹿馬鹿しいほどに成功を収めたため、その後大会社が新規の販路(つま
   り書店以外)に収入源を拡大し新たな顧客層を得ようとして参入を始めたとい
   うのが事実だ。ペーパーバック本は当時も今も、出版物市場における多様化の
   一面であり、Amazon はそのことをよく知っているはずだ。何しろ、Amazon は
   印刷本も販売しているのだから。(Huffington Post がその時代の説明の優れ
   た要約を記している。)

<http://www.huffingtonpost.com/sean-carman/amazon-unhinged_b_5666664.html>

   Amazon の書状には、次のような奇妙な記述がある:

     有名な作家の George Orwell はペーパーバックのフォーマットについて
     次のように広言した。「もしも出版社が多少なりとも常識を持っていたな
     ら、彼らはお互いに力を合わせてペーパーバックを抑えようとするだろう」
     と。その通り、George Orwell は共謀を提案していた。

   書状の名目上の署名者たる Amazon Books Team は、頭がおかしくなったので
   はないかと思われてもしかたがない。実際に起こったことは何かといえば、
   Orwell はペーパーバック本が大好きであって、彼なりの皮肉と誇張を込めた
   言い方で(いずれにしても実現はあり得ない)共謀を提案していたのであり、
   それに続けてペーパーバック本の価格の安さは著者、書店、出版社すべてが機
   能するための経済的基盤を破壊しかねないと述べていた。

   この公開書状は以前から Amazon が持っていた経済的主張を増幅させ要約した
   文章を含んでいて、(電子メールでは) KDP の著者たちに、(ウェブサイトでは)
   一般の読者たちに、Hachette の代表者にあてて苦情を送るべきだという奇怪
   な勧めをしている。そして、苦情の中では Hachette による共謀を非難すべき
   だとか、その他ちょっと調子の狂った要求を羅列している。ひょっとするとこ
   れは、著者たちが新聞に載せた公開書簡の中に Jeff Bezos あてに電子メール
   を直接送るべきだと書かれていたのが理由かもしれない。かんしゃくを起こし
   てしまったということかもしれない。

   問題なのは、今回も、また以前の同様の行動においても、Amazon が数字を誤っ
   て述べ、読む人を誤った方向へ導こうとしていることだ。二週間前、これと同
   じ Amazon Books Team が Kindle フォーラムに投稿して、$9.99 という本の
   価格の方が $14.99 という価格よりも筋が通っているという理屈を認めさせよ
   うと試み、同じ電子ブックで安い価格ならば 1.74 倍の部数が売れると主張し
   た。Amazon は数多くのタイトルについて分析をした結果だと主張したが、そ
   れはほとんど意味を成さない。なぜなら、Amazon は _どんな_ 本であっても
   価格が安いというだけの理由で自動的に売れるのではないという事実を知る立
   場にいるからだ。多くの _個々の_ 本でそのような変化を示すものはあるだろ
   うが、それをテストするために Amazon は異なる価格を異なる顧客に呈示し、
   一定期間ごとに価格を変更するなどを実行しなければならない。どの二つの本
   をとっても全く同じものはなく、従って彼らのテストでは同じ本を用いて異な
   る価格を設定して比較するしかない。それをすれば何らの大まかな情報は得ら
   れるだろうが、それがすべての場合に適用できる訳でもない。

<http://www.amazon.com/forum/kindle/ref=cm_cd_tfp_ef_tft_tp?_encoding=UTF8&cdForum=Fx1D7SY3BVSESG&cdThread=Tx3J0JKSSUIRCMT>

   さらに広範に言えば、Amazon の誤った反応は出版界の実情のほとんどを無視
   している。問題となる出版社も、また大多数の出版社も、電子ブック版を発行
   するのと並行して印刷本の出版も続けている。Take Control シリーズを出版
   している TidBITS Publishing は、電子版のみで本を出版している(小説、ノ
   ンフィクション、教科書、その他を含めても)比較的少数の出版社の一つだ。

   その結果として、出版社は複数のメディアにまたがる制作費用に取り組まざる
   を得ない。電子ブックは、印刷本を制作したからといって魔法のように無料で
   出来上がるものではないのだ。(私も、他の多くの Take Control 著者たちも、
   これを直接経験している。)その上、一冊の本からあがる収益の可能性を、そ
   れを出版するさまざまのフォーマットごとに振り分けなければならない。ハー
   ドカバー版のみを制作する従来型の出版社が電子ブックの当初価格を高く保ち
   たい(ハードカバー本に比較すれば安いけれども)と思うのは、ハードカバー
   売り上げの採算の採れる利鞘を損ないたくないからだ。ハードカバーの売り上
   げが衰退気味になれば、その後で出版社はたいていペーパーバック版を制作し、
   それと合わせて電子ブックの価格を下げ、たいていは $10 以下にする。当初
   価格がそれより上だったならばの話だが。時間の経過とともに、同じタイトル
   の電子ブックの価格は需要の低下に沿って下がって行くものだ。

   SF作家の John Scalzi は、自らの数多くのタイトルにわたって直接経験し
   たことを記している。彼の本はハードカバー、ペーパーバック、電子ブックの
   各バージョンで出版されたが、彼は Amazon が主張するような $14.99 とか
   $19.99 とかいった電子ブックの価格は出版社の要求によるものであり実際に
   は稀だと述べている。

<http://whatever.scalzi.com/2014/08/09/amazon-gets-increasingly-nervous/>

   出版社の側も幸せで明るい話ばかりではない。大手どころは金の流れを追いつ
   つ、多かれ少なかれ成功をおさめている。けれどもここで極めて大きな事実は、
   _大多数の_ 出版社の _大多数の_ 本が、諸経費や制作費用、著者への印税な
   どを差し引けばほんの僅かな収益しか生まないということだ。赤字を生んでい
   る本もたくさんあるが、あまり多くないことを願いたい。そうでなければ出版
   社は消滅することになるからだ。重要なのは、シーズンごとにほんの少数の本
   が大当たりとなって、いつまでも変わらず売れ続けるタイトルが前年の損失を
   埋め合わせてくれるのと合わせれば、それが会社の収益の大部分を占めるとい
   うことだ。「ビッグ5」の出版社たちを哀れむ必要などないけれども、この市
   場はトップの会社でさえ決してバラ色だけではない。

   Hachette の CEO は、Amazon の勧めに従って手紙をよこした人たちに返事を
   送ったが、彼の返事に記された詳細情報の方が公に観察できる事柄、また私た
   ち出版界にいる者が正しいと知っている事柄により良く合致している。彼は他
   にもいろいろのことを述べているが、Hachette タイトルの 80 パーセントが
   $9.99 またはそれ以下の価格で、それを超える値段の本の大多数が $11.99 か
   12.99 であること、さらに印刷本との価格差はおよそ $2 か $3 だということ
   を述べている。この最後の点にはちょっと安心を覚える。実際の価格差をはっ
   きりと認めることによって、彼は同時に双方のフォーマットと時間とを横断す
   る価格決定の経済状況を明かしているからだ。

<http://observationdeck.io9.com/update-hachette-ceo-responds-amazon-cuts-off-disney-1619143229>

   だから、本当の問題は一般論としての価格にあるのではなく、むしろタイミン
   グにある。より正確に言えば、Amazon が即座に課金したいと願う価格を市場
   が反映するのを読者たちは待つ必要がない、というのが Amazon が提議してい
   る内容のように見える。これに対して Hachette が言っているのは、価格は需
   要によって決まるということだ。(そしてそれは真実だ。)人によっては、本
   が早く手に入るならばもっと高い値段を払ってもよいと思うこともあるだろう。
   読者たちは、ハードカバー本の 40 から 60 パーセントの価格のペーパーバッ
   ク本がいずれは登場することを知っているし、中古品の本も新刊のハードカバー
   本の 5 から 20 パーセントの価格で (そう、ずばり Amazon に) 出回ること
   を知っている。それでも人々が高価なハードカバー版をあえて買おうとするの
   は今すぐ最新かつ最高のものを読みたいからだ。それこそが、わが友人たちよ、
   市場というものではないか。出版者はペニシリンを北極に配達しようとしてい
   る訳ではないし、買い手の方も行動に制御の利かないヘロイン中毒者ではない。

   Amazon はこれらすべてを本の買い手の側に有利なように単純化し「$9.99 の
   電子ブックは高い価格のものより安価だ」というレッテルを付けたがっている。
   Amazon はまた、出版社が収益のもっと大きな割合を著者に与えようとせず著
   者を欺いていると示唆することで著者たちの友人だと見せ掛けようとしている。
   (そのことは事実かもしれないが、さきほども述べたように収益を生んでいる
   本は一部に過ぎず、しっかりとした売り上げを生んでいる比較的よく知られた
   著者たちは Amazon がすべての著者が受け取るべきと主張している程度の取り
   分を既に受け取っている。より妥当な言い方に置き換えれば、大多数の出版社
   は _非効率的_ であって、もっと効率的なお金の使い方をすれば売り上げも上
   がり著者たちがより多くの取り分を得られるのかもしれない。)

   私たちは、価格が安ければ大喝采して受け入れるべきではないのか? 結局の
   ところ、消費者としての私たちは、交換可能なあらゆる品物に対して可能な最
   も安い価格を支払うべきではないのか? すべての電子ブックは厳密に同一の
   デジタルコピーなので、違いは価格のみとなる。しかしながら、多くの本につ
   いて Amazon は実際には価格を下げることにはならず、私たちの知る限り、従
   来もっと安かった本についてもすべて $9.99 を新しい価格目標としようとし
   ているように見える。既に圧倒的な市場シェアを持っている会社の要求に応え
   てその会社により多くの制御の力を与え、さらにその市場シェアをもっと高め
   させようとするのは、その会社を _買い手独占_ (その会社が市場の中で唯一
   ないし主要な買い手となること) かつ独占販売の立場に立たせるための大きな
   力となる。歴史的に見て、それが消費者の利益になるとは思えない。

   Amazon は依然として Amazon のことしか考えていない。それは、ほとんどの
   ビジネスが携わっている再帰的挙動だ。問題は、市場として、電子ブックが
   Kindle が導入されたお陰で軌道に乗ることができたこと、従って Amazon が
   市場の多くのシェアを握っていることだ。しかし、収益に占める割合という意
   味において電子ブックは急激にその勢いをなくした。おそらくそれは Amazon
   が予測したよりずっと急激な現象だったろう。

   電子ブックは、その昔は本の売り上げの中の取るに足りない一部分であった。
   けれども 2013 年には、およそ 150 億ドルというアメリカの大人の消費者向
   けの本(小説とノンフィクション)の売り上げの中でおよそ 27 パーセントを
   占めるに至った。すべてのカテゴリーで通算すれば、米国書籍業界の総売上げ
   は 2013 年におよそ 270 億ドルだ。子供向けの本の売り上げの中の割合で言
   えば、電子ブックのシェアは実際低下した。これは 2012 年に Hunger Games
   本が出た一方で、2013 年にはそれに匹敵する大ヒットがなかったからだ。

<http://www.publishersweekly.com/pw/by-topic/industry-news/financial-reporting/article/61667-book-sales-rose-1-in-2013.html>

   電子ブックは現在何十億ドルもの売り上げを記録している一方で、成長が停滞
   しているということはつまり大多数の本の収益が依然として印刷本にあること
   を意味している。それは、大衆市場の印刷本を大幅に値引き販売して薄利多売
   を押し進めている Amazon にとっては良くないことだ。Amazon はその一つの
   戦略として、Kindle 電子ブックの販売へとさらなる移行を進めて(主として
   デジタル著作権管理 (DRM) を使って読者を同社の Kindle エコシステムに囲
   い込みつつ)利益の増加に結び付け、残存している従来型の書店から収益と利
   潤を盗み取ることに賭けている。

   この、20 年の歴史を通じて追い求め続け投資家たちもつい最近に至るまでは
   喜んで賛同してきた、利潤を犠牲にし成長を取ろうとする戦略で、Amazon は
   既に多くの問題に遭遇しつつある。前四半期に Amazon は 1 億 2 千 7 百万
   ドルの損失を出し、現四半期には 8 億ドルの損失が見込まれている。好意的
   に見て利益が出たと思えるような時期もごく散発的にしかなかった。でも、い
   つまでも新興企業ではいられない。Amazon のビジネスの問題点と、株式市場
   での低迷(2014 年の初めに $400 以上あった株価は現在 20 パーセント下落
   して $320 ほどになっている)は、出版社各社を勇気づけてより強い立ち位置
   を与える要因ともなる。

<http://www.nytimes.com/2014/07/25/technology/revenue-swells-at-amazon-but-losses-do-too.html>

   出版社各社は、音楽業界の先例に倣うことでより賢明な戦略を追求し、その結
   果として Amazon の力を減らすことができるかもしれない。Apple がデジタル
   楽曲ダウンロードで圧倒的優位に立った時、音楽業界は DRM を除去すること
   によって iTunes の力を破った。これは従来あり得ないと思われてきたことだ
   が、本は(タイプし直したり、OCR を使ったり、あるいは単純に暗号化を破っ
   たりすることで)音楽よりも容易にコピーできる。Amazon はこの争いの渦中
   に飛び込み楽曲を競争力ある価格で売り出した大会社の一つであった。Apple
   はやむなくその価格体系を再構成することとなり、デジタル音楽市場の所有権
   を手放すこととなった。ただ、初期の優勢と、とてつもなく人気の高いハード
   ウェアエコシステムとのお陰で、Apple は依然としてかなり大きな市場シェア
   を持ち続けている。

   電子ブックへの Amazon の支配を破るため、出版社は DRM フリーの EPUB を
   ベストなフォーマットとして求めることができる。そうすれば Kindle で読む
   ことと Amazon から買うこととの接続が取り除かれるからだ。(EPUB を少な
   くとも一部の機種の Kindle で読むことは可能ではあるが、簡単ではない。こ
   れについては 2012 年 4 月 22 日の記事“EPUB、PDF、Mobipocket を Kindle
   Fire にダウンロードする方法”を参照。)Amazon は Kindle をアップデート
   して手軽に EPUB が使えるようにすることもできるだろう。なぜなら、最近数
   年間に同社がリリースしたデバイスが使っている KF8 フォーマットは既に基
   本的に EPUB であるからだ。電子ブックが読める他社のデバイスやアプリは既
   にすべて EPUB に対応しているので、読者たちは Amazon が DRM によって強
   化された Amazon ストアと Kindle エコシステムとの間のリンクから解放され、
   誰から購入してどのデバイスで読むかを自由に選べるようになるだろう。

<http://tidbits.com/article/12921>
   (日本語)<http://jp.tidbits.com/TidBITS-jp-1123.html#lnk5>
   "EPUB、PDF、Mobipocket を Kindle Fire にダウンロードする方法"
<http://www.pigsgourdsandwikis.com/2012/01/kf8-is-nothing-more-than-epub-with-mobi.html>

   どんな電子ブックもどの小売業者からでも買えて、どのデバイスでも読めるよ
   うなモデルに切り替えることで、出版社は今日のような Amazon の監視下から
   離れることができ、Amazon が自らのメッセージを広めるため(そして著者た
   ちをいじめるため)に使っている権力的な説教壇も消え去ることだろう。


   ----
   コメントリンク: <http://tidbits.com/e/14983#comments>
   Twitter リンク: <http://tidbits.com/t/14983>


FunBITS: NPR One は Twitter 世代のための公共ラジオ
---------------------------------------------------
     文: Josh Centers: <josh @ tidbits.com>, @jcenters
     原文記事: <http://tidbits.com/e/14978>
     訳: Mark Nagata <nagata @ kurims.kyoto-u.ac.jp>

   ポッドキャストよりはるか昔から、私はラジオのトーク番組のファンだった。
   でも、(これが冒涜のように聞こえるかもしれないのは承知しているが)私は
   決して National Public Radio (NPR、米国の非営利公共ラジオ放送) のファ
   ンにはなれなかった。のろのろした眠気を催す声(やたら熱狂的な Car Talk
   の連中は例外だが)も、私が _それほどは_ 興味を持てない話題をあまりにも
   長々とした話に仕立てるやり方も、時折ランダムに差し挟まれる芸術家気取り
   の幕あい劇も、それから... zzzZZZZzzzZZZzzzzZZZ.

   あっ、失礼、(つい眠ってしまった)どこまで話したっけ? ああ、そうそう、
   問題は、世界のさまざまの事情に通じていると私が思う人たちがほとんど例外
   なしに情熱的な NPR リスナーであることだ。そこで私は、何度も、何度も、
   くり返し、NPR を聴こうと努力する羽目になる。同じように感じているのは私
   だけではない。2007 年に NPR が出した文書にはこう書かれている。「私たち
   は若い年代のリスナーたちのフォーカスグループで調査した結果、彼らが NPR
   が扱う話題の多くに興味を持っている一方で、番組制作が退屈で古臭いと感じ
   ていることが分かった。」その通り、私は新世紀世代で、やはり皆と同じ考え
   方をしている。

<http://www.poynter.org/latest-news/mediawire/81342/npr-many-young-adults-find-our-programs-boring-staid/>

   では、NPR はどうすれば私のような Nintendo 狂いの若造どもに声を届かせる
   ことができ、私たちが 24 時間放送ニュースチャンネルのセンセーショナルな
   見出しを眺めたり Kardashian 一家の番組から最新のトリビアを仕入れたりせ
   ずに済むようにできるのだろうか? そこで NPR はオンラインラジオサービス
   Pandora からページを一つ拝借し、NPR One を開始した。これは無料のサービ
   スと iPhone 用アプリの組み合わせで、ニュース記事をある程度ランダムに詰
   め合わせて配信してくれる。[訳者注: この記事の内容は米国におけるもの
   です。NPR One は米国以外には提供されていません。]

<http://one.npr.org/>
<https://itunes.apple.com/us/app/npr-one/id874498884?mt=8>

   このアプリ (iOS 7 が必要) を初めて起動すると、短いビデオチュートリアル
   が流れ、次にサインインを Google+、Facebook、または NPR.org アカウント
   を通じてするよう求められる。私は新規のアカウントを作成するほどの忍耐力
   がなかったので、私の iPhone にリンクされている Facebook アカウントを経
   由してログインすることにした。NPR One がデータをどのように使用ないし共
   有するかについては何の説明もなかったが、私は自分のメディア消費の嗜好を
   Mark Zuckerberg のアルゴリズムのなすがままに委ねても別に心配になったり
   しない。

   NPR One は自動的に最も近所にある加盟放送局を識別するので、今いる地方の
   ニュースも取り混ぜて、あなたに興味のある話題に合わせつつプレイリストを
   より良く組み立てられる。それからもちろん、あなたに寄付のお願いもする。
   これは番組の区切りごとに入る広告に混じって出る。

   私が NPR One で一番気に入ったのは、アプリを開いた際に自動的に最近一時
   間以内のニュース速報を流してくれることだ。これで私のテクノロジーあぶく
   の外にある世界の出来事にも、最小限の手間でついていくことができる。しか
   しながら、前回最後まで読まなかった記事を読み返したい場合にはこの機能が
   邪魔になる。すべてのコンテンツはストリーミングされるので、自動車の中で
   聴く場合にはセルラーバンド幅を消費し続けていることを忘れてはならない。

   再生のコントロールはすっきりしていて、Pandora のファンにはお馴染みのも
   ののはずだ。15 秒巻き戻すボタンと、Play/Pause ボタン、それにスキップす
   るボタンがある。また、こする部分に沿って指をドラッグさせれば特定の場所
   へスキップでき、この機能は見事に働いている。バーにタッチすればスクリー
   ン全体に広がるので、厳密な位置取りも簡単にできる。

<http://tidbits.com/resources/2014-08/NPR-One.png>

   もしもその記事があなたの興味を惹かなければ、スキップボタンをタップする
   だけで次の記事に行く。これこそ、NPR One アプリの天才的な面を実感し始め
   るところだ。昔から私たちが新聞で見出しやリード部分に目を通しながら記事
   の主旨に入っていく(記事がそのように書かれているのは私たちが怠惰なこと
   を出版者が知っているからだ)ように、このアプリではオーディオのニュース
   についてそれと同じことができる。

   このスキップボタンも、他の大多数のコントロールも、皆素敵で大きい。あえ
   て言えば少々大き過ぎて困る。知らずにタップしてしまって次の記事に進んで
   しまうことがよくあり、簡単に戻れる方法がないからだ。

   他のいくつかのボタンはあまりにも小さ過ぎて、タップするのにイライラさせ
   られる。例えば "interesting" ボタンがそうだ。(もしもこれが "like" ボ
   タンだったなら、Ebola 流行のニュースでタップするのは妙な具合になる)こ
   のボタンは、あなたが聴きたい記事がどんなものかを NPR One に知らせる。
   それから共有ボタンもあるが、これは初めのうちタップを数回試みてもヒット
   できなかった。

   私が NPR One に大満足のサインを出したいのは、私のお気に入りの Twitter
   クライアント、Tweetbot を経由して共有できるところだ。このアプリはまた
   Google+ 経由の共有もできるし、また iOS 内蔵の Facebook および Twitter
   オプションも使える。

   NPR のアルゴリズム駆動の(従っていくぶんランダム過ぎる)選び方に縛られ
   たくないと思うなら、手動で検索することもできる。どのラジオ番組あるいは
   NPR ポッドキャストを聴きたいかを知っている場合には検索が問題なくできる
   けれども、新たな題材を発見したい場合にはほんの数個の用語を入れただけで
   は大して役に立たない。残念ながら、ディレクトリをブラウズしたりすること
   が一切できないので、結局は既に知っているものを聴くか、または出来合いで
   私のために選ばれたものを聴くか、そのいずれかになる。ブラウズ機能を追加
   すれば、NPR はもっと良くなるだろう。

   でも、ディレクトリがないからといって、それ以外では素晴らしい NPR One
   が損なわれる訳ではない。その開発者たちは、Twitter や Facebook で手早く
   ニュース断片を見るのに慣れたリスナーたちに NPR コンテンツを届ける方法
   を見つけ出してくれた。私にはもはやポッドキャストをゆっくり聴く時間など
   ほとんどないが、絶え間なくニュースが手許に届き、それを一度に数分間ずつ
   聴けるというのは素晴らしい。


   ----
   コメントリンク: <http://tidbits.com/e/14978#comments>
   Twitter リンク: <http://tidbits.com/t/14978>


TidBITS 監視リスト: 注目のアップデート、2014 年 8 月 11 日
-----------------------------------------------------------
     文: TidBITS Staff: <editors @ tidbits.com>
     原文記事: <http://tidbits.com/e/14984>
     訳: Mark Nagata <nagata @ kurims.kyoto-u.ac.jp>

**GraphicConverter 9.3** -- Lemkesoft が GraphicConverter 9.3 をリリース
   し、いくつかの新機能を追加した。この古参のグラフィック変換および編集用
   ユーティリティは今回マウスクリックを記録する機能、キーボードパレット項
   目をテキストファイルとして書き出す機能、ブラウザ拡張のフィルタをフォル
   ダにも適用する機能、それから不可逆の PNG ファイルを書き出す機能に対応
   した。その他の追加機能としては、Lens Correction、Gradient Intensity、
   Edges 効果などがある。GraphicConverter 9.3 ではまたブラウザの速度を改
   善し、マルチクロップがアルファチャンネル対応を追加し、Save for Web ダ
   イアログを改良し、ブラウザ情報枠が最後に選択されたタブを記憶するように
   し、クラッシュが起こる可能性のあったいくつかの事例を修正している。この
   記事を書いている時点では Mac App Store 版がまだバージョン 9.2.1 のまま
   であることに注意されたい。(新規購入 $39.95、無料アップデート、239 MB、
   リリースノート、10.7+)

<http://www.lemkesoft.de/en/products/graphic-converter/>
<https://itunes.apple.com/us/app/graphicconverter-9/id736099092?mt=12>
   (日本語 
)<https://itunes.apple.com/jp/app/graphicconverter-9/id736099092?mt=12>
   "Mac App Store - GraphicConverter 9"
<http://www.lemkesoft.org/files/graphicconverter/notes/1674.html>

   GraphicConverter 9.3 へのコメントリンク:
<http://tidbits.com/article/14982#comments>


**Mactracker 7.3.3** -- Ian Page が Mactracker 7.3.3 をリリースした。最
   近リリースされたモデルの MacBook Pro(2014 年 7 月 29 日の記事“Apple、
   2014 MacBook Pro の CPU と RAM をアップグレードし、値下げ”参照)と、
   21.5 インチ iMac(2014 年 6 月 18 日の記事“Apple、入門レベル iMac を
   $1,099 で”参照)を追加している。この人気の Apple 製品百科事典には最新
   の OS X および iOS リリース、16 GB 構成の iPod touch (第 5 世代)、それ
   に Apple Lisa および Apple Lisa 2 に関する詳細情報も追加された。また、
   Apple の最新改訂の Vintage および Obsolete 製品における Support Status
   も更新している。(Mactracker ウェブサイトからも Mac App Store からも無
   料、34.6 MB、リリースノート)

<http://mactracker.ca/>
<http://tidbits.com/article/14951>
   (日本語)<http://jp.tidbits.com/TidBITS-jp-1234.html#lnk0>
   "Apple、2014 MacBook Pro の CPU と RAM をアップグレードし、値下げ"
<http://tidbits.com/article/14847>
   (日本語)<http://jp.tidbits.com/TidBITS-jp-1228.html#lnk0>
   "Apple、入門レベル iMac を $1,099 で"
<https://itunes.apple.com/us/app/mactracker/id430255202?mt=12>
<http://mactracker.ca/releasenotes-mac.html>

   Mactracker 7.3.3 へのコメントリンク:
<http://tidbits.com/article/14981#comments>


**Airfoil 4.8.8** -- Rogue Amoeba が Airfoil 4.8.8 をリリースした。この
   オーディオ送信ユーティリティへの、小さいけれども重要なアップデートだ。
   今回のリリースでは Apple が Gatekeeper システムに加えたいくつかの変更
   に対処するとともに、(まだリリース前の) OS X 10.9.5 Mavericks やそれ以
   降を走らせている人たちのための互換性を復活させた。さらに、このアップデー
   トでは Source ポップアップメニュー用にバックグラウンドプロセスをフィル
   ター分けする方法を改善し、Text to Speech オーディオをキャプチャする機
   能を復活させ、Airfoil Speakers を使っている際に関係するトラックタイト
   ルを Nicecast に提供するようになった。(新規購入 $25、TidBITS 会員には
   20 パーセント割引、無料アップデート、14.9 MB、リリースノート、10.7+)

<http://rogueamoeba.com/airfoil/mac/>
<http://tidbits.com/member_benefits.html>
<http://www.rogueamoeba.com/airfoil/mac/releasenotes.php>

   Airfoil 4.8.8 へのコメントリンク:
<http://tidbits.com/article/14980#comments>


**iTunes 11.3.1** -- Apple が iTunes 11.3.1 をリリースし、ポッドキャスト
   に関係する二件の修正を施した。今回のアップデートで、購読済みのポッドキャ
   ストで新しいエピソードがアップデートされないバグを解消するとともに、ポッ
   ドキャストのエピソードを List 表示でブラウズ中に iTunes が応答しなくな
   る問題を修正している。iTunes 11.3.1 は Apple の iTunes ウェブページか
   ら直接ダウンロードで、または Software Update 経由で入手できる。(無料、
   229 MB、10.6.8+)

<http://support.apple.com/kb/DL1614>
   (日本語)<http://support.apple.com/kb/DL1614?viewlocale=ja_JP&locale=ja_JP>
   "iTunes 11.3.1"
<http://www.apple.com/itunes/download/>
   (日本語)<http://www.apple.com/jp/itunes/download/>
   "Apple - iTunes - iTunesを今すぐダウンロード"

   iTunes 11.3.1 へのコメントリンク:
<http://tidbits.com/article/14979#comments>


**Carbon Copy Cloner 3.5.6** -- Bombich Software が Carbon Copy Cloner
   3.5.6 をリリースした。このバックアップユーティリティへの、小さなメンテ
   ナンスリリースだ。今回のアップデートでは、バージョン 3.5.5 で導入され
   てしまった Access Control List の壊れた項目の処理に関するバグへの修正
   の実装を改良し、Drobo に関係した問題によりバックアップ作業が中途で終了
   してしまったのを修正し、Synology NAS ファイル共有サーバが Synology 独
   自仕様の拡張アトリビュートを提供できなかったことによるエラーのフィルター
   分けを改善し、所有権が無効とされたソースボリュームを直接起動ディスクに
   コピーすることができないようにし、遠隔の Macintosh への接続が落ちたこ
   との探知を実際に改善できなかった構成上の変更を取りやめている。(新規購
   入 $39.95、無料アップデート、10.8 MB、リリースノート、10.6+)

<http://www.bombich.com/>
<http://www.bombich.com/software/updates/ccc-3.5.5_a.html>

   Carbon Copy Cloner 3.5.6 へのコメントリンク:
<http://tidbits.com/article/14977#comments>


**Hider 2.1** -- MacPaw が Hider アプリのバージョン 2.1 をリリースした。
   Mac 上にあるプライベートなデータを隠して暗号化するアプリだ。(Nick
   Mediati のレビュー記事“Hider 2、一般大衆向けにファイルのプライバシー
   を約束”(2014 年 5 月 8 日) 参照。)今回のアップデートではヴォールトの
   データベースを再構成することにより予想外の中断をより良く処理できるよう
   になるとともに、隠されたファイルの跡が回復不能となるように高度なセキュ
   ア消去オプションを追加している。Hider 2.1 ではまた、ドライブ上の主たる
   ヴォールト位置をカスタマイズして選ぶことができるようになり、外付けドラ
   イブでのワークフローを改善し、ユーザーインターフェイスの状況保持を追加
   し、FAT および ExFAT 外付けドライブとの互換性を改善し、Hider メニュー
   バーアイコンにドラッグ&ドロップ対応を追加している。無料の 15 日間試用
   版が MacPaw ウェブサイトから入手でき、Hider 2.1 は Mac App Store から
   入手できる。(新規購入 $19.99、無料アップデート、5.7 MB、リリースノート、
   10.8+)

<http://macpaw.com/hider>
<http://tidbits.com/article/14740>
   (日本語)<http://jp.tidbits.com/TidBITS-jp-1223.html#lnk3>
   "Hider 2、一般大衆向けにファイルのプライバシーを約束"
<https://itunes.apple.com/us/app/hider-2-data-encryption-made/id780544053?mt=12>
<http://macpaw.com/hider/release-notes>

   Hider 2.1 へのコメントリンク:
<http://tidbits.com/article/14976#comments>


**DEVONthink/DEVONnote 2.7.7** -- DEVONtechnologies が DEVONthink の三つ
   の版 (Personal、Pro および Pro Office) すべてと DEVONnote をバージョン
   2.7.7 にアップデートして、Apple の新しい Swift プログラミング言語から
   のソースコードファイルを認識できるようにした。(Swift について詳しくは
   Michael Cohen の記事“Swift: Apple の新しいプログラミング言語は誰のた
   めか?”(2014 年 6 月 12 日) 参照。)書類・情報マネージャ DEVONthink
   の三つの版いずれも、ファイルの読み込みと索引付けの速度と信頼性を改善し、
   読み込んだ書類でより多くのメタデータを保持するようにし、(OS X 10.9
   Mavericks が走っていれば) Save パネルにあらかじめタグを埋め入れておく
   ようにし、スクロール位置や挿入マークの位置、および選択範囲が表示の切り
   替え後も保たれるようにし、新規にフォーマットしたメモや Evernote から読
   み込んだメモで画像を拡大・縮小するようにし、詳細は明かされていないが公
   開ベータ版の Yosemite での問題点を回避している。今回からすべての版の
   DEVONthink と DEVONnote はいずれも、DEVONtechnologies ウェブサイトから
   購入したものは最低限 10.7.5 Lion 以上を必要とする。DEVONthink Personal
   または DEVONnote を Mac App Store から購入した場合は 10.8.3 Mountain
   Lion かそれ以降が必要となる。ただし、この記事を書いている時点でこれら
   の Mac App Store 版はいずれもまだバージョン 2.7.7 にはアップデートされ
   ていないであることに注意。(いずれもアップデートは無料。DEVONthink Pro
   Office は新規購入 $149.95、リリースノート。DEVONthink Professional は
   新規購入 $79.95、リリースノート。DEVONthink Personal は新規購入 $49.95、
   リリースノート。DEVONnote は新規購入 $24.95、リリースノート。TidBITS
   会員には DEVONnote もいずれの版の DEVONthink もそれぞれ 25 パーセント
   割引。10.7.5+)

<http://www.devontechnologies.com/products/devonthink/>
<http://www.devontechnologies.com/products/devonnote/>
<http://tidbits.com/article/14812>
   (日本語)<http://jp.tidbits.com/TidBITS-jp-1227.html#lnk4>
   "Swift: Apple の新しいプログラミング言語は誰のためか?"
<https://itunes.apple.com/us/app/devonthink/id427575699?mt=12>
<https://itunes.apple.com/us/app/devonnote/id415465806?mt=12>
<http://www.devontechnologies.com/products/devonthink/devonthink-pro-office/release-notes.html>
<http://www.devontechnologies.com/products/devonthink/devonthink-pro/release-notes.html>
<http://www.devontechnologies.com/products/devonthink/devonthink-personal/release-notes.html>
<http://www.devontechnologies.com/products/devonnote/release-notes.html>
<http://tidbits.com/member_benefits.html>

   DEVONthink/DEVONnote 2.7.7 へのコメントリンク:
<http://tidbits.com/article/14974#comments>


ExtraBITS、2014 年 8 月 11 日
-----------------------------
     文: TidBITS Staff: <editors @ tidbits.com>
     原文記事: <http://tidbits.com/e/14985>
     訳: Mark Nagata <nagata @ kurims.kyoto-u.ac.jp>

   今週の ExtraBITS では、Apple からもうじき出るプログラミング言語 Swift
   をスクリプティングに使う方法を一人のプログラマーが見つけ出し、Walt
   Mossberg がオープンな Wi-Fi ネットワークという Steve Jobs の夢を明かし、
   参加料金の安い(非営利の)iOSDevCamp 2014 が間もなく開催され、当面の間
   The Magazine のバックナンバーが無料で読め、Flappy Bird が復帰を果たし
   つつあり、HarperCollins が印刷本と電子本をバンドル販売する新たな方法を
   探っている。


**Swift をスクリプティング言語として使う** -- プログラマーたちは、自分の
   仕事をするために数種類の言語を学ばなければならない。Apple の世界におい
   ては、Mac や iOS のアプリのコードを書くための Objective-C や、よくある
   タスクを自動化するための AppleScript がそこに含まれるだろう。けれども
   開発者 Filip W は、Apple の新しいプログラミング言語 Swift がアプリ開発
   のためとスクリプティング言語としての双方の目的で使えることを示した。概
   念実証実験として、彼は Xcode を一切使うことなく Swift の中だけで Mac
   の壁紙を変更するスクリプトを開発してみせた。

<http://www.strathweb.com/2014/06/using-swift-general-purpose-scripting-language/>

   コメントリンク: <http://tidbits.com/article/14971#comments>


**Steve Jobs はオープンな Wi-Fi ネットワークを夢見た** -- iPhone をリリー
   スした後、Steve Jobs は Re/code の Walt Mossberg に、AT&T の遅いセルラー
   ネットワークには飽き飽きした、オープンな Wi-Fi アクセスが普及していな
   いことを考えて、ユーザーが手軽に知らない人との間で Wi-Fi ネットワーク
   を安全に共有できるようにする計画を思い付いた、と語った。彼はさらに、ゲ
   ストネットワークをワイヤレスルータの標準機能とするための業界共同体のよ
   うなものを作りたいとさえ言った。この Jobs の不満こそが AirPort ベース
   ステーションのゲストネットワーク機能への着想となったのかもしれないが、
   考えてみればそれは自然な発展の成り行きであったのかもしれない。

<http://recode.net/2014/08/05/its-time-for-shared-open-home-wi-fi/>

   コメントリンク: <http://tidbits.com/article/14972#comments>


**来たるべき iOSDevCamp 2014 は三日間のハッカーソン** -- iOS 開発に興味
   ある人たちのために、非営利の iOSDevCamp 2014 が 2014 年 8 月 22 日から
   カリフォルニア州 San Jose にある eBay オフィスで開催され、登録の締切ま
   でにはまだ時間がある。この三日間のハッカーソンでは HealthKit や HomeKit
   など Apple の来たるべきテクノロジーも、またロボット工学、ビッグデータ、
   代替通貨その他も扱われる。それに、土曜日と日曜日に出されるケータリング
   料理や、土曜日の夜のゲーミングも楽しみだし、また共同研究や人脈作りの機
   会もたっぷりある。たった $100 の登録料を考えれば悪くない!

<http://www.iosdevcamp.org/2014/07/15/iosdevcamp-2014-announcement/>

   コメントリンク: <http://tidbits.com/article/14973#comments>


**無料で The Magazine が読める** -- 私たちスタッフの一員 Glenn Fleishman
   が一般向けに出版している The Magazine が、その iOS 用アプリを改訂して、
   TypeEngine 出版システムを使ったバージョン 2.0 としてリリースされた。こ
   の変更を記念するため、Glenn はこのアプリの最初の 47 号を新しいアプリを
   経由した無料ダウンロードとして開放している。第 48 号以降の新しい号はそ
   れぞれ $1.99 で、または毎月 2 つの号の発行で月額 $1.99 か年額 $19.99
   の購読を通じて読める。ただし 2014 年 8 月 29 日を過ぎればバックナンバー
   もそれぞれ $1.99 となる。

<https://itunes.apple.com/us/app/magazine-for-geeks-like-us./id557744510?mt=8>

   コメントリンク: <http://tidbits.com/article/14970#comments>


**Flappy Bird、Amazon Fire TV 独占で復帰** -- Flappy Bird は iPhone と
   iPad で驚くべき大ヒットとなったが、開発者 Dong Nguyen はその病みつきに
   なり過ぎるゲームプレイがユーザーたちに及ぼす影響を恐れて取り下げてしまっ
   た。けれども今、Flappy Bird は Amazon の Fire TV 専用として戻ってきた。
   (Fire TV がゲーミングデバイスとしてどうかは 2014 年 5 月 13 日の記事
   “Fire を一緒に観よう: Amazon Fire TV 対 Apple TV”参照。)今回 Flappy
   Bird Family という名前で再スタートしたこのゲームはマルチプレイヤー対応
   となり、幽霊など新たな危険も追加している。

<http://www.theverge.com/2014/8/1/5960291/flappy-bird-is-back-but-only-in-amazons-android-app-store>
<http://tidbits.com/article/14739>
   (日本語)<http://jp.tidbits.com/TidBITS-jp-1226.html#lnk3>
   "Fire を一緒に観よう: Amazon Fire TV 対 Apple TV"

   コメントリンク: <http://tidbits.com/article/14969#comments>


**HarperCollins、引き続き電子ブックバンドルの道を模索** -- 書籍出版社の
   「ビッグ5」の一つ、HarperCollins は依然として電子ブックと印刷本のバン
   ドル販売の方法を模索中だ。最近ではメジャーな印刷本配布会社 Ingram と、
   電子ブックを直接読者に提供している会社 BookShout との提携に進出してい
   る。これら三社はプログラムに参加する 11 の独立の書店と契約を結び、それ
   らの書店の店頭で顧客が印刷本を購入すれば同時にアクセスコードも低価格で
   購入でき、顧客がそのアクセスコードを使ってその本に対応する電子ブックを
   直接 BookShout からダウンロードできるようにした。

<http://www.publishersweekly.com/pw/by-topic/digital/content-and-e-books/article/63526-harper-ingram-team-with-bookshout-to-offer-bundling.html>

   コメントリンク: <http://tidbits.com/article/14963#comments>


$$


TidBITS 日本語版では翻訳スタッフを募集しています。マッキントッシュや
インターネットに関する珠玉の情報をあなたの翻訳力でより輝かせましょう。
ご賛同の方は翻訳チーム <hosoka @ ca2.so-net.ne.jp> までご連絡ください。

TidBITS は、タイムリーなニュース、洞察溢れる解説、奥の深いレビューを
Macintosh とインターネット共同体にお届けする無料の週刊ニュースレターで
す。ご友人には自由にご転送ください。できれば購読をお薦めください。

非営利、非商用の出版物、Web サイトは、フルクレジットを明記すれば記事を
転載または記事へのリンクができます。それ以外の場合はお問い合わせ下さ
い。記事が正確であることの保証はありません。告示:書名、製品名および会
社名は、それぞれ該当する権利者の登録商標または権利です。TidBITS ISSN
1090-7017

Copyright 2014 TidBITS: 再使用は Creative Commons ライセンスによります。

お問い合わせ: <editors @ tidbits.com>
TidBITS Web サイト: <http://www.tidbits.com/>
ライセンス条項: <http://www.tidbits.com/terms/>
購読:  <http://sparky.tidbits.com/mailman/listinfo/tidbits-jp>




TidBITS-jp メーリングリストの案内