TidBITS#1364 日本語版

TidBITS Japanese hosoka @ ca2.so-net.ne.jp
2017年 4月 15日 (土) 00:08:12 EDT


TidBITS#1364/10-Apr-2017
========================
   英語版: <http://tidbits.com/issue/1364>
   日本語版: <http://jp.tidbits.com/TidBITS-jp-1364.html>
  
  
  先週、Apple は珍しく自らの失敗を認め、2013 年型 Mac Pro が誤りだったと
  あからさまに述べはしなかったものの、そのモデルの価格を $1000 引き下げ、
  数年以内には新型の Mac Pro を出すと約束した。もしも Verizon があなたの 
  ISP なら注意しよう。同社が間もなく顧客向け電子メールサービスを廃止する
  からだ。Josh Centers が乗り換えの方法をいくつか紹介する。Michael Cohen 
  は購読制度を開始してから一年経った TextExpander を検討し、当初は論争が
  あったものの結局はうまく行っているようだと述べる。Adam Engst は macOS 
  10.12 Sierra の Finder の Go メニューからライブラリフォルダを見えるよ
  うにするために押すべきキーにまつわるミステリーを探る。それから、最新の 
  DealBITS 抽選で Letter Opener for macOS Mail が当たるかもしれない。こ
  れは Windows ユーザーから届いたメールの中にある厄介な winmail.dat ファ
  イルを自動的にデコードするツールだ。今週注目すべきソフトウェアリリース
  は、OmniOutliner Essentials および Pro 5.0.1 だ。

記事:
   DealBITS 抽選: Letter Opener for macOS Mail が当たる
   Apple、円筒形 Mac Pro の価格を $1000 値下げ
   Mac の過失です: Apple、Mac Pro の失敗を認め、さらなる透明性を約束
   Verizon、メールサービスから撤退
   TextExpander の購読制開始から一年経って
   Library の犯人は Shift キーだ!
   TidBITS 監視リスト: 注目のアップデート、2017 年 4 月 10 日
   ExtraBITS、2017 年 4 月 10 日


----------------- 本号の TidBITS のスポンサーは: ------------------

* 読者のみなさん! 今すぐ会員になって TidBITS を応援してみませんか?
  特典はこちら: <http://tidbits.com/member_benefits.html>
  今週は Jean-Francois Denis 氏、Gary Reimer 氏、
  Patrick McGovern 氏と Rob Prout 氏の暖かい支援に感謝!

* TextExpander: Communicate smarter. Accuracy and consistency
 wherever you type. Insert "snippets" of text from a repository of
 boilerplate, emails and other text. Seamless sharing between you
 and your team on Mac, Windows, and iOS <http://smle.us/newte-tb>

* Fujitsu ScanSnap Scanners - Save your business time and money
 with our easy-to-use small ScanSnap Scanner line. Eliminate
 paper piles by scanning documents, business cards, and receipts.

* Create a Squarespace website to launch your next idea.
 Use offer code 'TIDBITS' for 10% off your first purchase.
 Try Squarespace today! <http://bit.ly/2lV8ECl>

---- 皆さんのスポンサーへのサポートが TidBITS への力となります ----


DealBITS 抽選: Letter Opener for macOS Mail が当たる
-----------------------------------------------------
   文: Adam C. Engst: <ace @ tidbits.com>, @adamengst
   原文記事: <http://tidbits.com/e/17165>
   訳: Mark Nagata <nagata @ kurims.kyoto-u.ac.jp>
  
  winmail.dat という言葉を見て、あなたの心は乱れ始めるだろうか? 普段か
  ら Windows ユーザーとの間で電子メールをやり取りしている人なら、とっく
  にこの winmail.dat ファイルにはお馴染みだろう。これは、その電子メール
  コミュニケーションの重要な諸相を含むことができる、電子メールの添付ファ
  イルだ。Windows 用 Outlook が生成した電子メールは、さまざまの理由から 
  winmail.dat 添付ファイルを作成することがある。それは、ただ単にプレイン
  テキストで見えているメッセージの RTF 版を含むためだけのものかもしれな
  い。けれども winmail.dat ファイルには他にも重要な添付物が含まれている
  ことがある。例えば画像、カレンダーの招待、アドレスブックの連絡先データ、
  あるいはネストされたメッセージといったものだ。
  
  この winmail.dat ファイルをデコードするには特別のソフトウェアが必要で、
  そのための最も簡単なやり方が、Creative in Austria の製品 Letter Opener 
  for macOS Mail だ。これをいったんインストールしておけば、macOS の Mail 
  が自動的に winmail.dat ファイルをデコードし、その内容を Mail の内部で
  ネイティブに表示する。ただそれだけの簡単なことだ。
  
<https://www.creativeinaustria.com/letter-opener-for-macos-mail?utm_campaign=dealbits&utm_medium=referral&utm_source=tidbits>
<http://tidbits.com/resources/2017-04/Letter-Opener.png>
  
  要するに、受け取る電子メールの中にしょっちゅう winmail.dat ファイルが
  見えるという人は Letter Opener があると良いということだ。それに該当す
  るならば、賞品となる 5 本の Letter Opener for macOS Mail の一つ (定価 
  $39.99) が当たることを願って、どうぞ 2017 年 4 月 16 日の真夜中までに 
  DealBITS ページで応募して頂きたい。[訳者注: 応募期間は日本時間では 
  4 月 17 日(月曜日)の午後 4 時ごろまでです。]寄せられた情報はすべて 
  TidBITS の包括的プライバシー規約の下で扱われる。
  
<http://tidbits.com/dealbits>
<http://tidbits.com/about/privacy.html>
  (日本語)<http://jp.tidbits.com/privacy-jp.html>
  "TidBITS プライバシー規約"
  
  
  ----
  コメントリンク: <http://tidbits.com/e/17165#comments>
  Twitter リンク: <http://tidbits.com/t/17165>
  
  
Apple、円筒形 Mac Pro の価格を $1000 値下げ
-------------------------------------------
  文: Josh Centers: <josh @ tidbits.com>, @jcenters
  原文記事: <http://tidbits.com/e/17156>
  訳: 亀岡孝仁 <takkameoka @ kif.biglobe.ne.jp>
  
  Apple が約束している新設計の Mac Pro が出るのは早くても 2018 年であるが 
  ("Mac の過失です: Apple、Mac Pro の失敗を認め、さらなる透明性を約束" 4 
  April 2017 参照)、その間、円筒形の Mac Pro を必要とするなら、少々の良
  い知らせがある:Apple は、その構成に手を入れて、より高い性能をより低価
  格で提供する。
  
<http://tidbits.com/article/17155>
  (日本語)<http://jp.tidbits.com/TidBITS-jp-1364.html#lnk2>
  "Mac の過失です: Apple、Mac Pro の失敗を認め、さらなる透明性を約束"
<http://www.apple.com/mac-pro/specs/>
  (日本語)<ttp://www.apple.com/jp/mac-pro/specs/>
  "Mac Pro - 技術仕様 - Apple(日本)"
  
  (これらの変更は "スピードバンプ (高速化)" と呼ばれてきたが、我々の意見
  では、スピードバンプとは、以前にはなかったより高速の CPU の導入を意味
  する。技術仕様を較べてみると、Apple がここでやったこと全ては、既存の構
  成で単に価格を下げただけであることは明らかである。)
  
  $2999 の新しい低価格構成は以前の高性能構成の仕様となったので、$1000 の
  値下げに相当する。変更点は、3.7 GHz quad-core Intel Xeon E5 CPU から 3.5 
  GHz 6-core Xeon E5 へ、そして dual AMD FirePro D300 グラフィックスプロ
  セッサ 2 GB の VRAM から dual AMD FirePro D500 グラフィックスプロセッサ 
  3 GB の VRAM への変更である。
  
  新しい $3999 の高性能構成は 3.5 GHz 6-core Intel Xeon E5 CPU から 3.0 
  GHz 8-core Xeon E5 へと変わった。グラフィックスプロセッサもより高性能
  となり、dual AMD FirePro D500 グラフィックスプロセッサ 3 GB の VRAM が 
  dual AMD FirePro D700 グラフィックスプロセッサ 6 GB の VRAM に入れ替わ
  った。これらは何も新しいオプションではないし、現行の価格から推定すると、
  こちらの構成もやはり $1000 の値下げとなっている。奇妙なことだが、これ
  らは既存のオプションであるという事実にも拘わらず、Apple オンラインスト
  アは、この構成は "現時点では入手不可" と報じている。
  
  両モデル共 16 GB の RAM が標準で、低価格モデルでは 12 GB から増えてい
  る、アップグレードも 32 GB ($400) と 64 GB ($1200) が用意されている。
  ストレージはどちらも 256 GB のフラッシュストレージが標準で、512 GB 
  ($200) か 1 TB ($600) へと増やすことも出来る。究極の性能を求めて、2.7 
  GHz 12-core Xeon E5 CPU ($2000) へとアップグレードする道も残されている。
  飾り立てられた Mac Pro は依然として驚愕の $6999 のままである!
  
  他の仕様変更は無い。目につくものを挙げれば、Mac Pro は依然として 
  Thunderbolt 2 に依存しているので、LG UltraFine 5K Display の様な新しい
  周辺機器に接続することは出来ない。6つの Thunderbolt 2 ポート以外には、
  4つの USB 3.0 ポート、2つの Gigabit Ethernet ポート、そして、1つの 
  HDMI 1.4 ポートの構成は変わっていない。そして、その通り、光学デジタル
  出力付きの 3.5mm ヘッドフォンジャックも残っている。ワイヤレス側では、
  Bluetooth 4.0 と 802.11ac Wi-Fi が搭載されている。
  
  これらの改良では、誰も Mac Pro 列車に飛び乗る人はいないであろうが、近
  いうちに仕事のために追加のユニットを買う必要があるのであれば、同じ金額
  でより高い性能を入手出来る。多くのデスクワークの職業人向けには、27-inch 
  iMac Retina 5K ディスプレイモデルの方がより賢い選択で、ここ TidBITS で
  も殆どの人がこのマシンを現在使っている。
  
  
  ----
  コメントリンク: <http://tidbits.com/e/17156#comments>
  Twitter リンク: <http://tidbits.com/t/17156>
  
  
  
Mac の過失です: Apple、Mac Pro の失敗を認め、さらなる透明性を約束
------------------------------------------------------------------
   文: Adam C. Engst: <ace @ tidbits.com>, @adamengst
   原文記事: <http://tidbits.com/e/17155>
   訳: Mark Nagata <nagata @ kurims.kyoto-u.ac.jp>
  
  前例のない動きだったが、Apple は業界の著名なジャーナリストを五人招いて、
  最高幹部の Phil Schiller、Craig Federighi、それに (Hardware Engineering 
  担当副社長) John Ternus との(公表を前提とした)ミーティングを開催した。
  招待された五人は、Daring Fireball の John Gruber、TechCrunch の Matthew 
  Panzarino、Mashable の Lance Ulanoff、Axios の Ina Fried と、BuzzFeed 
  の John Paczkowski であった。
  
<http://daringfireball.net/2017/04/the_mac_pro_lives>
<https://techcrunch.com/2017/04/04/apple-pushes-the-reset-button-on-the-mac-pro/>
<http://mashable.com/2017/04/04/apple-reveals-mac-pro-imac-plans/>
<https://www.axios.com/apple-to-ditch-the-current-mac-pro-design-but-replacement-wont-arrive--2343465726.html>
<https://www.buzzfeed.com/johnpaczkowski/apple-says-it-is-completely-rethinking-the-mac-pro>
  
  議論の話題は何だったか? それは Mac Pro だ。なぜ Apple が Mac Pro のアッ
  プデートにこれほど長い時間をかけているのか、はたして Apple はプロフェッ
  ショナル市場に力を入れているのか否かが語られた。以下で内容の要約をお伝
  えするが、その前にまず、上記にリンクした五つの記事のうち少なくとも最初
  の二つを、つまり Panzarino と Gruber の記事を読むことをお勧めしたい。
  特にこの二人は、ミーティングで何が語られたかについても、それらの声明が
  何を意味するかについても、見事な技量を発揮して描き出しているからだ。
  
  一言で言えば、Apple はこれまで決してしなかったことをしてみせた。つまり、
  公開前提のミーティングの場に記者たちを呼び集め、現行の Mac Pro の設計
  ミスや失敗点を認めた上で、今年中にはまだ出荷できない新型の pro ディス
  プレイを伴った新しい Mac Pro について予告するとともに、今後は pro ユー
  ザーたちともっと交流する必要があると言明したのだ。
  
  いいえ、これは決してエイプリルフールの冗談などではなかった。
  
  本質的にこれは、私が記事“Apple が Mac を過小評価していることの理解”
  (2016 年 11 月 21 日) の中で今や Apple では iOS プラットフォームのみが
  君臨していると主張したことに対して Apple が反論し、Josh Centers が記事
  “Apple が Airwalk から学ぶことができるもの”(2017 年 2 月 6 日) の中
  で pro 顧客を失えばたちまち転落への道を辿るのではないかと指摘したこと
  に対して Apple が素直にそれを認めたことになる。
  
<http://tidbits.com/article/16914>
  (日本語)<http://jp.tidbits.com/TidBITS-jp-1347.html#lnk4>
  "Apple が Mac を過小評価していることの理解"
<http://tidbits.com/article/17028>
  (日本語)<http://jp.tidbits.com/TidBITS-jp-1355.html#lnk2>
  "Apple が Airwalk から学ぶことができるもの"
  
  Apple にとって Mac が今も重要であることを示すために、Phil Schiller は 
  Mac のユーザー基盤がユーザー数 1 億人に近づきつつあり、250 億ドルのビ
  ジネスとなっていると述べた。それだけでも Fortune 100 リストに載る資格
  のある会社とさえ言えるくらいだ。(語られた統計数字の中には興味深いもの
  もあって、Mac の売上げの 80 パーセントがノートブック機、残りの 20 パー
  セントがデスクトップ機だという。Mac Pro と Mac mini が停滞していること
  を考えれば驚くには当たらない。)
  
  Apple の重役たちはまた、単刀直入に Mac と pro 顧客こそが重要だと述べた。
  Schiller は語った。「Mac には Apple の中で重要な、長く続く未来がありま
  す。Apple は Mac に深い関心を持っており、Mac を推進し投資を続ける強い
  意図を持っております。アップグレードやアップデートの中断期間があったと
  したら、申し訳なく思います。Mac Pro に起こったことについてもそうです。
  私たちはこれを置き換えるべく素晴らしいものをお届けできるつもりです。」
  
  Craig Federighi もそれに同調して述べた。「何度も何度も言っていることで
  すが、Mac は私たちの未来に大きな部分を占めています。Mac に大きな投資も
  しています。」
  
  けれどもこのミーティングの本来の目的は、Apple がこれまで pro ユーザー
  たちに向けて具体的な行動で示すこともなく何の発表もしてこなかったことに
  対する pro ユーザーからの反応に応じることであった。Gruber は、いったい
  どれだけの数の本格的 Mac ユーザーが Mac に対する Apple の全般的姿勢に
  疑問を持ち始めたかを、とりわけプロフェッショナルの Mac ユーザーたちが
  何を必要としているのかを、Apple は認識しているのかと質問し、Schiller 
  から次のような返答を引き出した:
  
    それは筋の通った質問ですし、それだからこそ私たちは今日ここに集まっ
    たのです。つまり、その疑問にお答えすることが他の何よりこのミーティ
    ングの目的です。私たちは、Mac に力を注いでいます。ハードウェアにお
    いてもソフトウェアにおいても、Mac のために素晴らしい才能を揃えてい
    ます。未来のために計画中の素晴らしい製品もありますし、地平線に見え
    る限りにおいて、Mac は Apple がお届けするものの中で中核的構成要素
    です。そこには pro 顧客の皆さんのためのものもあります。
  
  現時点では、Apple には pro ユーザーを安心させるための言葉を届けること
  しかできない。重役たちによれば、完全に新しく設計された Mac Pro と pro 
  ディスプレイは登場予定だが、今年中には登場しないからだ。だから最短でも
  あと八ヵ月間 pro たちを Mac プラットフォームに留めておけるためには、コ
  ミュニケーションこそが不可欠だ。けれどもオープンであることは Apple の
  流儀ではないので、今後もこの会社が詳しい情報を明かしてくれるのかどうか、
  私たちとしても見守って行きたい。
  
  透明性に向けたこの言葉を、明るい兆しだとコミュニティーが受け取ったよう
  に見えることで、Apple は心強く感じたはずだ。私たちが非公式に Twitter 
  上で実施したアンケートの結果によれば、回答者の 75 パーセントはこれが良
  い知らせだと感じ、少な過ぎる、遅過ぎるとは感じなかったという。(次回に
  はもう少しアンケート期間を長く取って、もっと多くの人が投票できるように
  したい。)
  
<https://twitter.com/TidBITS/status/850370896657297409>
  
  今回のミーティングで語られた他の意味ある声明をいくつか挙げておこう:
  
* 現行 Mac Pro の既存の構成が、以前より安い価格で入手できるようになっ
  ている。(2017 年 4 月 4 日の記事“Apple、円筒形 Mac Pro の価格を 
  $1000 値下げ”参照。)
  
<http://tidbits.com/article/17156>
  (日本語)<http://jp.tidbits.com/TidBITS-jp-1364.html#lnk1>
  "Apple、円筒形 Mac Pro の価格を $1000 値下げ"
  
* 新設計の Mac Pro には Microsoft の Surface Studio 風のタッチスクリー
  ンが _含まれない_。Federighi は、Apple の手法による方が iPad Pro が
  より良く Mac と協調できると示唆した。
  
* iMac は今年中に何らかのアップグレードを受ける予定で、pro 市場に特化
  した構成も含んだリリースとなる。
  
* Apple が Mac mini の未来に関して特に語るべきことは何もない。ただし、
  理由として Schiller は Mac mini が「むしろコンシューマ向けと pro 向
  けの一部目的を混合したものになっている」からだと述べた。
  
* Gruber がスクリプティングと自動化の未来について質問すると、Federighi 
  は「システムのスクリプティングと自動化は引き続き非常に重要だと私たち
  は考えています」と答えた。
  
  
  ----
  コメントリンク: <http://tidbits.com/e/17155#comments>
  Twitter リンク: <http://tidbits.com/t/17155>
  
  
Verizon、メールサービスから撤退
-------------------------------
  文: Josh Centers: <josh @ tidbits.com>, @jcenters
  原文記事: <http://tidbits.com/e/17158>
  訳: 亀岡孝仁 <takkameoka @ kif.biglobe.ne.jp>
  
  もしあなたの ISP が Verizon で、そして verizon.net メールアドレスをお
  使いならば、悪い知らせがある:Verizon は、そのメールサービス事業を閉じ
  る予定だと発表した。この動きに影響を受ける TidBITS 及び Take Control 
  読者は 1100 人以上に達する。(Joe Kissell は Verizon の動きによってもた
  らされる数多くの問題について "FlippedBITS: 電子メールアドレス変更にま
  つわる誤解" 4 March 2014 に書いている。)
  
<https://www.verizon.com/Support/Residential/email/migrations.htm>
<http://tidbits.com/article/14554>
  (日本語)<http://jp.tidbits.com/TidBITS-jp-1213.html#lnk5>
  "FlippedBITS: 電子メールアドレス変更にまつわる誤解"
  
  Verizon は閉じる時期については明らかにしていないが、良い知らせとしては、
  あなたの verizon.net メールアドレスは使い続けられるであろうということ
  である。
  
  でも、悪い知らせとなる可能性も秘めている:もし Verizon メールアドレス
  を使い続けるとすると、それは無料の AOL Mail サービスと共に使われなけれ
  ばならない。Verizon は AOL を 2015 年に買収したが、当初はコンテンツを
  手にいれるだけの話と思われていた。しかし、Verizon は他の使い道も考えて
  いたように見える ("Verizon が AOL を買収" 12 May 2015 参照)。こちらの
  特典は、Verizon はあなたのメールアドレス、連絡先、そしてカレンダーを自
  動的に移行してくれるであろうことである。
  
<http://tidbits.com/article/15656>
  (日本語)<http://jp.tidbits.com/TidBITS-jp-1273.html#lnk6>
  "Verizon が AOL を買収"
  
  もし、他のメールホストに乗り換えるのであれば、メールや他のデータを新し
  いアドレスへ移行する期間は閉鎖までとなる。Verizon は、
  webmail.verizon.com にログインすると、"Email service notice" が見られ、
  更なる情報や指示が得られると言っている。Verizon はまた、閉鎖日もそこに
  掲示すると言っている。
  
<http://webmail.verizon.com/>
  
  私がお勧めするのは、verizon.net メールアドレスを AOL Mail に移行してお
  くことで、それを使う積もりがない場合でもお勧めする。こうしておけば、た
  とえプロバイダーを切り替えた場合でも、AOL Mail に落ちこぼれてしまった
  メールをあなたの新しいアドレスに転送させることが出来る。これをやるには
  二つのやり方がある:Techwalla は AOL から転送するやり方を解説している
  し、Houston Chronicle は Gmail の POP3 インポートを利用してメールを AOL 
  から直接ダウンロードする方法を記している。後者のやり方は、大抵の他のプ
  ロバイダーとも使えるはずである。
  
<https://www.techwalla.com/articles/how-to-forward-aol-mail>
<http://smallbusiness.chron.com/create-continuous-forward-aol-gmail-email-45337.html>
  
  もし新しいメールサービスをお探しなら、我々も多少の進言なら出来る。Google 
  の Gmail は自然な選択で、それは TidBITS 出版者 Adam Engst の好みでもあ
  る。Gmail は無料で、革新的な機能も提供しているが、Web インターフェース
  かネイティブの iOS アプリ経由で使うよう意図されている。勿論、Adam の様
  に、Mailplane を使う手もある。これは Gmail Web インターフェースをネイ
  ティブの Mac アプリに包み込んだものである ("禅と Gmail 技術、第四部: 
  Mailplane" 16 March 2011 参照)。もし Gmail に Apple Mail や他の標準の 
  IMAP クライアントからアクセスしようとすると、使っていて予測のつかない
  経験をするかもしれない。これは、Google が Gmail の IMAP サポートを後に
  なって追加したからである。
  
<http://mailplaneapp.com/>
<http://tidbits.com/article/12039>
  (日本語)<http://jp.tidbits.com/TidBITS-jp-1073.html#lnk2>
  "禅と Gmail 技術、第四部: Mailplane"
  
  Apple の iCloud メールももう一つの自然な選択であるが、Gmail 程機能豊富
  なわけではない。加えて、iCloud に溜めておくメールが、無料で得られる 5 GB 
  のストレージ容量を超えると、Apple にお金を払ってそれを増やす必要が出て
  くる。しかしながら、iCloud メールは、Apple 機器との統合の観点からする
  と他に肩を並べるものはないし、他のプラットフォーム上でも使える。我々自
  身の Michael Cohen はこれを彼の主メールアカウントとして iTools の時代
  から使っている。
  
  他の数人の TidBITS 寄稿者と私が使っているのは FastMail で、これは有料
  サービスではあるが、Apple Mail との相性も良く、顧客サービスは秀悦で、
  それに自分固有のドメイン名も使わせてくれる。FastMail は、私の知る限り、
  iOS 上で IMAP プッシュメールを提供する唯一の non-Apple メールプロバイ
  ダーである。FastMail のスパムフィルタリングは Gmail のもの程良くないが、
  C-Command Software の SpamSieve は素晴らしい仕事をするという。(SpamSieve 
  に対しては、TidBITS 会員には 20% の割引が適用される。)
  
<https://www.fastmail.com/>
<https://c-command.com/spamsieve/>
<https://tidbits.com/member_benefits.html>
  
  メール移行につきものの苦労は、既存のメッセージを古いアカウントから新し
  いものへと移す作業である。Gmail と FastMail の両方共、このやり方の手順
  を提供している。Apple Mail を使って、一つの IMAP アカウントの一つのメ
  ールボックスから他の IMAP アカウント内の別のメールボックスへとメッセー
  ジを手動でコピーする方法で転送することも出来る。我々の経験からすると、
  この様な転送は通常比較的少数のメッセージの場合は上手くいくが、この様な
  方法で完全な移行を試みるには、山ほどの世話と、再起動と、そして確認作業
  を覚悟しなければならない。
  
<https://support.google.com/mail/answer/21289?co=GENIE.Platform%3DDesktop&hl=en>
<https://www.fastmail.com/help/account/migratetofastmail.html>
  
  メールは複雑な話題であるので、もし将来の記事で我々にもっと掘り下げて扱
  って欲しい質問をお持ちなら、コメントを通じて知らせて欲しい!
  
  
  ----
  コメントリンク: <http://tidbits.com/e/17158#comments>
  Twitter リンク: <http://tidbits.com/t/17158>
  
  
TextExpander の購読制開始から一年経って
---------------------------------------
   文: Michael E. Cohen: <mcohen @ tidbits.com>, @lymond
   原文記事: <http://tidbits.com/e/17157>
   訳: Mark Nagata <nagata @ kurims.kyoto-u.ac.jp>
  
  この記事を書いている今日で、Smile が Mac 用 TextExpander 6 と iPhone 
  および iPad 用 TextExpander 4 とを導入しつつこれらの新バージョンは無料
  で入手できるが textexpander.com での有料購読が必要だという爆弾発表をし
  てからちょうど一年目となる。(2016 年 4 月 6 日の記事“TextExpander 6 
  Adds Teams and Subscription Billing”参照。)このように購読を強制する
  モデルは多くのユーザーからの非難の叫びを誘発し、それから数日後に Smile 
  は私たちが記事“Smile、独立版の TextExpander を回復、購読料金を値下げ”
  (2016 年 4 月 13 日) で説明したような対応を余儀なくされた。全面情報開
  示: Smile は長年の TidBITS スポンサーであり、私は過去のバージョンの 
  TextExpander にも、また Smile の PDFpen にも解説書を書いたことがある。
  
<https://smilesoftware.com/>
<http://textexpander.com/>
<http://tidbits.com/article/16400>
<http://tidbits.com/article/16417>
  (日本語)<http://jp.tidbits.com/TidBITS-jp-1317.html#lnk0>
  "Smile、独立版の TextExpander を回復、購読料金を値下げ"
  
  TextExpander や PDFpen の解説書を執筆しながら私は Smile と緊密に連絡を
  取っていたが、この購読モデルについて、また TextExpander をクラウド供給
  のスニペットライブラリに結び付けることについて、初めて聞いた時には普通
  の人と同じように驚いた。当時、私は Smile が自らを苦しい立場に追い込ん
  だのではないかと思った。TextExpander クラウドサービスを運営するコスト
  を払うために購読料金を課金しなければならないが、サービスの導入に際して 
  Smile が顧客に提供できるものと言えばアプリを以前より頻繁にアップデート
  すると約束したり新機能をそれとなくほのめかしたりするくらいではないかと
  思えたからだ。プランにサインアップしてくれる人たちが、はたして大勢いる
  だろうか? 文字入力のショートカットを共有することに、はたしてそれほど
  の需要があるのだろうか?
  
  結局のところ、そういう人たちは大勢いて、十分な需要があった。Smile によ
  れば、TextExpander 顧客ベースのおよそ三分の一が購読サービスに移行した
  といい、それは Smile がアプリのアップデートを続けられ、サーバを走らせ
  続けられるだけの収入をもたらした。そして、頻繁にアプリをアップデートす
  る約束は果たされた。Smile はこのアプリの macOS 版に昨年一年間で 17 回
  のアップデートを供給したが、その前の一年間はたった 7 回だった。
  
  スニペットの共有も、活発になり始めた。チームにも組織にも属していない 
  TextExpander ユーザー用に、現在 textexpander.com ではほとんど 30 個近
  くのスニペットグループを提供している。中には、変わったテキストショート
  カットを集めたものもある。例えば、ルネサンスの作曲家たちの名前と誕生日、
  Apple の登録商標、Keyboard Maestro クリップボード履歴スクリプト、セル
  フホストされた WordPress サイトの各パートにアクセスするためのものまで
  ある。頻繁に更新される TextExpander ブログが新しい共有グループについて
  の情報やヒントをユーザー向けに提供している。
  
<https://textexpander.com/blog/>
  
  もっと興味深いのが、そしてこれは TextExpander の未来にとって幸先が良い
  と思われるが、この TextExpander サービスが企業や組織の中でスニペットを
  共有するチームを作るための管理機能も提供することだ。そのようなチームは
  よく使うスニペットのライブラリを共有し、TextExpander サービスを一種の
  安直なコンテンツ管理システムへと転化する。それを使うことにより、例えば
  顧客サポートチームの全員が textexpander.com にホストされたサポート書類
  にアクセスでき、文字通り指先でたちまちリンクできる。Smile の報告書によ
  れば、典型的なチームは 12 人程度から成るが、そのようなチームが 1000 人
  近いメンバーを持つ別のチームをホストできる。Smile の TextExpander サー
  ビスの企業利用の魅力は、Windows 版 TextExpander の導入が成功したことに
  よりさらに増している。
  
<https://textexpander.com/entry/textexpander-now-expands-team-productivity-to-windows/>
  
  そうしたことすべてが、TextExpander の実用性によって駆動される。Smile 
  は、企業内チームのメンバーがこのサービスを使うことで一般的に毎月 4 時
  間程度節約できていると予想する。積極的に TextExpander を使うユーザーな
  らば節約できる時間がその倍を超えることも珍しくない。つまり、丸々一就業
  日相当が毎月節約できることになる。
  
  その一方で、シングルユーザー、非購読版の TextExpander も引き続き販売さ
  れ、ホストされたスニペット共有サービスに興味のない人たちの必要をも満た
  せるようになっている。ただ単純にそんな機能は行き過ぎだと思う人もいるし、
  クラウドにコンテンツを保存するのは主義として嫌だ、あるいは機密上の理由
  から無理だという人もいる。
  
<https://textexpander.com/textexpander-standalone-apps/>
  
  導入時に障害が多かったことは紛れもない事実だが、どうやら Smile はする
  と決めたことを成し遂げたようだ。購読ベースのソフトウェアユーティリティ
  を適正な価格で提供し、基盤構造とホストされたコンテンツを開発することを
  通じてそれを個人にも企業にも魅力的なものへと成長させた。
  
  そしてまた、各種生産性アプリの購読サービスが確かに定着しつつあるように
  見える。TextExpander は、Adobe Creative Cloud、Microsoft の Office 365、
  AgileBits の 1Password Teams/Families、それから MacPaw から新しく出た
  マルチアプリサービス SetApp、といったものたちの列に加わった。購読は必
  ずしもあらゆる状況で相応しいやり方とは言えないが、新規売上げと(ほんの
  時々の)有料アップグレードのみに依存するモデルに特徴的な収入の急激な増
  減から逃れて、ソフトウェア会社が毎月継続的に収入を得られることの有用性
  を示していることは確かだ。
  
<http://www.adobe.com/creativecloud.html>
<https://products.office.com/en-us/mac/microsoft-office-for-mac>
<https://1password.com/teams/>
<https://1password.com/families/>
<https://setapp.com/>
  
  
  ----
  コメントリンク: <http://tidbits.com/e/17157#comments>
  Twitter リンク: <http://tidbits.com/t/17157>
  
  
Library の犯人は Shift キーだ!
------------------------------
  文: Adam C. Engst: <ace @ tidbits.com>, @adamengst
  原文記事: <http://tidbits.com/e/17159>
  訳: 清水 史彦 <qff01604 @ nifty.com>
  
  私は上質なミステリーが大好きだ... 謎が解決される限りは。Library が
  修飾キー (訳者注: キーの入力や機能を変えるために併用するキー) を
  変えてしまった事件によって、私はしばらく途方に暮れていたが、ありがたい
  ことに、私たちの親友である Rob Griffiths が、この問題を解決して
  くれた。
  
  OS X 10.7 Lion から、Apple は、ユーザーが Library に余計な手出しを
  したり、問題を引き起こしたりしないようにするために、ホーム・フォルダ
  の Library フォルダ (~/Library) を隠してしまった ("Lion の隠れた
  Library に対処" 2011 年 7 月 20 日参照)。これがよい手立てであったか
  どうかに関する疑問については、私たちは、差し当たり、無視することと
  する。このフォルダにアクセスするには、Option キーを押下したまま、
  Finder で、Go > Library を選択しなければならなくなった。私たちの多く
  がそうであったように、もしあなたが、こうしなければならないために、
  十分イラついていたのであれば、Finder のウィンドウ内で、~/Library
  フォルダが、ずっと現れたままになるようにするための Terminal コマンド
  があり、あなたは、それを実行することができた。
  
<http://tidbits.com/article/12306>
  (日本語)<http://jp.tidbits.com/TidBITS-jp-1086.html#lnk9>
  "Lion の隠れた Library に対処"
  
  (macOS には、複数の Library フォルダがあることを覚えておいてほしい。
  ~/Library は、ホーム・フォルダにある Library フォルダである。奇妙な
  ことに、Apple は、/Library と /System/Library は、ユーザーから見える
  ようにしている。ユーザーがこれらのフォルダをいじりまわすことは、まず
  無いにも関わらず。)
  
  OS X 10.11 El Capitan では、Apple は、私たちユーザーが ~/Library で、
  あえて、十分に作業できないようにすることは少々手控えた。そして、
  ホーム・フォルダ用の View Options ウィンドウに、Show Library Folder
  というチェックボックスを加えた。このチェックボックスは、ホーム・
  フォルダが、最前面にある Finder のウィンドウに表示されている時に
  _のみ_ 現れる。そして、カラム・ビューになっている場合には、ホーム・
  フォルダ内で、あるフォルダを選択する必要があるかもしれない。この
  チェックボックスを選択すると、~/Library が Finder のウィンドウに
  現れるが、Option キーも押下しない限り、Library は Go メニューには
  現れない。macOS 10.12 Sierra では、Apple は、チェックボックスを選択
  すると、Library が Go メニューにも現れるようにしたし、10.12.3 では、
  キーボード・ショートカット、すなわち、Command-Shift-L も加えた。
  
<http://tidbits.com/resources/2017-04/Show-Library-Folder-Sierra.png>
  
  だが、Sierra は、物事が型破りになり始めた場所でもある。私を含む多くの
  人にとって、昔の Option キーの技が、Sierra では動作しなくなって
  しまったのだ。これは、私にとっては問題ではなかった。なぜならば、私は
  ずっと前に、自分の ~/Library フォルダについては、常に現れるようにして
  しまっていたし、Finder の Go メニューは滅多に使っていなかったからだ。
  だが、私は、Option キーを押しても、Library メニュー・アイテムが
  現れなくなったということに実際に気付いた。そして、Kirk McElhearn が
  ブログの投稿で、Sierra のマイナー・アップデートの一つで、このキーが、
  いかにして Shift キーに変わったかについて書いてくれた時、私は、その
  投稿を見つけて嬉しく思った。実に、Shift キーが、今や、Library フォルダ
  を Finder の Go メニューに示すために機能するようになったのである。
  
<http://www.kirkville.com/how-to-open-the-users-library-folder-on-macos-sierra/>
  
  私はこれ以上探求しなかった。なぜなら、Kirk の解決策は私にとって有効で
  あったし、Option キーの技が無くなったために、Tonya は混乱していたが、
  それも同様に解決されたからだ。私は、この小洒落た技を共有しようと
  思って、Take Control の読者に、電子メールで、この事を簡潔に述べた。
  まさか、私が厄介な問題の詰まった缶の蓋を開けていたとは、ほとんど気付き
  もしなかった。
  
  何人かから、彼らの場合、Shift キーは動作せず、Option キーが引き続き
  有効だと言う返事が返って来た。Lauri Reinhardt、彼女は、Take Control
  のサポート業務をしてくれているのだが、その彼女が、そうした
  メッセージを私に伝える前に、テストを行ってくれた。彼女は、最初は
  Shift キーが機能するものの、View Options ウィンドウで
  Show Library Folder チェックボックスを有効にすると、Shift キーを
  押しても、Library が Go メニューに現れなくなり、Option キーが再び
  有効になることを見出した。その後は、何をやっても、Shift キーを再び
  有効にするために、彼女ができることはなさそうであった。私は、自分の
  iMac と MacBook Air のどちらも、Shift キーが依然として有効であること
  を確認し、iMac でチェックボックスを有効にした。そして、まさに Lauri
  が見出したことを私も目の当たりにした。テストした新しい環境では、
  Option キーが、やはり実際に正しいキーであることが示されていたが、
  なぜ、最初のうちは Shift キーが正しいキーだったのだろうか? これは
  おかしい!
  
  私は途方に暮れて、それで、Kirk の投稿から Michael Tsai の最初の
  Twitter のスレッドまで遡って行き、それから、リンクを辿って、この状況
  を説明している Rob Griffiths の投稿にたどり着いた。
  
<https://twitter.com/mjtsai/status/834440571955662848>
<https://robservatory.com/more-about-macos-sierra-and-library-shortcut-keys/>
  
  Rob の発見は、Finder を再起動する (Finder の Dock アイコンを
  Control-Option-クリックし、Relaunch を選択する) と、Shift キーが
  Option キーに取って代わるという奇妙な状況に Finder が陥るということで
  あった。私も同様に、これを再現することができた。二重に奇妙なことに、
  この状況は、再起動した後でも変わらなかった! これはバグであって、Rob
  はこれを報告した。なので、私たちは、これがmacOS のアップデートで、
  将来修正されることを願っている。
  
  この奇妙な Finder の状況 (これは、Sierra のベータ版にまで遡るかも
  しれない) は、Finder を再起動するということ以外の方法でも
  引き起こされる可能性があるのではないかと私は疑っている。Finder を、
  Activity Monitor の中から終了する、あるいは、強制終了するといったこと
  では、この状況は引き起こされないようだ。だが、Finder を通常とは異なる
  状況に置くことになるかもしれない他のシナリオを、私は想像することが
  できる。例えば、カーネル・パニックや、Mac の電源切れといったような
  ものだ。長年使っていれば、多くの人に、これに類したことが起こるのは、
  容易に分かるであろう。
  
  
  ともあれ、この小さなミステリーの現実的な結末は、以下のようなものだ。
  
* Sierra のパワー・ユーザー: もし、あなたが Sierra を走らせていて、
  ~/Library が Finder のウィンドウ、ならびに、Go メニューで見えるよう
  にしたいのであれば、ホーム・フォルダを選択し、View > Show View Options
  を選択し、Show Library Folder を選択する。
  
* 普通の Sierra ユーザー: ?/Library に、Sierra の Go メニュー経由で
  行くことが気にならないのであれば、Go メニューを開いて、Option キーを
  押下し、Library メニュー・アイテムを出す。もし、Option キーが
  効かなかったら、前の項目を参考にして、Library を出現させて、それから
  隠す。その後は、Option キーが有効になるはずだ。
  
* OS X ユーザー: 10.7 Lion から 10.11 El Capitan を使っている人は、
  Finder の Go メニューで Option キーを使うか、あるいは、以下の Terminal
  コマンドを入力して、~/Library が Finder のウィンドウにずっと現れる
  ようにする。
  
    Chflags nohidden ~/Library
  
  最後に、なぜ、~/Library で作業したいと思うのだろうか? 多くの理由がある
  が、2012 年に、Ted Landau は、Library フォルダを訪れる上位 6 つの理由
  について、Mac Observer に記事を書いた。この記事は古いが、本質的には
  今でも正しい。Ted が言うように、~/Library のファイルに関して、もし、
  あなたが、自分が何をやっているのか分からないのであれば、それをいじくり
  回したりしないことだ。そうすることによって、本当に問題を引き起こす
  可能性がある。まずは、バックアップしていると、常に確信を持つことだ!
  
<https://www.macobserver.com/tmo/article/six_top_reasons_to_visit_your_library_folder>
  
  (訳者注: この記事の原文タイトルは、"Colonel Mustard in the Library
  with the Shift Key" ですが、訳者は、これを、「Library の犯人は Shift
  キーだ!」と訳しました。以下、その背景を説明したいと思います。
  Colonel Mustard (マスタード大佐) は実在の人物ではなく、Cluedo という
  推理ボードゲームに出てくる登場人物の一人です。詳細は、Wikipedia を
  ご覧ください。このゲームでは、犯行舞台の屋敷の中を、プレーヤーが犯人
  を捜して回るのですが、途中、犯人が分かったら、例えば、
  "Colonel Mustard in the study with a candlestick!" のように、
  「Colonel Mustard + 犯行場所 + 凶器」を宣言するそうです。で、なぜ
  だか分かりませんが、Cluedo には他にも様々なキャラクターがいるにも
  関わらず、Colonel Mustard が「お約束」になっていて、しかも、この
  台詞は人口に膾炙していて、映画やテレビドラマにも時折出てくるくらい
  有名なもののようです。)
  
  
  ----
  コメントリンク: <http://tidbits.com/e/17159#comments>
  Tweet リンク: <http://tidbits.com/t/17159>
  
  
TidBITS 監視リスト: 注目のアップデート、2017 年 4 月 10 日
-----------------------------------------------------------
   文: TidBITS Staff: <editors @ tidbits.com>
   原文記事: <http://tidbits.com/e/17168>
   訳: Mark Nagata <nagata @ kurims.kyoto-u.ac.jp>
  
**OmniOutliner Essentials および Pro 5.0.1** -- The Omni Group が 
  OmniOutliner 5 をリリースした。このアウトライン作成および情報整理アプ
  リのメジャーなアップグレードで、二種類のバージョンに分割するとともに双
  方とも値下げするという新たなやり方を導入している。従来標準版と Pro 版
  があったが、OmniOutliner Pro 5 が Pro という名称を(またバージョン 4 
  のすべての機能も)引き継ぐ一方、OmniOutliner Essentials が従来の標準版
  に代わるものとなる。詳しくは Omni Group のブログ記事をご覧頂きたい。
  
<https://www.omnigroup.com/omnioutliner/pro/>
<https://www.omnigroup.com/omnioutliner/>
<https://www.omnigroup.com/blog/omnioutliner-5-is-now-available>
  
  スリム化された最小主義の OmniOutliner Essentials は、サイドバーやパネ
  ルをなくしたのでコンテンツそのものに注意を集中させることができる。また、
  フルスクリーンモードへ切り替えた際にツールバーを隠す Distraction-Free 
  (気が散らない) モードもある。クリーンでモダンな一連のテーマが付き、単
  語数や文字数のカウントなど書類情報を表示し、HTML 書き出しフォーマット
  を改良し、2016 年型 MacBook Pro の Touch Bar への対応を追加している。
  さらに、Pro 版で作成された書類は Essentials でもフルに見ることが可能だ。
  (Pro コンテンツをすべて削除した形で読み込むオプションもある。)
  
  OmniOutliner Pro 5 は Essentials 版の機能すべてを含むのに加えて、異な
  る基準(カラム値、ステータス、ノートのコンテンツなど)に基づくフィルター
  を保存でき、パスワードで暗号化した書類 (AES-256 暗号化を使用) に対応し、
  キーボードショートカットのカスタマイズ、Microsoft Excel と PowerPoint 
  への書き出し対応などの機能も持つ。双方のバージョンとも、また iOS 用 
  OmniOutliner のバージョン 2.10 も、サードパーティのクラウド同期プラッ
  トフォームへの互換性を増した新しいファイルフォーマットを備えている。
  
<https://itunes.apple.com/us/app/omnioutliner-2/id704610906?mt=8>
  (日本語)<https://itunes.apple.com/jp/app/omnioutliner-2/id704610906?mt=8>
  "OmniOutliner 2を App Store で"
  
  OmniOutliner Essentials の価格は $9.99 で、従来の標準版の $49.99 から
  大幅に値下げされた。過去のどのバージョンの OmniOutliner からでもたった 
  $4.99 でアップグレードできる。OmniOutliner Pro も値下げされて、従来の
  価格 $99.99 が $59.99 になり、過去のバージョンからのアップグレードは 
  $29.99 となった。OmniOutliner 5 は Mac App Store から無料でダウンロー
  ドでき (2 週間は無料で試用可能) Essentials と Pro の機能のロックをそれ
  ぞれ $9.99 と $59.99 で外すオプションがある。(Essentials の新規購入 
  $9.99、Pro の新規購入 $59.99、アップグレード $4.99/$29.99、26.6 MB、リ
  リースノート、10.11+)
  
<https://itunes.apple.com/us/app/omnioutliner-5/id1142578772?mt=12>
<https://www.omnigroup.com/releasenotes/omnioutliner-mac>
  
  OmniOutliner Essentials および Pro 5.0.1 へのコメントリンク: 
<http://tidbits.com/article/17162#comments>
  
  
ExtraBITS、2017 年 4 月 10 日
-----------------------------
   文: TidBITS Staff: <editors @ tidbits.com>
   原文記事: <http://tidbits.com/e/17167>
   訳: Mark Nagata <nagata @ kurims.kyoto-u.ac.jp>
  
  今週の ExtraBITS では、AT&T が HBO を人参のごとく利用して TV とセルラー
  双方の購読者を呼び込もうとし、YouTube が独自の TV サービスを展開し始め、
  Comcast がセルラー市場に参入することになり、開発会社 Panic がプロフェッ
  ショナル向けの iOS ソフトウェア市場に対する懸念を表明する。
  
  
**AT&T、無制限データプランのボーナスに HBO を追加** -- 無制限データプラ
  ンを巡る競争はますます激化する。AT&T が、同社の Unlimited Plus ワイヤ
  レスプラン顧客が AT&T 所有の TV サービス、つまり DirecTV、DirecTV Now、
  U-Verse などを購読していれば、無料で HBO も利用できるようになると発表
  した。それに加えて、HBO のストリーミングは 22 GB のソフトバンド幅上限
  に算入されないという。さらに、Unlimited Plus の顧客は上記の TV サービ
  スで毎月 $25 の返金が受けられるという。AT&T のサービス区域に住んでいる
  人にとっては、無制限モバイルインターネット、TV サービス、HBO をまとめ
  て利用すればかなりお得だと言える。(HBO は通常それだけで月額 $15 ほど
  もかかる。)
  
<https://techcrunch.com/2017/04/05/atts-unlimited-plus-wireless-plan-now-includes-free-hbo/>
  
  コメントリンク: <http://tidbits.com/article/17163#comments>
  
  
**YouTube TV、一部の都市地域で展開** -- Google が約束していたストリーミ
  ングサービス YouTube TV が、少なくとも Chicago、Los Angeles、New York 
  City、San Francisco Bay Area の各地域で実現された。月額 $35 払えば、メ
  ジャーなテレビネットワークのローカルチャンネルも、人気のケーブルネット
  ワークも視聴可能となる。従来型のケーブルテレビと同様、たいていの番組に
  広告が入る。最初の一ヵ月は無料で、最初に料金を支払うと Google が無料で 
  Chromecast を提供してくれる。YouTube TV には六つのアカウントが含まれる
  ので、家族がそれぞれに自分のクラウド録画ライブラリを持つことができる。
  興味深いことに YouTube TV は主としてモバイル視聴を扱うようになっている
  が、Chromecast を使ってテレビ画面で視聴することもできる。私たちが非公
  式に Twitter 上で実施した TV ストリーミングサービスに関するアンケート
  の結果によれば、DirecTV Now、PlayStation Vue、Sling TV といったものよ
  りも YouTube TV に興味を持つ人の方が多かった。
  
<https://tv.youtube.com/welcome/>
  
  コメントリンク: <http://tidbits.com/article/17164#comments>
  
  
**Comcast、2017 年中にセルラーサービスを提供** -- 皆のお気に入りのケーブ
  ルテレビとインターネットのプロバイダ Comcast が、新しい Xfinity Mobile 
  サービスで米国のセルラーキャリアに算入すると発表した。Xfinity Mobile 
  は Verizon のネットワークを利用して、2017 年中ごろまでに月額 $65 で無
  制限のデータ、通話、テキストを提供する。Xfinity X1 の最上位パッケージ
  の購読者は月額 $45 でこのサービスを利用できる。サインアップできるのは 
  Comcast の現行のサービスを利用している顧客に限られ、当初は Xfinity ブ
  ロードバンドサービスの利用者に限られるという。私たちは当初、AT&T によ
  る買収を FTC に認められなかった T-Mobile からの競争が最近の無制限ワイ
  ヤレスプランの高まりの原因になったと述べたが、Comcast のプランを内部情
  報として知っていればまた別の説明がついたかもしれない。
  
<http://www.reuters.com/article/us-comcast-mobile-idUSKBN1781Q7>
  
  コメントリンク: <http://tidbits.com/article/17161#comments>
  
  
**Panic が iOS のプロフェッショナル市場を語る** -- ソフトウェア開発会社 
  Panic が同社の 2016 年報告書を公開した。同社の始めてのゲーム Firewatch 
  のお陰でこの年の業績は素晴らしかったが、共同創設者 Cabel Sasser は「iOS 
  は依然として私たちの悩みの種だ」と述べた。Panic は昨年 Status Board ア
  プリの開発を打ち切ったが、iOS 上のプロ向けのアプリに大きく投資したにも
  かかわらず、今や同社は再び macOS に焦点を戻そうとしている。報告書の中
  で Sasser は次のように記している。「iOS 上で macOS と同程度の品質の仕
  事を仕上げようと努めても、多大な時間を費やした割には悲しいことに大して
  見返りがない。」これは Apple にとって厄介な知らせだろう。過去二年間、
  Apple はプロフェッショナル向けプラットフォームとして iPad を押し進めて
  きたのだから。
  
<https://panic.com/blog/the-2016-panic-report/>
  
  コメントリンク: <http://tidbits.com/article/17160#comments>


$$



TidBITS 日本語版では翻訳スタッフを募集しています。マッキントッシュや
インターネットに関する珠玉の情報をあなたの翻訳力でより輝かせましょう。
ご賛同の方は翻訳チーム <hosoka @ ca2.so-net.ne.jp> までご連絡ください。

TidBITS は、タイムリーなニュース、洞察溢れる解説、奥の深いレビューを 
Macintosh とインターネット共同体にお届けする無料の週刊ニュースレターで
す。ご友人には自由にご転送ください。できれば購読をお薦めください。

非営利、非商用の出版物、Web サイトは、フルクレジットを明記すれば記事を
転載または記事へのリンクができます。それ以外の場合はお問い合わせ下さ
い。記事が正確であることの保証はありません。告示:書名、製品名および会
社名は、それぞれ該当する権利者の登録商標または権利です。TidBITS ISSN 
1090-7017

Copyright 2017 TidBITS: 再使用は Creative Commons ライセンスによります。

お問い合わせ: <editors @ tidbits.com>
TidBITS Web サイト: <http://www.tidbits.com/>
ライセンス条項: <http://www.tidbits.com/terms/>
購読:  <http://sparky.tidbits.com/mailman/listinfo/tidbits-jp>



TidBITS-jp メーリングリストの案内