TidBITS#1062 日本語版

TidBITS Japanese hosoka @ ca2.so-net.ne.jp
2011年 2月 12日 (土) 01:18:48 PST


TidBITS#1062/07-Feb-2011
========================
     英語版: <http://db.tidbits.com/issue/1062>
     日本語版: <http://jp.tidbits.com/TidBITS-jp-1062.html>


   私たちはまだ Macworld 2011 からの回復途上だし、また自分たちのインフラ
   整備プロジェクトに手を加えなければならない仕事もいろいろ残っているが、
   今週号はセルラー契約プランに関係したニュースが多い。Verizon Wireless
   が同社の iPhone プランを発表する一方で、AT&T もスマートフォン用モバイ
   ルホットスポットのオプション追加を (iPhone の名前を出さずに) 発表した。
   また今週号ではインターネットバックアップサービスの MozyHome が値上げを
   発表したこと、GadgetTrak が同社の iOS アプリにスナップショット機能を追
   加したこと、Rupert Murdoch の News Corp. が The Daily という iPad 専用
   の全国ニュース出版を始めたことも紹介する。(Adam はこの新しい出版形態
   がそれほど興味を惹かないのはなぜかについて考察する。)最後に、セキュリ
   ティ担当編集者の Rich Mogull が、Windows XP の時代以降セキュリティの世
   界がどう変わってきたか、また、そのことが Apple によるデジタルセキュリ
   ティに対する取り組みにおいて何を意味するか論ずる。今週注目すべきソフト
   ウェアリリースは、Mailplane 2.3、DEVONthink と DEVONnote 2.0.7、Dragon
   Dictate 2.0.2、1Password 3.5.4、Things 1.4.4、Audio Hijack Pro 2.9.10、
   EyeTV 3.5.1、LaunchBar 5.0.4 だ。

記事:
     TidBITS アカウントが新しいサーバに移行
     Verizon Wireless、iPhone プランを決定、データに絞りも
     AT&T、テザリングをモバイルホットスポットに変更
     GadgetTrak アプリが進化して盗人の写真を撮影
     MozyHome 価格上昇、無制限サービス廃止
     Apple のセキュリティ、その過去が将来を規定する
     なぜ The Daily はこんなに古臭いのか
     TidBITS 監視リスト: 注目のアップデート、2011 年 2 月 7 日
     ExtraBITS、2011 年 2 月 7 日


----------------- 本号の TidBITS のスポンサーは: ------------------

* 読者のみなさん! あなたのカンパで TidBITS を応援してみませんか?
    <http://www.tidbits.com/about/support/contributors.html>
    今週は Bruce Hobbs 氏、William Leslie 氏、
    Iain Boyd 氏と Marc Fleisher 氏の暖かい支援に感謝!

* WebCrossing Neighbors Creates Private Social Networks
   Create a complete social network with your company or group's
   own look. Scalable, extensible and extremely customizable.
   Take a guided tour today <http://www.webcrossing.com/tour>

* THE MISSING SYNC FOR ANDROID: Sync with iTunes, Address Book,
   iCal, iPhoto and other Mac applications. Supports HTC EVO,
   Motorola Droid, Droid X, Droid 2, Google Nexus One and many
   other phones. <http://www.markspace.com/bits>

* Dragon speech recognition software for Macintosh, iPhone, and iPad!
   Get the all-new Dragon Dictate for Mac from Nuance Communications
   and experience Simply Smarter Speech Recognition.
   Learn more about Dragon Dictate: <http://nuance.com/dragon/mac>

* CrashPlan is easy, secure backup that works everywhere. Back up
   to your own drives, computers, and online with unlimited storage.
   With unlimited online backup, this is one resolution you can keep.
   Back Up Your Life Today! <http://crashplan.com/ref/tidbits.html>

* Get more productive with software from Smile: PDFpen for
   editing PDFs; TextExpander for saving time and keystrokes while you
   type; DiscLabel for designing CD/DVD labels and inserts. Free demos,
   fast and friendly customer support. <http://www.smilesoftware.com/>

* BeLight Software. Looking for the perfect Valentine's Day gift?
   Don't want to be cliche? Consider creating a picture disc
   or video disc and labeling it with love using Disc Cover!
   Download at <http://www.belightsoft.com/discover/>

* With ChronoSync you can sync, back up, or make bootable backups.
   Sync or back up your Mac to internal or external hard drives, other
   Macs, PCs, or remote network volumes you can mount on your Mac.
   Learn more at <http://www.econtechnologies.com/tb.html>!

---- 皆さんのスポンサーへのサポートが TidBITS への力となります ----


TidBITS アカウントが新しいサーバに移行
--------------------------------------
     文: Adam C. Engst <ace @ tidbits.com>
     原文記事: <http://db.tidbits.com/article/11943>
     訳: Mark Nagata <nagata @ kurims.kyoto-u.ac.jp>

   予定より遅れたことは申し訳ないが、テストや調整を重ね続けた日々を経て、
   Glenn と私はようやくすべての TidBITS 関係のアカウントと購読を私たちの
   古い Xserve から新しい仮想のプライベートサーバへと移行させる作業を終え
   た。(2011 年 1 月 2 日の記事“TidBITS メーリングリストに大幅な変更を
   計画中”参照。)今回の移行の大きな理由は、これにより TidBITS のアカウ
   ントと Take Control のアカウントを一つのシステムに統合し、私たちの希望
   する通りのやり方で動くようにそのシステムを構築することが可能になったこ
   とだ。出来合いのメーリングリストソフトウェアを持ち込むだけでは、それは
   不可能に近いことだった。

<http://www.tidbits.com/article/11858>
   (日本語)<http://jp.tidbits.com/TidBITS-jp-1057.html#lnk5>
   "TidBITS メーリングリストに大幅な変更を計画中"

   電子メールで TidBITS を購読している方は、旧システムにアカウントをお持
   ちだった。そういう皆さんは,この移行についてお知らせし、新しいパスワー
   ドを記した電子メールを、既に受け取っておられるはずだ。[訳者注: 既に
   新システムの Take Control アカウントをお持ちの場合は、TidBITS 購読の旧
   アカウントがそこに統合されて既存の Take Control パスワードが統合後のア
   カウントでも有効、と記された電子メールが届いているはずです。]そのよう
   な電子メールは届いていないとおっしゃる方は、どうぞ Sign Up or Sign In
   ページを開いて頂きたい。ページ左側のナビゲーションバーにある My Account
   の下に、アカウントの管理に必要なコントロールがすべてまとめてある。まず
   My Account をクリックし、次に Log In をクリック、それから Need a New
   Password リンクをクリックすれば、購読にお使いの電子メールアドレスあて
   に新しいパスワードが届くはずだ。そのパスワードを使っていったんログイン
   すれば、あとは Account Info ページでパスワードを変更したり電子メールア
   ドレスを変更したりできる。

<http://www.tidbits.com/account>

   もしもログインの際に、あるいは電子メールアドレスやパスワードの変更の際
   に、何かトラブルが起これば(少数の人たちにそのようなことが起こったよう
   だが)以下のことを試してみて頂きたい:

* もう一度、今度は電子メールアドレスやパスワードを手でタイプするのでなく
   コピーとペーストを使って、やり直してみる。

* もう一度、別のブラウザを使って、まず JavaScript がオンに設定されている
   ことを確かめてから、やり直してみる。(現代のウェブブラウザはすべて、デ
   フォルトで JavaScript がオンになっているはずだ。)

* 既存のパスワードを使う代わりに、新規のパスワードを請求してから、それを
   使ってやり直してみる。

<http://www.tidbits.com/forgot_password>

* どうしてもうまく行かなければ、私あての電子メールで、あなたが何を試した
   か、どんなエラーメッセージが出たかを説明して頂きたい。その際、こちらで
   私がテストできるように、あなたの電子メールアドレスと現在のパスワードと
   を書き添えて頂きたい。

   一つお願いがある: もしもあなたがこのシステムに既存のアカウントをお持
   ちならば、どうかそれだけを使うようにし、行き当たりばったりに新規のアカ
   ウントを作成したりしないようにして頂きたい。必要以上にアカウントが存在
   するのは、後になって混乱を招くだけだから。どうかよろしくお願いします!

   願わくは、アカウント管理のインターフェイスは説明を要しないものになって
   いるはずだ。そうなるように、私たちは慎重に言葉を選び、挙動の確認もした
   つもりだ。でも、もしもあなたが何かの作業をするためにどうしたらいいのか
   混乱してしまったなら、どうかまず私たちの新しい Get Satisfaction サイト
   をチェックしてみて頂きたい。このサイトで、質問を投稿したり、他の人たち
   の質問に対する私たちの回答を読んだりできる。(この Get Satisfaction サ
   イトは完全に独立のサイトなので、あなたの TidBITS 認証情報は使用しない。
   Get Satisfaction 用に新規のアカウントを作成するのがお嫌なら、あなたが
   Google、Twitter、あるいは Facebook でお持ちの認証情報を使ってサインイ
   ンして頂くこともできる。)あるいは、この記事に対するコメントとして書き
   込んで下さってもよい。ただし、長期的に見ればサポート関係の討論を保持し
   ておく場所として Get Satisfaction サイトは結構良く出来ていると思う。

<http://getsatisfaction.com/TidBITS>

   もしもすべてがうまく行けば、電子メール版 TidBITS の次号はこの新しいシ
   ステムから配送されることになる。特に以前と変わったところは何もお気付き
   にならないはずだ。ただ、発送するマシンが変わったために、電子メール版の
   ヘッダが以前とは少々違ったものになる。どうかうまく行きますように!


   ----
   コメントリンク: <http://db.tidbits.com/article/11943#comments>
   Twitter リンク: <http://db.tidbits.com/t/11943>


Verizon Wireless、iPhone プランを決定、データに絞りも
-----------------------------------------------------
     文: Glenn Fleishman <glenn @ tidbits.com>
     原文記事: <http://db.tidbits.com/article/11950>
     訳: 亀岡孝仁 <takkameoka @ kif.biglobe.ne.jp>

   Verizon Wireless は $30 をいわゆる "無制限" と呼ばれるデータプランに課
   する予定である。これは Apple が Verizon の CDMA ネットワークに対応する
   よう設計した iPhone 4 と対になったものである。しかしながら、Verizon は
   また契約条件とサービスの詳細ドキュメントも発表しており、そこではメディ
   アをダウンサンプルしたり(データを間引きする)トランスコードしたり
   (コード操作して解像度を落とす)する可能性、そしてネットワークの一番の
   ヘビーユーザーに対して絞りを(速度制限を)課する可能性についても触れて
   いる。

<http://support.vzw.com/faqs/iphone/iphone_faq.html>
<https://ecache.vzw.com/imageFiles/Myacct/nda/images/docs/VerizonWirelessServiceInformation.pdf>
<http://www.macworld.com/article/157635/2011/02/verizon_throttle_iphone_data.html>

   この "無制限" プランは Verizon から提供されている唯一のデータプランで
   あり、Verizon はこれが期間限定のものとなることも明確に述べている。時間
   がたてば、同社は、同社と AT&T が他の電話に対して提供しているものと似た
   ような二段階のサービスに切り替えるものと思われる。June 2010 に AT&T
   は、新規契約者とサービスプランを変更する人達から、月額 $15 の 200 MB
   DataPlus プランと月額 $25 の 2 GB DataPro プランを適用するよう切り替え
   た。Verizon はまたその iPhone 4 の Personal Hotspot 機能に対する値段も
   月額 $20 に設定したが、これには他のスマートフォンに対して提供されてい
   るのと同様、別に計測される 2 GB のサービスが含まれている。これ以上の
   データの使用に対しては請求期間内に使用されたギガバイト当たり $20 が課
   金される。("AT&T、テザリングをモバイルホットスポットに変更" 2 February
   2011 参照、これは AT&T の来たるべきモバイルホットスポットに関するもの
   であるが、未だ iPhone に対しては発表されていない。)

<http://db.tidbits.com/article/11938>
   (日本語)<http://jp.tidbits.com/TidBITS-jp-1062.html#lnk2>
   "AT&T、テザリングをモバイルホットスポットに変更"

   Verizon の二つの帯域制限策には腹立たしさを感じるユーザーもいるであろ
   う。 "最適化する" と "トランスコードする" とは、画像データを間引きする
   ことを指していて、例を挙げれば、送信する時に帯域を減らすために JPEG 画
   像をオリジナルからより忠実でないものにするとか、ビデオの品質を下げる
   (その結果動きがぎくしゃくしたり不自然さが目に付くようになる) とかであ
   る。技術的に言えば、どちらもネット中立の原則には反しない、何故ならばそ
   れはネットワーク管理方策と呼ばれているもので、Verizon 自身或いはその
   パートナーからの画像やビデオを他のパーティからのものをよりよりよく見せ
   るための差別的な方法ではないからである。

   速度制限(絞りをかける)の方がより大きな問題かもしれない。モバイルキャ
   リアは全て、正当な利用の規定に違反していると彼らが見なす人々に対して制
   限を設けたり或いは使えなくしたりする権利を有している。キャリアの細則に
   は、モバイルはメール、Web サーフィング、そしてイントラネットのためにの
   み使用できると書いてあるものが少なくない。スマートフォンはそれ以外の何
   百万もの仕事を扱えるという事実にもかかわらずである。勿論、世の中には
   ネットワーク乱用者というのがいることも事実であり、彼らは電話を Web
   サーバーとして走らせたり、或いは一日に 20 時間もビデオをストリームした
   りする。Verizon は、95% 値のユーザー(上位 5%)だけに目を向けていると
   言っているが、これでは膨大な数の人々が掻き込まれてしまうことになる。
   ケーブルブロードバンドに対して毎月 250 GB までという利用上限に関して私
   がよく話をしてきた Comcast の場合、使い過ぎで問題になるようなユーザー
   は 1% にも満たないと言い、そしてこの様な人の多くは、盗用メディアの配信
   や或いは悪のゾンビ媒体として使われる汚染されたコンピュータを持ってい
   る。

   Verizon Wireless や他のキャリア達は、自分達には都合がよいが顧客にはそ
   うではない規則を採用してきた歴史を持つ。何が速度制限を課す引き金になる
   のか - 例えば 1 時間或いは 24 時間の間に消費されるある決まったデータ量
   とか、或いは 許されないと Verizon が主張する加入者によるサービス等 -
   についての明快なガイドラインなしで、そして Verizon がこれは許されない
   行為であるときちんとわかるよう警告してくることなしでは、同社は連邦議会
   からの監視、影響を受けた顧客からの訴訟、そして規制を当てはめようとする
   試みに直面するかもしれない。

   現時点では、Verizon は公共ラジオの番組 Marketplace の中で (ここでは私
   の話も聞ける)、速度制限を課す計画は持っていないと言っていた。同社はた
   だその権利は保有しておきたいと言うことであるが、広報担当はその原因とな
   る理由をはっきり言うことは出来なかった。

<http://marketplace.publicradio.org/display/web/2011/02/04/pm-verizon-iphone-users-might-get-throttled/>


     ----
   コメントリンク: <http://db.tidbits.com/article/11950#comments>
   Twitter リンク: <http://db.tidbits.com/t/11950>


AT&T、テザリングをモバイルホットスポットに変更
----------------------------------------------
     文: Glenn Fleishman <glenn @ tidbits.com>
     原文記事: <http://db.tidbits.com/article/11938>
     訳: 亀岡孝仁 <takkameoka @ kif.biglobe.ne.jp>

   AT&T は 13 February 2011 から一部のスマートフォンでモバイルホットス
   ポット機能を提供し始める。この発表では iPhone は触れられていない。この
   機能を使えば、あなたの電話がセルラールーターへと変身し、MiFi ルーター
   と同じ様に、電話の内蔵 Wi-Fi アダプタを使って複数の機器間でモバイル広
   帯域ネットワークへの接続を共有出来る。このサービスは 4G 電話と呼ばれる
   HTC Inspire 4G を使って開始されるが、これだと AT&T が現在合衆国内で展
   開中のより高速な方式を利用することが可能となる。AT&T は、改定されたテ
   ザリングとモバイルホットスポットプランに、2 GB の追加データ使用を組み
   合わせる。

<http://www.prnewswire.com/news-releases/att-details-pricing-launch-of-att-mobile-hotspot-app-coming-february-13-115124609.html>

   iPhone もまたこの機能をまず間違いなく得ることになる、何故ならば
   Verizon Wireless は iPhone 4 に対するオプションとしてポータブルホット
   スポットを提供するからである。Verizon も AT&T もこの機能に対しては別料
   金を課するが、Verizon は幾つかの Palm Pre モデルに対してはこれを免除し
   ている。AT&T はきっと Verizon が依存しているものと同じ機能を使うであろ
   う、それは Settings アプリの中で Personal Hotspot と呼ばれているもので
   ある。Macworld の Jason Snell は、彼の Verizon iPhone レビューの中でこ
   の機能を紹介している。Personal Hotspot には iPhone と必要なドライバサ
   ポートを有するコンピュータの間での Wi-Fi 共有と、そして Bluetooth 或い
   は USB 接続が含まれる。

<http://www.macworld.com/article/157613/2011/02/verizon_iphone_4.html>

   現在のテザリングを、或いは将来スマートフォンモデルに提供される様になっ
   た時に新しいホットスポット機能を使うためには、AT&T は、あなたがより容
   量の大きな DataPro プラン (2 GB で月額 $25) に加入していることを必要と
   する。名前はどうであれ、月に $20 余分にかかることに変わりはない。
   DataPlus ($15 で月に 200 MB) と DataPro の間での変更は変更料金を支払う
   ことなしに可能で、そしてモデムとしての電話の機能もオン、オフ出来る。こ
   の新しいプランは、DataPro に含まれる既存の 2 GB にさらに 2 GB のデータ
   使用を追加する。それでも、利益だけが目標と見なさざるを得ないテザリング
   やモバイルホットスポットを正当化するにはまだかなりの距離がある、と言う
   のもすべてのデータ使用はすでに計測されているからである。 DataPro (2 GB
   以降) そしてテザリング/ホットスポットアドオン (4 GB 以降) のどちらでも
   追加のギガバイト (全量又は部分で課金される) は月額 $10 である。

   Verizon Wireless iPhone サービスは、月額 $30 の無制限データプランしか
   提供していず、更にホットスポット機能は月額 $20 である。Verizon はこの
   ホットスポットとテザリングだけに対して 2 GB の利用を含めていて、この最
   初の 2 GB を使い切った後は GB 当たり $20 の追加料金が課される。

<http://www.macworld.com/article/157625/2011/02/verizon_data_plan.html>


     ----
   コメントリンク: <http://db.tidbits.com/article/11938#comments>
   Twitter リンク: <http://db.tidbits.com/t/11938>


GadgetTrak アプリが進化して盗人の写真を撮影
-------------------------------------------
     文: Glenn Fleishman <glenn @ tidbits.com>
     原文記事: <http://db.tidbits.com/article/11937>
     訳: Mark Nagata <nagata @ kurims.kyoto-u.ac.jp>

   iOS 用の盗難対策アプリ、$0.99 の GadgetTrak にアップデートが出され、あ
   なたの機器を持ち去った不心得者のスナップ写真が撮影できるようになった。
   今回のバージョン 2.5 リリースは、バックグラウンド位置情報更新機能を追
   加し、盗人に正体を暴露されたと勘違いさせるための push 通知も提供した前
   回のバージョン 2.0 アップデートが出されてから一ヵ月後となる。(2010 年
   12 月 27 日の記事“iOS 用 GadgetTrak が位置情報のバックグラウンド更新
   を追加”参照。)

<http://db.tidbits.com/article/11853>
   (日本語)<http://jp.tidbits.com/TidBITS-jp-1057.html#lnk4>
   "iOS 用 GadgetTrak が位置情報のバックグラウンド更新を追加"
<http://itunes.apple.com/app/gadgettrak/id288927565?mt=8>
<http://www.gadgettrak.com/products/iphone/>

   写真の撮影は、GadgetTrak のウェブサイトにあるあなたのアカウントで追跡
   をオンにしてこのアプリが起動すれば、正面と背面の双方のカメラを使って実
   行される。Macworld 2011 での記者会見の場で GadgetTrak 社が私に説明して
   くれたところによれば、同社から push 通知が送られ、それを開けばアプリが
   起動されて写真が撮影されるという。もしもその電話機がネットワーク上にあ
   れば、撮影された写真が送信される。

   その push 通知を開くなんてよほど愚かな盗人でなければしないだろうと思え
   るかもしれないが、反射的にタップしてしまう人は多いものだし、それを誘う
   ようなメッセージが出るようになっている。その上、GadgetTrak 社の説明に
   よれば電話機がロックされている最中に push 通知が届いた場合、ロックを解
   除するためにスワイプするだけでアプリが起動されて写真が撮影されるという。
   写真は、他の追跡情報とともに電子メールで送信される。

<http://www.tidbits.com/resources/2011-02/gadgettrak-2-5-push-not.jpg>

   GadgetTrak 社は、私が前回 2.0 リリースの際に記事で触れた謎についても説
   明をしてくれた。アプリのトレイで強制終了の方法(home ボタンを二度押し
   してから、アイコンを押さえ続けると、アイコンの左上に X 印が出るので、
   それからアイコンをタップすればアプリが強制終了される)を使った場合にも
   このプログラムが追跡を続けられるのはなぜか、という疑問だ。

   バックグラウンド機能を利用するアプリはすべて、インストールの際に iOS
   に登録される。アプリが起動された際に登録されるだけではない。そうすると
   iOS のバックグラウンドロケーションマネージャがそれらのアプリにイベント
   を送ることができるようになる。たとえそのアプリのフォアグラウンドの部分
   が走っていなくてもそれは可能だ。つまり、この機能は古いバージョンの Mac
   OS におけるシステム機能拡張に相当し、ただ当時のシステム機能拡張が引き
   起こしていたさまざまの醜い側面がなくなっている。

   これらの新機能により、電話機が盗まれた場合にもそれを追跡して悪漢どもを
   告発できるだけの詳細情報を法的機関に提供できるようになる可能性がぐっと
   高まった。あの、iPhone 4 の試作機が漏洩した事件の際に、Apple がそこに
   GadgetTrak をインストールしてさえいれば!


   ----
   コメントリンク: <http://db.tidbits.com/article/11937#comments>
   Twitter リンク: <http://db.tidbits.com/t/11937>


MozyHome 価格上昇、無制限サービス廃止
-------------------------------------
   文: Joe Kissell <joe @ tidbits.com>
   原文記事: <http://db.tidbits.com/article/11936>
   訳: 柳下 知昭 <tyagishi @ gmail.com>

   Decho 社から、彼らの良く知られている MozyHome バックアップサービスの
   価格改訂の発表があった。
   以前の MozyHome では、バックアップ向けの無制限のオンラインストレージを
   1 台のコンピュータから使用する場合には、月額 $4.95 で利用できた。
   新しい料金プランでは、1 台のコンピュータからのバックアップに、
   50GB の容量で、月額 $5.99 か、3 台のコンピュータからのバックアップに、
   125GB の容量で、月額 $9.99 のどちらかから選択することになる。
   どちらのプランにしても、コンピュータの追加や、
   20GB の容量単位の追加が、それぞれ月額 $2 ずつでできる。

<http://mozy.com/home>
<http://mozy.com/home/newplans>

   Mozy の発表では、(例えば、iPhone からの HD Video クリップ等による)急速な
   ストレージの増加が変更の理由として引用されていると同時に、
   大抵の個人ユーザーは、50GB 以上のバックアップストレージを
   必要としていないとも主張されている。
   さらに、3 台以上のコンピュータを使用するユーザーにとっては、
   各コンピュータのバックアップ対象はさらに少なくなるため、
   新しい料金プランでは、従来のコストより低くなるだろうとしている。

   しかし、大抵の利用者にとっては、Dencho 社が丁寧に組み立てた説明は、
   虚しく聞こえるだろう。要するに、MozyHome の価格は、より少ない容量で
   価格が上昇しているということだ。
   競合サービスが、このことを利用してサービスを切り替えるように勧誘する 
チャンスを
   見逃すはずがない。
   例えば、Backblaze は、"byemozy" クーポンを使用した乗り換えユーザーには、
   10% の割り引きを提供しているし、CrashPlan は、Mozy からの
   乗り換えユーザーに 15% の割り引きを提供している。
   Backblaze も CrashPlan も - 特別割引なしでも - MozyHome の新しい
   価格よりも低価格で容量無制限のストレージを提供している。

<http://www.backblaze.com/>
<http://www.crashplan.com/mozyonover>

   改訂された MozyHome の価格は、新規ユーザーには即時適用される。
   既存の MozyHome ユーザーは、支払い済み期間は、容量無制限の
   ストレージを使用できるが、2011 年 3 月 1 日以降に更新する際は、
   新しい価格が適用される。


    ----
   コメントリンク: <http://db.tidbits.com/article/11936#comments>
   Twitter リンク: <http://db.tidbits.com/t/11936>


Apple のセキュリティ、その過去が将来を規定する
----------------------------------------------
     文: Rich Mogull <rich @ tidbits.com>
     原文記事: <http://db.tidbits.com/article/11922>
     訳: Mark Nagata <nagata @ kurims.kyoto-u.ac.jp>

   現代のインターネットで根本的とも言える伝承となっているのは、どこかはわ
   からないが Apple の市場シェアがある特定のレベルにいったん達しさえすれ
   ば、Mac ユーザーたちもたちまち膨大なウイルスやワーム、その他極悪非道の
   マルウェアの数々に直面することとなり、これまで私たちを包んでいた純潔の
   泡はあっという間に破れて、Windows 使いの同僚たちが長らく苦しめられてき
   たのと同じ絶望の淵へと引き込まれてしまうだろう、というものだった。けれ
   ども、異なるプラットフォーム間の相対的セキュリティに対して市場シェアが
   重要な要因として働くのは確かだし、さらには歴史的観点から言ってもこれが
   おそらく最も大きな影響を与えてきたのではあろうが、Apple の各製品とイン
   ターネット全般とをめぐる現行の脅威の環境に関する限り、そのような議論は
   必ずしも成立しない。

   最近の Apple 社の動向、とりわけ著名なセキュリティ専門家の David Rice
   ("Geekonomics: The Real Cost of Insecure Software" の著者) や Window
   Snyder (Firefox のメーカー Mozilla 社で以前セキュリティ主任を担当して
   いた人物) を雇用したり、製品のアップデートも頻繁に出したりしていること
   を見れば、Apple が静かに、けれど大幅に、セキュリティに関する同社の基盤
   を改善しつつあるのではないかと思われる。そのような動きは、Apple の人気
   が高まり、企業における利用度も増し、モバイルコンピューティングで優位を
   得るに従い、Microsoft 社が過去十年間にわたり陥り続け、今なお悩まされ続
   けている危険を、今後 Apple が避けて行くために役立つであろう。

<http://news.cnet.com/8301-13579_3-20029280-37.html>
<http://www.geekonomicsbook.com/>

   しかしながら、Mac がセキュリティの問題に晒されることがないとか影響を受
   ける心配がないなどとは、決して一瞬たりとも考えてはいけない。ほんの一週
   間前にも、私はセキュリティソフトウェアメーカー Immunity 社のエンジニア
   が(ウェブベースのデモを使って)最新の状態にアップデート済みの Mac OS
   X 10.6 Snow Leopard に対する攻撃を成功させるのを目撃した。この攻撃は
   Safari を使い、新しい、またパッチされていない WebKit の脆弱性を突いた
   ものだった。ただリンクを一つクリックするだけで、攻撃者がその Mac をフ
   ルにコントロールできるようになってしまった。

<http://www.immunitysec.com/>


**Microsoft、セキュリティの挑戦に立ち上がる** -- 今世紀の初め(つまり今
   から丸々十年前)に、Microsoft は同社の歴史の中で最大の課題の一つに直面
   した。インターネットワームやウイルスがそのプラットフォームにあまりにも
   まん延したので、そのシステムを保護することが(さらには使うことすらも)
   ほとんど不可能な事態に立ち至ったのだ。今日のような金銭目的の動機による
   マルウェアと違い、当時のこのソフトウェア暗部は、クレジットカードを盗み
   出したりするのと同程度の気安さでハードドライブ全体を消去してしまうよう
   なものが多かった。当時の Microsoft は、今日と同様に一般消費者の間では
   優位なプラットフォームであったと同時に、企業の市場においては(ビジネス
   分野も政府系の分野も)ほぼ完全に支配的な地位を占めていた。

   2001 年に、あらゆる企業の IT 担当プロフェッショナルたちは、Code Red や
   Nimda などのワーム、あるいは Melissa や LOVELETTER などのウイルスが彼
   らのシステムを散々に荒しまわるのを目にして身の縮む思いをした。ファイヤ
   ウォールやアンチウイルスのソフトウェアを作る会社は売上げの急上昇に大喜
   びしたが、それ以外の会社でこの新しい現実に喜びを覚えたものはほとんどな
   かった。

   状況があまりにも手に負えないものとなったので、Microsoft の最も大手の顧
   客たちは同社に対決姿勢を示して、Windows をセキュアにすることがあまりに
   も困難かつ高くつくものとなってきたので、たとえ大きなコストを負担するこ
   ととなったとしても別のプラットフォームに移行する以外に選択肢はない、と
   最後通牒を突き付けた。これに応えて、Microsoft は 2002 年に Trustworthy
   Computing Initiative (“信頼できるコンピューティング”の取り組み) を開
   始した。Microsoft が会社としての優先順位を再編成して、市場投入までの時
   間やその他の要因よりもセキュリティの方を優先させるようにしたのだ。この
   プログラムの基軸の一つが、Microsoft の Security Development Lifecycle
   (SDLC, セキュリティ開発ライフサイクル) だ。これにより、ソフトウェア開
   発のすべての段階においてセキュリティが統合的に扱われることとなった。

   世の中ではいまだに Microsoft のソフトウェアはセキュアでないと一般的に
   思われているが、実はこの会社は今やセキュアなソフトウェアの開発とセキュ
   リティの問題に対する反応の良さにおいて世界をリードしているというのが現
   実だ。多くの人たちが見逃しているのは、Microsoft の製品で深刻なセキュリ
   ティの問題が起こっているのは古い製品、とりわけ Windows XP のソフトウェ
   アが大多数である、という事実だ。それらの製品は、揺りかごから墓場までの
   SDLC の世話になったことがなく、その代わりいまだに一連の修正やパッチに
   依存している。さらに、Adobe Flash や Java といったようなサードパーティ
   のソフトウェアの中にある深刻な弱点の数々が、問題を一層悪化させている。
   (Adobe Flash は、現在独自の SDLC プログラムに入りつつある。)

   完全な SDLC プロセスを通り抜けてからリリースされた最初の Microsoft 製
   品は SQL Server であった。これは競合するどのデータベースプラットフォー
   ム(数年間にわたってほんの数えるほどしかなかった)と比べてもソフトウェ
   アの脆弱性が少なかった。SDLC を経て作られた最初のオペレーティングシス
   テムは Windows Vista であって、これは Windows XP と比べて著しくセキュ
   ア度が上がっている。(ただし、ユーザーインターフェイスの観点から言えば、
   ほとんど使いものにならない。)さらに最近になって、Windows 7 は使い勝手
   とパフォーマンス、それにセキュリティを、相当程度にしっかりしたプラット
   フォームの中に溶け込ませていて、これを攻撃することは遥かに困難なものと
   なった。

   けれども、既に Microsoft から Windows XP は入手不可能となっているにも
   かかわらず、ユーザーたちの手にある Windows のバージョンとしてはいまだ
   に Windows XP が優勢であるのが現状だ。だから、Windows XP を使っている
   ユーザーたちは、より近代的なオペレーティングシステムにアップグレードし
   ない限り、Microsoft が最近になって採用したセキュリティの取り組みによる
   恩恵を受けることができない。


**Apple の Unix ルーツと市場シェア** -- Bill Gates が Trustworthy
   Computing Initiative (“信頼できるコンピューティング”の取り組み) を発
   表したのと同じ年、Steve Jobs は Mac OS X をリリースした。Unix の基盤の
   上に構築された Mac OS X は、当時、ユーザーアカウントの処理の方法におい
   て Windows XP よりもセキュアであった。大多数の Windows ユーザーたちは
   自分のシステムを管理者として走らせる必要があったのに対し、Mac OS X ユー
   ザーは低いレベルのアクセス権を持つユーザーとして走ることができ、何か特
   別に高いアクセス権を必要とする操作、例えばソフトウェアのインストールな
   どの際にはパスワードを入力することによってそれを可能とすることができた。
   攻撃者にとっては単なる速度の障壁に過ぎないと言えるかもしれないが、それ
   でもこの機能は多少なりともセキュリティを増していた。

   1990 年代以来ずっと企業の分野で苦戦していた Apple の市場シェアは一桁ど
   まりで、教育関係とメディア関係を除けば企業ユーザーの数は非常に少なかっ
   た。1990 年代後半から 21 世紀初頭にかけて、Microsoft のソフトウェアは
   容易に攻撃されるものであると同時に、馬鹿馬鹿しいほど市場を圧倒していた。

   Mac の市場シェアが少なかったという事実は、また意図せず新たなセキュリティ
   の利点をもたらすことにもなった。ウイルスやその他のマルウェアを書くこと
   を学んでいる悪漢どもは、彼ら自身 Mac を使っている可能性がずっと低かっ
   た。Windows PC は安価で、どこでも手に入り、プログラミングを教えるプラッ
   トフォームとしてより一般的でもあった。悪い連中が Mac を使わなければ、
   ある意味 Mac がよりセキュアと言え、しかも世界中には遥かに多数の Windows
   ターゲットが存在していた。


**Mac の数は増えたが、環境は違う** -- どこでもいいからコーヒーショップの
   店内であたりを見回せば、あるいは Apple Store を覗いてみれば、過去数十
   年のどの時点に比べても今は Mac の人気が高まっていることがすぐに分かる。
   こうして市場シェアが増した今になっても依然としてセキュリティの問題がそ
   れほど増えていないことを指摘しつつ、それこそが Mac が本質的によりセキュ
   アなものである証拠に _違いない_ と論ずる Mac 擁護論者たちもいる。他方、
   否定論者たちは、今や Mac も Windows ユーザーたちが直面しているのと同じ
   セキュリティの課題に直面する日が目前に迫っているのだと確信している。

   いずれの側も、現行バージョンの Windows のユーザーが直面している問題が
   Windows XP におけるものと比べて比較にならないほど小さいことを理解して
   いないし、また現在の Mac が十年前とは全く違った環境の中にいることをも
   理解していない。

   Windows 7 では、従来のバージョンの Windows に対する攻撃に成功したマル
   ウェアのうち、ごく一部のものからしか攻撃を受けない。実際に有効な攻撃が
   できるものの多くは Adobe Flash または Reader、あるいは Java に依存して
   働くものたちだ。(そしてさきほど述べたように、Adobe はようやく重い腰を
   上げてセキュリティの改善に取り組みつつある。)

   Apple も、自身のセキュリティについて学習し、それを改善するだけの時間が
   あった。Snow Leopard には Windows 7 に用いられているのと同じセキュリティ
   コントロールの多くが組み込まれている。ただしそこには大きな例外が一つ、
   Library Randomization  (Windows では ASLR と呼ばれているもの) の実装が
   完結していない。けれども、セキュリティ研究者の Stefan Esser がデモ実演
   してみせた通り、Mac OS X 上で Library Randomization をフルに実装するた
   めの技術的障壁は何もない。これに加えてその他のセキュリティ技術、例えば
   Data Execution Protection や 64-bit オペレーティングシステムなどを組み
   合わせれば、どのようなオペレーティングシステムにおいてもセキュリティを
   大幅に改善する機能となるはずだ。

<http://antid0te.com/antid0te-for-snow-leopard-rebasing-dyld.html>

   Apple はまた、企業相手の市場を以前よりも真剣に考えているようだ。Apple
   の企業に対するアプローチのしかたは Microsoft のちょうど正反対とも言え
   る。最初に企業に焦点を合わせるのではなく、Apple はまず消費者に集中し、
   その後でゆっくりと企業における採択への障壁を下げて行く。(例えば、継続
   的に Microsoft Exchange、社内 VPN、モバイル機器のプロビジョニングなど
   のサポートを向上させつつある。)Apple は、もしもセキュリティの問題が同
   社の製品に取り憑いて離れなくなれば、企業相手の市場での成功を継続できる
   可能性がたちまち崖を落ちるごとく急降下するであろうことを知っている。

   そして最後にもう一つ、マルウェアの生態系というものは、やはり Mac OS X
   とは合わない。マルウェアの著者たちで一からプログラムを書く者は少ない。
   彼らは、出回っているツールキットやパッケージを利用して、そういった既存
   のコードに対するカスタム版を作ったり、あるいは「新機能を追加」したりす
   るものだ。だからと言って Mac を攻撃できないということにはならないが、
   それでも実際そのためにはより大きな努力が必要となる。一団の羊が目の前に
   いるというのに、遠くに見える鹿を追いかける理由があるだろうか?

   Mac ユーザーたちは、マルウェアが世にまん延していた十年前の Windows ユー
   ザーたちと同じ環境に置かれることは決してない。公平な比較ができるのは、
   今日の Windows 7 ユーザーを相手にした場合のみだ。そして、彼らもまた、
   以前よりは遥かにセキュアな世界の中に暮らしているのだ。


**iOS と MobileMe に見られる明るい兆候** -- Apple の最も人気あるプラット
   フォーム、つまり iOS 機器はまた違った状況に直面している。Apple がこの
   機器の上にほぼ全面的なコントロールの力を持ち、アプリケーションの生態系
   全体がそのコントロールの下にある。もちろん iOS 機器も完璧にセキュアと
   はとても言えないが(いわゆる jailbreak (脱獄) はすべてセキュリティ攻撃
   の成功例でもある)Apple がこのプラットフォームのコントロールのために用
   いているツールそのものがユーザーにとってのセキュリティを増す働きをする。

   iOS 機器は、そのプラットフォームを保護するために、ハードウェアとソフト
   ウェア双方によるセキュリティの組み合わせを用いている。セキュリティの問
   題は現実に発生してはいるけれども、jailbreak されていない iOS 機器に対
   する大規模な攻撃はまだ世に現われていない。この二年間、世界でただ一つ最
   も人気あるスマートフォンに、広範囲なセキュリティの問題がまん延したこと
   がいまだかつてないのだ。それはいったいなぜだろうか? それは、プラット
   フォームが堅固ならば、それに対するマルウェアを開発するためにより多くの
   労力が必要となるからだ。

   MobileMe も、Apple がより真剣にセキュリティを考慮しているもう一つの実
   例と言える。MobileMe におけるすべてのコミュニケーションは現在デフォル
   トで暗号化されているが、他のメジャーなウェブメールプロバイダでこれをサ
   ポートしているところは Google 以外にない。Apple は、重大な問題が発生す
   るよりも前の段階で MobileMe のセキュリティ改善を果たしたのだ。


**Apple のセキュリティの未来** -- Apple は、記事“Apple に5つの提案:
   Mac と iPhone のセキュリティ改善”(2009 年 6 月 3 日) で私が指摘したセ
   キュリティの問題の多くをまだ抱えたままだ。この記事の冒頭で触れた攻撃デ
   モは WebKit に存在する既知の脆弱性を突いたものだが、この脆弱性にはいま
   だにパッチが出されていない。Apple は今になっても Library Randomization
   を完成させていないし、最近に出されたパッチが修正した脆弱性のいくつかに
   は、同社のセキュリティ開発やテスト体制の弱さが垣間見えるものもある。

<http://db.tidbits.com/article/10321>
   (日本語)<http://jp.tidbits.com/TidBITS-jp-982.html#lnk5>
   "Apple に5つの提案: Mac と iPhone のセキュリティ改善"

   こうした根本的問題点のいくつかを Apple はいまだに解決していないものの、
   大体においてユーザーたちはまだ影響を受けずにいる。反応が遅れがちである
   ことについて Apple を批判するのは容易だが、大規模にユーザーに影響を与
   える問題が起こってそれが売り上げにも影響する事態とならない限り、Apple
   の行動に異論を差し挟むのは難しい。私の知っている大規模な攻撃の実例とし
   ては Mac OS X サーバにおける DNS の問題に関係したものがあるが、Apple
   のプラットフォームのうちで Mac OS X サーバは優先順位の最も低いもののよ
   うだ。

   けれども、Mac OS X は高度にセキュアなオペレーティングシステムのための
   コア要素をすべて含んでいるし、もしも Apple が繰り返し繰り返し実証して
   きたものをたった一つ挙げよと言われれば、それは Apple が自身の成功の伸
   びを妨げるものならば何であれそれに対して極めて敏感に反応するという事実
   だ。最近 Apple が雇い入れた著名なセキュリティ専門家たちも、この会社と
   その製品に影響力を及ぼしたいと思わなかったならばそのような地位の申し出
   を受けなかっただろう。

   おそらくさらにもっと重要な点として、iOS App Store と Mac App Store の
   興隆がある。アプリケーションを入手する場としてこのように集中化された、
   コントロールされた出所を提供することで、ユーザーたちがインターネットの
   薄暗い隅からさまざまの怪しげながらくたをダウンロードする可能性が減る。
   もちろん、裸の写真を探したり、いかさまのギャンブル場に貯金を注ぎ込んだ
   りするためにリスクを冒す人たちは今後もいるだろう。けれども大多数のユー
   ザーは、安全なショッピングモールにとどまる方を選ぶことだろう。

   Mac や iOS 機器の利用が広まるにつれて、Apple ユーザーたちは確かに以前
   よりも大きなセキュリティ上の危険に晒されるようになるだろう。けれども、
   攻撃を試みる者たちにとっては、過去十年間に Windows で見られたような広々
   とした遊び場が提供されている訳ではない。過去のバージョンの Windows の
   ような完全に無防備な状態に Mac が陥ることは決してないだろうし、消費者
   感覚と製品の売り上げに何か悪影響を及ぼしそうなことが起これば Apple が
   素早く対応しないとは考えにくい。

   Apple ユーザーにとって最も大きな脅威とは何かといえば、それは特定の脆弱
   性とかセキュリティ機能の弱さとかいったことではない。それは、Windows XP
   がなかなか衰えてくれないことだ。真の問題点は、Mac 対 Windows ではない。
   問題なのは「Mac OS X と Windows 7」対 Windows XP だ。二つの堅固なプラッ
   トフォームに加えて宝の詰まった幼稚な怠け者がいるという状態が消え去り、
   ただ二つの堅固なプラットフォームがあるだけの状況が生まれれば、その時に
   初めて市場シェアの比較が本当の重要性を持ってくるだろう。

   実際問題としてその意味するところは、私たちにとってセキュリティの問題は
   いくつかの単発的事件として、あるいはユーザーに焦点を当てた騙しの手口と
   して今後も起こることが考えられるが、Windows XP のように大規模な感染騒
   ぎが起こるのは考えにくい、ということだ。Apple は間違いなく今後もセキュ
   リティの手綱を締め続けるだろうし、同社がスタッフを雇い入れる傾向を見れ
   ば、深刻な問題に対して数年前よりもさらに素早く反応することが今この時点
   でできる可能性が高まっていると考えてよいだろう。


   ----
   コメントリンク: <http://db.tidbits.com/article/11922#comments>
   Twitter リンク: <http://db.tidbits.com/t/11922>


なぜ The Daily はこんなに古臭いのか
-----------------------------------
     文: Adam C. Engst <ace @ tidbits.com>
     原文記事: <http://db.tidbits.com/article/11940>
     訳: Mark Nagata <nagata @ kurims.kyoto-u.ac.jp>

   The Daily は、Rupert Murdoch が発表したばかりの iPad アプリであり全国
   ニュース出版だが、そこの担当者から突然個人的な電子メールが届いて、彼ら
   のニュースリリース部門に「情報、画像、ビデオ、その他」を投稿してくれな
   いか、と言われたときの私の驚きを想像していただきたい。新たに発足した出
   版ベンチャー企業の内輪ネタなどに興味のない人なら、きっとその発表に気付
   かなかったか、あるいは気付いてもすぐに忘れてしまっていただろう。結局の
   ところ、これは単に iPad ニュースアプリがまたもう一つ登場したというだけ
   の話で、出版業界の外にいる人にとってはニュースでも何でもないのだろう。

<http://www.thedaily.com/>

   ならばなぜ私はここにその記事を書いているのか? それにはいくつか理由が
   ある。最も重要な理由は、iPad が出版業界の救世主だと唱える人たちの声が
   これまでずっと聞こえていたからだ。だがそれはまだ実際には起こっていない。
   有名どころの雑誌アプリ、例えば Wired などは当初注目を集めた(最初の号
   は 100,000 部のアプリ売上げを記録した)けれどもすぐにその売上げは急降
   下(数ヵ月後には 20,000 部に下落)してしまった。そんな Wired でもこれ
   までは最高の成功例だったのだ。他の雑誌アプリ、例えば GQ などは、大体に
   おいて相手にもされなかった。一説によれば毎号数百部程度しか売れなかった
   という。(毎号かかる費用、アプリ内購読の欠如、既存の購読者が入手可能で
   ないこと、使い勝手の悪さなどさまざまな要因がこのような芳しくない結果に
   結び付いてきたのだろう。)

   また、セレブ(有名人)の一挙手一投足に注目が集まるこの時代、億万長者が
   何かをすればニュースになるというものではないだろうか? News Corporation
   の Rupert Murdoch は、世界で最も金持ちで最も影響力ある人々の中の一人だ。
   彼は、出版業界にこれまで 60 年近くにわたる経験を持つ。だから、開発費用
   3 千万ドルと毎週 5 十万ドルを彼が The Daily の出版のために投じた(数字
   は New York Times の記事による)とすれば、それは興味ある話だろう。ただ、
   しばらくの間はそれに見合う金をもうける望みが皆無だからという理由からだっ
   たとしても。結局のところ、まだ世界にはたった 1,500 万台の iPad しかな
   く、The Daily の料金、毎週 $0.99 の中から Apple が同社に渡す $0.70 を
   もとに計算すると、運営コストに見合うためだけでも 715,000 人のユーザー
   を獲得しなければならないことになる。これは、Wired の創刊号売上げの七倍
   以上だ。(The Daily は広告も扱っているが、最初のうちは大きな収入を広告
   から得ることは望めない。)

<http://www.nytimes.com/2011/02/03/business/media/03daily.html>

   それからもう一つ、The Daily は、App Store で販売される他の出版ではごく
   少数の例外を除きこれまで見られなかったタイプのビジネスモデルを用いてい
   る。購読料金が毎回発生し毎週 $0.99、または年額 $39.99 となる。(例外の
   一つは Wall Street Journal だが、これも News Corp. 社の出版だ。)報道
   によれば、Steve Jobs は個人的に The Daily に大いに興味を惹かれていると
   いう。彼は Manhattan にある The Daily の編集局に頻繁に現われ、病気休暇
   が発表される前には彼が Murdoch と共にスタート祝賀行事のステージに登場
   する予定だとさえ報道されていた。はたして今後、億万長者が後ろ楯に控えて
   いない他の出版社がこれと同等の扱いを Apple から受けることがあるのか否
   か、興味深いところだ。

   というわけで、これはピカピカの新しい iPad アプリで、出版業界の超大物が
   潤沢な資金で財政的に支え、さらには Apple からの直接的な関わりもある。
   どこか文句の付けどころがあるだろうか? それが、たくさんあるのだ。

   技術的な面から言えば、The Daily は単にありきたりのニュースアプリに過ぎ
   ず、何か新天地を開いたわけでも全くない。(iPhone や iPod touch で動か
   ないのもひどい!)確かに、Cover Flow 風にブラウズするインターフェイス
   はあるし、個々の記事にはギャラリー、ビデオ、アニメーション、360 度回転
   する全方向写真、タップすれば詳細情報を表示するホットスポットなど、さま
   ざまの「インタラクティブ」要素を含めることができる。その上クロスワード
   パズルや Sudoku (数独) ゲームまであって、それらのページにナビゲートす
   れば、他の人たちと「プレイ」できる Game Center にサインインしませんか
   とうるさく誘われる。

<http://itunes.apple.com/us/app/the-daily/id411516732?mt=8>
<http://www.tidbits.com/resources/2011-02/The-Daily-front-page.png>

   The Daily のデモの印象は良かった。けれども、時とともにこれは使いやすい
   ものとなるだろうか? 宣伝用ビデオには、主としてアプリの中でナビゲート
   する方法の説明に時間が費やされている。実はこれこそが、iPad ニュースア
   プリすべてに共通の問題なのだ。私が最近聞いた Macworld Expo の講演では、
   Media7 Consultancy の Colin Crawford が、いろいろの異なるアプリでナビ
   ゲーション関係のヘルプスクリーンがどれほどさまざまに大きく違っているか
   をスライド上映を使って示していた。現在のところ、いろいろのニュースアプ
   リに共通したナビゲーションの慣習のようなものは何もない。そのようなもの
   が生まれてくるまでは、馴染めずに避けがちな気持ちになる読者が増えるのは
   しかたのないことだろう。

<http://www.youtube.com/watch?v=KHILJBw-104>

   私が最初に The Daily を使ってみた印象は、ものすごくイライラが溜まるも
   のだった。スワイプの反応も遅いし、アプリが日ごとのコンテンツをダウンロー
   ドする際には長々と待たされる。(何も読み始めないうちにまず最初に待たさ
   れるし、その号全体がまだ到着し切らないうちに内部のセクションにジャンプ
   する際にもまた待たされる。)少なくとも一度、私は新しい号を取り込ませ始
   める前にアプリを強制終了させなければならなかったし、クラッシュも数回あっ
   た。タップしても無視されることはしゃっちゅうで、これはホットスポットが
   非常に小さいから(あんなちっぽけな青いボタンをタップするなんて!)とい
   うこともあったし、アイコン(例えば右向きの矢印)をタップしても何も起こ
   らないこともあった。さらに、ナビゲーションが広告で中断されるのは単に煩
   わしいだけでなく混乱の原因にもなった。広告による中断でナビゲーションの
   連続性が途切れてしまうからだ。(そのため、期待した場所に到達しないこと
   も起こる。)

   The Daily のコンテンツの中には、iPad を置く向きによって見られないもの
   もある。ただ、そのことを示す手掛かりが分かりにくく(手掛かりが何もない
   ことさえある)あったとしても一番隅にごく小さい字で "Turn to see story"
   (記事を見るには回す) と出るだけだ。それに、記事によって左から右へとス
   クロールするものもあるし、上から下へとスクロールするページもある。それ
   からもう一つ、この点はいずれ修正される類いのミスだとは思うが、ランダム
   に切り刻まれたページが出ることがよくあった。

<http://www.tidbits.com/resources/2011-02/The-Daily-random.png>

   良い点を挙げれば、レイアウトが魅力的であるのが印象的で、iPad のスクリー
   ンによく適していると私は思った。またいろいろの写真も美しく、フォントの
   全体的な選び方もうまく効いていた。

   それでもなお、The Daily に潤沢な財政基盤があるという事実は、iPad 出版
   をしようとする他のすべてのベンチャー企業にとってハードルを上げる働きを
   するに違いない。確かに、最先端を一歩進めるのは悪いことではない。けれど
   も、既に多くのニュースアプリがを財政的損失を重ねてきたこの分野に、膨大
   な赤字をものともしないリーダーが登場して最先端を引っ張るということは、
   ただ競争相手を追い込む結果にしかならないだろう。ちょうど、1980 年代に
   アメリカが大量の軍事費を注ぎ込んだことがソビエト連邦の財政的破産を招い
   たように。

   さらに懸念を抱かざるを得ないのがコンテンツの側だ。基盤となるテクノロジー
   が何であれ、The Daily が成功するか失敗するかは人々の心をつかむコンテン
   ツを提供できるかどうかによって決まる。現時点では、これはニュース雑誌の
   皮をかぶったタブロイド紙のように見える。トップに掲げられた6つのセクショ
   ンの中に Gossip (ゴシップ記事) というセクションがあるのみならず、これ
   が最初の News の直後、2番目に並べられているのだ。また、カスタマイズの
   オプションはあまり数多くないが、その一つがあなたの星座を設定する項目だ。
   いったい、iPad を持っている人たちの中で、星占いなんかに興味を持つ人が
   どれくらいいるだろうか? 私が読んだ限りでは号の中の記事はどれも短くて、
   文章にして iPad スクリーン2枚分より多いものはなかった。こんなに軽薄な
   指向のものがジャーナリズムの世界を変えて行くことができるなんて、私には
   とうてい思えない。少なくとも、良い方向に変えることは。

   The Daily と比較されてきたのが、USA Today だ。USA Today は 1982 年にデ
   ビューした際、伝統的な新聞のモデルに挑戦したものとして脚光を浴びた。こ
   の比較がふさわしいものとなるかどうかは今後を待たなければ分からないが、
   少なくとも The Daily は地方新聞とは競合しない。The Daily は地方ニュー
   スを一切載せていないようだが、人々を新聞に引き付ける大きな要素の一つが
   地方ニュースだ。人々は、自分のコミュニティーで何が起こっているかを、そ
   の地域の出来事に利害関係のある他の人たちの立場から書いたものを読みたい
   と思うものだ。

<http://en.wikipedia.org/wiki/USA_Today>
   (日本語 
)<http://ja.wikipedia.org/wiki/USA%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%87%E3%82%A4>
   "USAトゥデイ - Wikipedia"

   The Daily はあなたの位置情報を尋ねてくる。それを使って天気予報を表示す
   るが、これは専用のアプリを使う方がずっと良い結果が出る。(2010 年 3 月
   4 日の記事“WeatherBug Elite 1.0”参照。)また、Sports セクションをカ
   スタマイズして好みのチームを指定(ただし野球、バスケットボール、フット
   ボール、アイスホッケーのプロチームのみ)すれば、それに応じて最近の試合
   結果や記事見出しを表示した画面が追加される。それら4つ以外のスポーツは
   扱われず、個人設定はあらかじめプログラムされたコンテンツには影響しない
   ようだ。

<http://db.tidbits.com/article/11055>
   (日本語)<http://jp.tidbits.com/TidBITS-jp-1017.html#lnk4>
   "WeatherBug Elite 1.0"

   さらにもう一歩後退して言えば、この The Daily を他のたくさんのものと似
   たような、単なる iPad 上のニュースアプリの一つと考えるなら、特に文句を
   言うべきことはあまりない。けれども、私が違和感を覚えるのは、The Daily
   が Next Big Thing (次なる目玉) として提示されてきたこと、そして、これ
   を作り上げるためにあれほど大量の努力と資金とが注ぎ込まれたことだ。毎日
   毎日何百万人もの人々の目を引き付けるだけの価値のあるものとなるために、
   The Daily は旧来のデジタル雑誌のモデルの枠を超えて、このインターネット
   時代に人々がニュースを読みたいと思う方法についての新しいトレンドを認識
   すべきだったのではないだろうか。

   まず第一に、自分の読むニュースをすべて一つの出所から入手するという考え
   方そのものが、既にもはや捨て去られた、古いものだ。今日のニュース情報の
   流れの圧倒的大部分はリンクによって動かされており、特定の一つの記事が何
   らかの理由で注目を浴びれば、それが何百何千というビジターを呼び寄せるよ
   うになっている。けれどもそうした人々はその記事が読みたくてそこに来てい
   るのであって、その出版自体に興味があるのではない。だから、彼らがその出
   版物の忠実な読者で居続けることはない。私たち TidBITS でも、このタイプ
   の一時的なトラフィック集中現象が何度も起こってきた。私たちの記事のどれ
   かが Daring Fireball や Slashdot で紹介されればそういうことが起こる。
   このような傾向が出版のビジネスモデルにとって巨大な脅威であることは疑う
   余地がないけれど、The Daily はそのための _決定的_ 解決策ではないし、そ
   れが解決策と言えるかどうかさえ疑わしい。

   第二に、リンクによって動かされるトラフィックは必ずしも私が今述べたよう
   な集約サイトに起因したものとは限らない。もう一つ、ソーシャル共有という
   ものがある。電子メールにしろ、Twitter や Facebook といったところにせよ、
   自分のソーシャルネットワークで誰かが推薦したからという理由で、私たちは
   ニュースを読むことが多い。The Daily も実際ソーシャルな推薦を発表する場
   をアプリ内に設けているが、Flipboard アプリのように推薦されたコンテンツ
   をアプリの動作に統合させる機能は一切ない。それが困ったことであるのはな
   ぜかというと、友人たちから推薦されたリンクの魅力の一つは、それがウェブ
   全体から発していて、さまざまの幅広い視点や意見を持った人たちから集まる
   ものだからだ。すべての人々のためにあらゆることをすることのできる出版物
   など、あり得ない。それなのに、The Daily はまさにそれを目指しているかの
   ように見える。

<http://itunes.apple.com/us/app/flipboard/id358801284?mt=8>

   第三に、The Daily はたった一つの声しか持っていないので、インターネット
   の興隆によりもたらされたコンテンツの民主化という概念を完全に無視してい
   る。例えば、プロによる小規模の出版やブロガーたちの仕事が完全に欠落して
   いる。彼らは個々人単位では大規模な聴衆に声を届かせることはできないかも
   しれないが、総体として集まれば、ジャーナリズムの活動の場を根本から変え
   ることのできた人たちなのだ。

   結局のところ、The Daily はまさに、iPad ニュースアプリに何ができるのか
   を、今までと同じくもう一振り、定め直しただけのもののように感じられる。
   新しいアイデアもほとんどなく、使い勝手もパッとしない。たった一つの出所
   から浅く幅広いコンテンツを提供しているが、このインターネット時代にジャー
   ナリズムと読書の方法が変革されたという事実を完全に無視している。これは、
   あたかも 1980 年代の出版方法の上に、見た目の美しいデジタルな顔を載せた
   だけのようなものだ。

   それに正直言って、これはとても残念なことだ。3 千万ドルの資金と、Steve
   Jobs への直接の繋がりがあれば、The Daily はもっともっと興味深いものに
   なれたかもしれない。もしも、The Daily が購読によって支えられた何らかの
   方法を見つけ出して、私たちが読み、聞き、視聴するさまざまなコンテンツを
   広め、かつ今日のインターネット上で私たち皆が互いにやり取りし合う手段を
   より高められるようになりさえすれば。


   ----
   コメントリンク: <http://db.tidbits.com/article/11940#comments>
   Twitter リンク: <http://db.tidbits.com/t/11940>


TidBITS 監視リスト: 注目のアップデート、2011 年 2 月 7 日
----------------------------------------------------------
     文: TidBITS Staff <editors @ tidbits.com>
     原文記事: <http://db.tidbits.com/article/11952>
     訳: Mark Nagata <nagata @ kurims.kyoto-u.ac.jp>

**Mailplane 2.3** -- Gmail のウェブインターフェイスを可能な限り最高の電
   子メールクライアントに作り替えようという目標に向けて努力を続けている
   Uncomplex が、Mailplane 2.3 をリリースした。今回の変更点で最も注目すべ
   きは、Gmail のスポンサーによるリンクを隠す Hide Ads 環境設定と、"Inbox
   Zero" を電子メールを返信、アーカイブ、消去する度にポイントが付くゲーム
   に変える 0Boxer プラグイン(0Boxer サービスへのサインアップが必要)の
   サポートだ。より重要度の低い新機能としては、リンクを Command-クリック
   するとウェブブラウザでなくすべて Mailplane の中で開く機能、Gmail 以外
   のコンテンツについて URL をステータスバーに表示する機能、新規メッセー
   ジのウィンドウタイトルバーにアカウント名を表示する機能(複数のアカウン
   トを切り替えて使う際に便利)などがある。TrueNew と Rapportive の両プラ
   グイン (後者も Gmail の広告を置き換える) もアップデートされ、またフラ
   ンス語、ルーマニア語、スペイン語のローカライズ版もそれぞれアップデート
   された。マイナーなバグもいくつか修正され、その一つは添付ファイルがダウ
   ンロードできないことがあるというものだった。フルのリリースノートは
   Mailplane Blog で読める。そうそう、これは別に新機能ではないが、The Omni
   Group 製タスクマネージャを使っている人向けの無料の OmniFocus プラグイ
   ンもある。(新規購入 $24.95、無料アップデート、21.9 MB)

<http://mailplaneapp.com/>
<http://mailplaneapp.com/blog/entry/mailplane_2.3_released/>
<http://mailplaneapp.com/download/omnifocus_plugin/>

   Mailplane 2.3 へのコメントリンク:
<http://db.tidbits.com/article/11953#comments>


**DEVONthink と DEVONnote 2.0.7** -- DEVONtechnologies が、すべてのタイ
   プの DEVONthink と DEVONnote に対してそれぞれマイナーなアップデートを
   施した新バージョンをリリースした。DEVONthink と DEVONnote へのこれらの
   アップデートにより、Take Note パネルでより多くのテキストフォーマットの
   選択肢が提供され、Microsoft Outlook 2011、PowerMail、Postbox の最前面
   のウィンドウから URL を正しくキャプチャできるようになった。また項目を
   Outlook からも電子メール送信できるようになった。さらに、ウェブ表示で新
   たに三番目のマウスボタンもサポートされ、すべての環境設定パネルに Help
   ボタンが追加された。フルのリリースノートは DEVONtechnologies のウェブ
   サイトにある。(DEVONthink Pro Office: 新規購入 $149.95、無料アップデー
   ト、24 MB; DEVONthink Professional: 新規購入 $79.95、無料アップデート、
   19 MB; DEVONthink Personal: 新規購入 $49.95、無料アップデート、13.4 MB;
   DEVONnote は $24.95、11.6 MB)

<http://www.devon-technologies.com/products/devonthink/>
<http://www.devon-technologies.com/products/devonnote/>
<http://www.devon-technologies.com/products/devonthink/releasenotes.html>

   DEVONthink と DEVONnote 2.0.7 へのコメントリンク:
<http://db.tidbits.com/article/11949#comments>


**Dragon Dictate 2.0.2** -- Nuance が Dragon Dictate 2.0.2 をリリースし
   たが (comma), これは同社の Mac 用口述筆記ソフトウェアの最新バージョン
   だ (period). この新バージョンでは口述筆記の結果の中で文字の順序が入れ
   替わってしまう問題点が修正された。Dragon Dictate は Intel ベースの Mac
   と Mac OS X 10.5.6 かそれ以降を要する。(新規購入 $199.99、無料アップデー
   ト、13.4 MB)

<http://www.macspeech.com/pages.php?pID=143>

   Dragon Dictate 2.0.2 へのコメントリンク:
<http://db.tidbits.com/article/11948#comments>


**1Password 3.5.4** -- Agile Web Solutions が、1Password をバージョン
   3.5.4 にアップデートした。このパスワード管理ユーティリティに今回から
   Firefox 4 のベータ版における HTTP Basic Authentication ウィンドウのサ
   ポートが加わり、またスクリーンセーバが動き出した際に従来からしてきたの
   と同様に、Keychain Access によってスクリーンがロックされた場合にもオー
   トロックが働くようになった。新設の Never Display In Browser オプション
   はにより、Identities や Wallet の項目(例えばクレジットカード番号など)
   を消去する必要なく表示だけ隠せるようになった。また、パスワードをその強
   力さによって検索できるようになり、変更の必要があるほど弱いパスワードを
   探せるようになった。VoiceOver のサポートも改善された。フルの変更履歴は
   Agile ウェブサイトにある。(新規購入 $39.95、無料アップデート、20.3 MB)

<http://agilewebsolutions.com/products/1Password/Mac>
<http://agilewebsolutions.com/products/1Password/versions#v30852>

   1Password 3.5.4 へのコメントリンク:
<http://db.tidbits.com/article/11947#comments>


**Things 1.4.4** -- Cultured Code の開発者たちがまたもう一つ、自分たちの
   to-do リストに線を引いて項目を消した。Things 1.4.4 のリリースだ。この
   タスク管理ユーティリティの新バージョンでは Repeating Tasks エンジンが
   完全に書き換えられた。これにより繰り返すタスクが iOS 機器と同期できる
   ようになり、一年の最後の週に予定されている繰り返しタスクも正しく処理さ
   れるようになり、繰り返すプロジェクトの挙動も改善され、また Enter を押
   すだけで Repeating Tasks ダイアログの提出ができるようになった。日付ピッ
   カーでのいくつかのバグや、チェックの付いた項目が誤ってリストの一番上に
   出てしまう問題にも対処が施された。(新規購入 $49.95、無料アップデート、
   8.2 MB)

<http://culturedcode.com/things/>

   Things 1.4.4 へのコメントリンク:
<http://db.tidbits.com/article/11946#comments>


**Audio Hijack Pro 2.9.10** -- Rogue Amoeba が Audio Hijack Pro 2.9.10
   をリリースした。どこからでもオーディオを Mac 上にキャプチャできるユー
   ティリティの最新バージョンだ。今回からこのソフトウェアは Mac OS X 10.6
   Snow Leopard を必要とするようになった。Instant On コンポーネントがオー
   ディオキャプチャの際に以前より良く働くようになり、また Install Extras
   ウィンドウも使いやすくなったはずだ。バグもいくつか修正され、Logitech
   製ハンドセットや Blue Snowball 製マイクを使っている人たちが録音の際に
   遭遇した問題点が解消した。また、AAC ファイルの録音でハングすることのあっ
   たバグや、ディスプレイがスリープできなくなっていた問題、過去の日付のも
   のであってもタイマーが働こうとしていた問題なども修正された。(新規購入
   $32、無料アップデート、5.7 MB)

<http://www.rogueamoeba.com/audiohijackpro/>

   Audio Hijack Pro 2.9.10 へのコメントリンク:
<http://db.tidbits.com/article/11945#comments>


**EyeTV 3.5.1** -- Elgato が、同社のビデオ録画ソフトウェア EyeTV を早送
   りしてバージョン 3.5.1 とした。今回のアップデートから PowerPC ベースの
   Mac がサポートされず、Intel 専用のソフトウェアとなった。このバージョン
   での新機能は、EyeTV Sat Free と、KPN の Digitenne 用の EyeTV One との
   サポートだ。修正されたバグも数十件あり、ビデオを iOS 機器にストリーム
   する際の問題点や、パフォーマンスや安定性の問題、予約録画での問題などが
   解決した。また、Smart Playlists が曜日を基準に検索できるようになり並べ
   替えが容易になった。HDMI 経由のオーディオ出力も改善された。(新規購入
   $79.95、無料アップデート、109 MB)

<http://www.elgato.com/elgato/na/mainmenu/support/Update-Start/Update-EyeTV-3>

   EyeTV 3.5.1 へのコメントリンク:
<http://db.tidbits.com/article/11944#comments>


**LaunchBar 5.0.4** -- Objective Development の LaunchBar さえ持っていれ
   ば、もはやマウスなんて要らないんじゃないか? キーボードによる起動ユー
   ティリティ LaunchBar がバージョン 5.0.4 に上がり、この最新リリースで
   Cyberduck 3.8 との互換性が追加されるとともに多数の修正が盛り込まれた。
   メーリングラベルに関係した多数の問題点に対処が施されるとともに、iCal
   イベントを作成する際の問題、Start Screen Saver アクションでのバグ、
   Dvorak キーボードレイアウトでの問題点も解消された。さらに、索引付けルー
   ル User Accounts がネットワークユーザアカウントを索引付けしなくなった。
   (新規購入 $35、無料アップデート、2.23 MB)

<http://www.obdev.at/products/launchbar/>

   LaunchBar 5.0.4 へのコメントリンク:
<http://db.tidbits.com/article/11942#comments>


   ----
   コメントリンク: <http://db.tidbits.com/article/11952#comments>
   Twitter リンク: <http://db.tidbits.com/t/11952>


ExtraBITS、2011 年 2 月 7 日
----------------------------
     文: TidBITS Staff <editors @ tidbits.com>
     原文記事: <http://db.tidbits.com/article/11951>
     訳: Mark Nagata <nagata @ kurims.kyoto-u.ac.jp>

   先週の私たちは何万人分もの TidBITS アカウントを移行させる仕事に忙し過
   ぎてあまりウェブサーフィンをする暇がなかった。ただ、固唾を飲んで待ち続
   けていた方々のために、Macworld が Verizon iPhone 4 をレビューした記事
   があることだけは紹介させて頂く。


**Macworld が Verizon iPhone をレビュー** -- Macworld 編集主任の Jason
   Snell が、Verizon Wireless のセルラーネットワーク用にデザインされた
   iPhone をレビューする。従来版の iPhone との最も大きな違いはパーソナル
   ホットスポット機能が追加されたことだ。ケースにも若干デザインの違いが見
   られる。

<http://www.macworld.com/article/157613/2011/02/verizon_iphone_4.html>

   コメントリンク: <http://db.tidbits.com/article/11939#comments>


   ----
   コメントリンク: <http://db.tidbits.com/article/11951#comments>
   Twitter リンク: <http://db.tidbits.com/t/11951>


   $$

TidBITS 日本語版では翻訳スタッフを募集しています。マッキントッシュや
インターネットに関する珠玉の情報をあなたの翻訳力でより輝かせましょう。
ご賛同の方は翻訳チーム <hosoka @ ca2.so-net.ne.jp> までご連絡ください。

TidBITS は、タイムリーなニュース、洞察溢れる解説、奥の深いレビューを
Macintosh とインターネット共同体にお届けする無料の週刊ニュースレターで
す。ご友人には自由にご転送ください。できれば購読をお薦めください。

非営利、非商用の出版物、Web サイトは、フルクレジットを明記すれば記事を
転載または記事へのリンクができます。それ以外の場合はお問い合わせ下さ
い。記事が正確であることの保証はありません。告示:書名、製品名および会
社名は、それぞれ該当する権利者の登録商標または権利です。TidBITS ISSN
1090-7017

Copyright 2011 TidBITS: 再使用は Creative Commons ライセンスによります。

お問い合わせ: <editors @ tidbits.com>
TidBITS Web サイト: <http://www.tidbits.com/>
ライセンス条項: <http://www.tidbits.com/terms/>
全記事検索:  <http://www.tidbits.com/search/>
購読:  <http://sparky.tidbits.com/mailman/listinfo/tidbits-jp>



TidBITS-jp メーリングリストの案内